映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

踊らん哉

踊らん哉(1937 アメリカ)

踊らん哉(1937)原題   SHALL WE DANCE
監督   マーク・サンドリッチ
原作   リー・ローブ ハロルド・バックマン
脚本   アラン・スコット アーネスト・パガーノ
撮影   デビッド・アベル
音楽   ナサニエル・シルクレット
作詞   アイラ・ガーシュウィン
作曲   ジョージ・ガーシュウィン
出演   フレッド・アステア ジンジャー・ロジャース
      エドワード・エヴェレット・ホートン
      エリック・ブロア ジェローム・コーワン
      ケティ・ガリアン ウィリアム・ブリスベン

第10回(1937年)アカデミー賞歌曲賞ノミネート("They Can't Take That Away from Me")

踊らん哉』はフレッド・アステアジンジャー・ロジャースの共演7作目。作詞・作曲にガーシュウィン兄弟を迎えた。リチャード・ロジャースとローレンス・ハートがクラシック・バレエとモダン・ジャズとの組み合わせを模索するダンサーを主人公に脚本を執筆、アステアが当初この企画を拒否した。自分のトレードマークであるトップハット、白の蝶ネクタイに燕尾服で踊る場面なしに客が呼べないと考えたからである、その後紆余曲折をへてその企画は他にわたったが別の形でアステアとバレエの組み合わせが実現したのがこの映画である。"They Can't Take That Away from Me"をはじめ、楽曲は粒ぞろい。だが、前作『有頂天時代』(1936)から兆しが見え始めていたアステア&ロジャースコンビの人気の陰りが本作ではいっそう顕著になり、コンビ人気の限界を示した作品となってしまった。なお、本作のアメリカ公開の2カ月後、ジョージ・ガーシュウィンは亡くなっている。

続きを読む >>

踊るアメリカ艦隊

踊るアメリカ艦隊(1936 アメリカ)

踊るアメリカ艦隊(1936)原題   BORN TO DANCE
監督   ロイ・デル・ルース
脚本   ジャック・マッゴーワン シド・シルヴァース
撮影   レイ・ジューン
音楽   コール・ポーター アルフレッド・ニューマン ロジャー・イーデンス
出演   エリノア・パウエル ジェームズ・スチュワート
      ヴァージニア・ブルース ウナ・マーケル シド・シルヴァース
      フランセス・ラングフォード レイモンド・ウォルバーン バディ・イブセン

第9回(1936年)アカデミー賞歌曲(I've Got You Under My Skin)、ダンス監督賞ノミネート

1935年後半、人気作曲家コール・ポーターがMGMと契約を結び、ハリウッドではじめて映画音楽を手掛けることになた。その作品がこの『踊るアメリカ艦隊』である。内容的には『踊るブロードウェイ』の続編というか、実質的"BROADWAY MELODY OF 1937"といってよい内容。主演はエリノア・パウエルで、コミカル・リリーフとしてバディ・イブセンが出演しているところも同じ。それどころか監督、脚本、振付師をはじめ製作スタッフの大半が『踊る〜』と同じ。特筆すべき要素は"Easy to Love","I've Got You Under My Skin"の2曲がスタンダード・ナンバーとなったこと、かのジェームズ・スチュワートの出世作であり、かつ彼の歌声が聴ける、その2点につきる。

続きを読む >>

ショウ・ボート (1936)

ショウ・ボート(1936 アメリカ)

ショウ・ボート(1936)原題   SHOW BOAT
監督   ジェームズ・ホエール
原作   エドナ・ファーバー
脚本   オスカー・ハマースタイン二世
撮影   ジョン・J・メスコール ジョン・P・フートン
振付   リロイ・プリンツ
音楽   ジェローム・カーン
出演   アラン・ジョーンズ アイリーン・ダン
      ヘレン・モーガン ポール・ロブソン
      チャールズ・ウィニンガー ハティ・マクダニエル

1927年、ブロードウェイで上演された『ショウ・ボート』は、単純なシンデレラ物語が主体だったこれまでの、ミュージカルとは一線を画すものだった。結婚生活の困難などリアルな生活描写、当時タブーとされていた黒人差別問題を堂々と扱った本作は、今でもミュージカル史を語るうえで絶対に外せない、真のアメリカ的ミュージカルを確立した作品としてその名をとどめている。その『ショウ・ボート』は過去3回映画化されている。1回目1929年版は通常のドラマ。この2回目からがミュージカルで、1936年版は舞台キャストの多くがそのまま映画版でも出演、楽曲の作詞を手掛けたオスカー・ハマースタイン二世が脚本も手掛けるなど、3本の映画化の中では一番ブロードウェイ版に近い仕上がりとなっている。3回目1951年はテクニカラーで作られているが、この1936年版『ショウ・ボート』が決定版という評価は今でも揺るぎない。2006年AFIが選んだミュージカル映画ベストの24位に選ばれている。

