映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

スター・トレックIII/ミスター・スポックを探せ!

スター・トレックIII/ミスター・スポックを探せ!(1984 アメリカ)

スター・トレック3/ミスター・スポックを探せ!原題   STAR TREK III: THE SEARCH FOR SPOCK
監督   レナード・ニモイ
原作   ジーン・ロッデンベリー
脚本   ハーヴ・ベネット
撮影   チャールズ・コレル
特撮   ILM
音楽   ジェームズ・ホーナー
出演   ウィリアム・シャトナー レナード・ニモイ デフォレスト・ケリー
      クリストファー・ロイド ジェームズ・ドゥーアン ジョージ・タケイ
      ニシェル・ニコルス ウォルター・コーニッグ ロビン・カーティス
      メリット・バトリック マーク・レナード デイム・ジュディス・アンダーソン
      ジェームズ・B・シッキング ジョン・ラロクエット ロバート・フックス
      ミゲル・ファーラー フィル・モリス スコット・マッギニス スティーヴン・リスカ

大作映画ヒットの条件は1にも2にも話題性。クオリティはあるにこしたことはないレベルといっても過言ではありません。トレッキーと呼ばれる熱狂的なファンをもつ"スター・トレック"ですらその例外でありません。シリーズ2作目にして、人気キャラスポックを殺してしまうという暴挙に出ました。でもそこはSF映画の特権、死人なんていくらでも生き返らせられる!ということで映画版スター・トレック第3作『スター・トレックIII/ミスター・スポックを探せ!』ではそのスポックを生き返らせる物語に1話まるまる費やします。ひとりのキャラの生死に映画2作分を費やすなんて前代未聞?"スター・トレック"シリーズにおけるスポックの存在感の大きさがよくわかります。でもそれだけでは刺激が少ないと思ったのか?スター・トレックの象徴であるエンタープライズ号を爆破してしまう”おまけ”までつけてしまいました。前作でのスポックの死同様、コケたらシリーズを終わることができる口実をつくったというか、炎上マーケティングというか...

続きを読む >>

スター・トレックII/カーンの逆襲

スター・トレックII/カーンの逆襲(1982 アメリカ)

スター・トレックII/カーンの逆襲原題   STAR TREK II: THE WRATH OF KHAN
監督   ニコラス・メイヤー
原作   ジーン・ロッデンベリー
原案   ハーヴ・ベネット ジャック・B・ソワーズ
脚本   ジャック・B・ソワーズ
撮影   ゲイン・レシャー
特撮   ILM
音楽   ジェームズ・ホーナー
出演   ウィリアム・シャトナー レナード・ニモイ デフォレスト・ケリー ジョージ・タケイ
     ニシェル・ニコルス ウォルター・コーニッグ リカルド・モンタルバン ジェームズ・ドゥーアン
     カースティ・アレイ ビビ・ベッシュ メリット・バトリック ポール・ウィンフィールド
      アイク・アイゼンマン ジョン・ヴァーガス ジョン・ウィンストン ニコラス・ゲスト
                            
劇場版『スター・トレック』第一弾は大ヒットこそしたが、製作費が膨大に膨れ上がったため、極めてコストパフォーマンスの悪い結果に終わった。肝心の作品もTVシリーズの持ち味を残すべく会話主体の物語と、映画ならではの映像表現にこだわった長尺の特撮映像ショーが入り交じる奇妙な仕上がりとなり、批評家、観客ともに不評であった。逆襲をはかるべく製作されたのが『スタートレックII カーンの逆襲』である。TV出身の製作者ハーヴ・ベネットは『宇宙大作戦』のエピソードをすべて観た後、第一シリーズに放映された”Space Seed”(宇宙の帝王)が続編のネタとして最適と判断。敵役ながら人気が高かった優生人間カーンを再登場させた。映画がTV番組の続編として作られたケースはこれがはじめてだそうだ。ああ、これが現代の忌まわしき劇場版映画ウイルスの元凶か!

続きを読む >>

スター・トレック(1979)

スター・トレック(1979 アメリカ)

スター・トレック(1979)原題   STAR TREK-THE MOTION PICTURE
監督   ロバート・ワイズ
原案   アラン・ディーン・フォスター
脚本   ハロルド・リヴィングストン
撮影   リチャード・H・クライン
特撮   ダグラス・トランブル ジョン・ダイクストラ リチャード・ユリシック
音楽   ジェリー・ゴールドスミス
出演   ウィリアム・シャトナー レナード・ニモイ デフォレスト・ケリー
      パーシス・カンバッタ スティーヴン・コリンズ ジェームズ・ドゥーアン
      ジョージ・タケイ ニシェル・ニコルス ウォルター・コーニッグ
      メイジェル・バレット グレイス・リー・ホイットニー マーク・レナード

第52回(1979年)アカデミー賞美術、作曲、視覚効果賞ノミネート

1966年よりはじまったテレビドラマ『宇宙大作戦』は、1969年3シリーズめで終了した。その直後から映画化の企画が持ち上がっていた。1970年代に入り、再放送により人気が拡大。それを受けてスター・トレック発案者のジーン・ロッデンベリーがパラマウント映画に働きかけ,1975年に映画化が決定した。だが、スタジオが脚本の出来に満足せず、企画はテレビシリーズ『スタートレック:フェイズII』に移った。脚本は12話まで進んでいたが、スポック役のレナード・ニモイが舞台出演中のため、キャスティングできず副官は新キャラクター、ゾーンとなっていた。だが、『スター・ウォーズ』(1977)、『未知との遭遇』(1977)などSF大作映画のヒットを受け、企画は再び映画に舞い戻った。だが、映画化最大の"売り"となる視覚効果に手間取り、急遽、『未知との遭遇』のダグラス・トランブルと『スター・ウォーズ』のジョン・ダイクストラをスタッフに迎え、プレミア上映前日まで作業をするぎりぎりの状態で完成させた。映画版『スター・トレック』第一弾は1979年12月7日に全米公開。興行的には大ヒットと呼べる結果だったが、製作費が100億円と、当時としては膨大な金額に膨れ上がったため、収益は出なかったと言われている。

続きを読む >>

▲top