続きを読む >>

ロバータ

ロバータ(1935 アメリカ)

ロバータ(1935)原題   ROBERTA
監督   ウィリアム・A・サイター
原作   アリス・デュア・ミラー
原作戯曲 オット・ハーバッハ
脚色   ジェーン・マーフィン サム・ミンツ アラン・スコット
撮影   エドワード・クロンジェイガー
音楽   マックス・スタイナー
作詞   ジミー・マクヒュー ドロシー・フィールズ
作曲   ジェローム・カーン
出演   アイリーン・ダン フレッド・アステア
      ジンジャー・ロジャース ランドルフ・スコット
      ヘレン・ウェストリー クレア・ドッド ルシル・ボール

第8回(1935年)アカデミー賞歌曲賞ノミネート("Lonely to Look at")

映画『ロバータ』はフレッド・アステアジンジャー・ロジャースの共演3作目。アリス・デュア・ミラーの小説「ロバータのガウン(Gowns by Roberta)」を原作としたブロードウェイ・ミュージカル『ロバータ』の映画化である。全部で10作の共演作があるアステア&ロジャースだが、意外にもブロードウェイ・ミュージカルの映画化は本作と『コンチネンタル』の2本のみ。かつ、本作で2人は助演に近い役どころで、配役序列トップは5度のアカデミー賞ノミネート歴をもつアイリーン・ダン。"Yesterdays"や"Smoke Gets in Your Eyes"のしっとりとした名曲はアイリーンが歌い、楽しいダンスナンバーはアステア&ロジャースと振り分けされている。その結果、アステア&ロジャース作品としては全体的にバランスがよく、ミュージカルが苦手な人でもしっくりとくる仕上がりとなっている。

続きを読む >>

メリィ・ウィドウ(1934)

メリィ・ウィドウ(1934 アメリカ)

メリィ・ウィドウ(1934)原題   THE MERRY WIDOW
監督   エルンスト・ルビッチ
原作   ヴィクター・レオン レオ・ステイン
脚本   アーネスト・ヴァホダ サムソン・ラファエルソン
撮影   オリヴァー・T・マーシュ
音楽   ハーバート・ストサート
出演   モーリス・シュヴァリエ ジャネット・マクドナルド
      ウナ・マーケル エドワード・エヴェレット・ホートン

第7回(1934年)アカデミー賞室内装置賞受賞

エルンスト・ルビッチ監督の『メリィ・ウィドウ』はフレンツ・レハールが手掛けたオペレッタの映画化だ。このオペレッタの原作はフランスの戯曲『大使の随行員』で1905年『陽気な未亡人』として初演、2年後ロンドンとニューヨークで上演され人気を博した。既に1912年、1925年にサイレントで映画化されていたが、トーキーは本作が初。このあと、1952年にもテクニカラーで製作されている。監督のルビッチ、モーリス・シュヴァリエジャネット・マクドナルドは『ラヴ・パレード』(1929),『陽気な中尉さん』(1931)、『君とひととき』(1932)に続く4度目、そして最後のコラボとなった。ちなみに本作はフランス語版も製作されている。

続きを読む >>

空中レヴュー時代

空中レヴュー時代(1933 アメリカ)

空中レヴュー時代(1933)原題   FLYING DOWN TO RIO
監督   ソーントン・フリーランド
原作   ルイ・ブロック
脚本   シリル・ヒューム H・W・ハンネマン アーウィン・ゲルシー
撮影   J・ロイ・ハント
作詞   エドワード・エリシュー ガス・カーン
音楽   ヴィンセント・ユーマンス マックス・スタイナー
出演   ドロレス・デル・リオ ジンジャー・ロジャース
      フレッド・アステア ジーン・レイモンド ラウル・ロウリン

第7回(1934年)アカデミー賞歌曲賞ノミネート("Carioca")

空中レビュー時代』は映画史に刻み込まれる作品です。まず、脇役が主役を完全に喰ってしまっている。それ自体はたいして珍しいことではない。だが、その脇役がフレッド・アステアジンジャー・ロジャースだったら...。誰が主役を張っても喰われるでしょう。そう、『空中レビュー時代』は10本に及ぶ共演でミュージカル映画史を華々しく彩ったアステア&ロジャースの初共演作なのです。

続きを読む >>

ダンシング・レディ

ダンシング・レディ(1933 アメリカ)

ダンシング・レディ(1933)原題   DANCING LADY
監督   ロバート・Z・レオナード
脚本   アレン・リヴキン P・J・ウルフソン
撮影   オリヴァー・マーシュ
音楽   ルイス・シルヴァース
出演   ジョーン・クロフォード クラーク・ゲイブル フランチョット・トーン
      メイ・ロブソン イヴ・アーデン ゴードン・エリオット
      フレッド・アステア ウィニー・ライトナー ロバート・ベンチリー
      テッド・ヒーリー グローリア・フォーイ アート・ジャレット

MGMはミュージカル映画として世界初の全編トーキー作品『ブロードウェイ・メロディー』を大ヒットさせ、アカデミー作品賞を受賞。その後、同じようなバックセテージ物のミュージカル映画が山ほど作られましたが、どれもぱっとせず。"ミュージカルの石器時代"と呼ばれる有様でした。しかしライバル映画会社ワーナー・ブラザースが『四十二番街』(1933)をヒットさせたことをきっかけにMGMも再びバックステージ物のミュージカル映画の製作にかかりました。その作品が『ダンシング・レディ』。ジョーン・クロフォードクラーク・ゲイブルの2大スター共演ですが、今ではフレッド・アステアの映画デビュー作としてその名をとどめています。

続きを読む >>

フットライト・パレード

フットライト・パレード(1933 アメリカ)

フットライト・パレード(1933)原題   FOOTLIGHT PARADE
監督   ロイド・ベーコン
脚本   マヌエル・セフ ジェームズ・シーモア
撮影   ジョージ・バーンズ
音楽   レオ・F・フォーブステイン
出演   ジェームズ・キャグニー ジョーン・ブロンデル
      ルビー・キーラー ディック・パウエル フランク・マクヒュー
      ガイ・キビー ルース・ドネリー ヒュー・ハーバート
      クレア・ドッド ゴードン・ウェストコット アーサー・ホール

フットライト・パレード』は『四十二番街』、"Gold Diggers of 1933"と並んで、ワーナー・ブラザーズが1933年につくりあげたミュージカル映画だが、この3作には多くの共通点がある。まず、3作ともにルビー・キーラーディック・パウエルが恋人どうしで出演。他、ガイ・キビーも3作全部に顔を出している。また脚本のジェームズ・シーモア、作詞アル・デュービン、作曲はハリー・ウォーレン、音楽監督レオ・F・フォーブステイン、衣装デザイナーのオリー・ケリー、そして振付師のバスリー・バークリーも3作共通のスタッフ。監督のロイド・ベーコンは『四十二番街』と同じ、また"Gold Diggers of 1933"とも製作、美術、編集、主演女優(ジョーン・ブロンデル)らが共通している。物語も全部バックステージものとなると、この3作の個性の違いを見つけるのは一見難しいように思える。だが、『フットライト・パレード』には2点、他作との大きな違いがある。まず主演がギャング映画で名をあげたジェームズ・キャグニーであること、そして物語もブロードウェイの舞台裏ではなく、トーキー初期、大劇場において映画上映の前座として行われていた「プロローグ」というショウにスポットを当てている点である。

続きを読む >>

踊るブロードウェイ

踊るブロードウェイ(1935 アメリカ)

踊るブロードウェイ原題   BROADWAY MELODY OF 1936
監督   ロイ・デル・ルース
原作   モス・ハート
脚本   ジャック・マッゴーワン シド・シルヴァース
撮影   チャールズ・ロッシャー
音楽   ナシオ・ハーブ・ブラウン
出演   ジャック・ベニー ロバート・テイラー
      ウナ・マーケル エリノア・パウエル
      バディ・イブセン ヴィルマ・イブセン
      フランセス・ラングフォード ニック・ロング・ジュニア

第8回(1935年)アカデミー賞ダンス監督賞受賞(デイヴ・グールド) 作品・監督賞ノミネート

ワーナー・ブラザーズの『ゴールド・ディカーズ』シリーズに触発され、MGMが『ブロードウェイ・メロディ』以来6年ぶりに"Broadway Melody"のタイトルで作ったミュージカル映画が『踊るブロードウェイ』です。ブロードウェイで"タップの女王"として名をはしていたエレノア・パウエル主演。パウエルは気乗りがしなかったが主演と高額ギャラを条件に出演を承諾した。その結果、映画は大ヒットとなり以降、『踊る不夜城(Broadway Melody of 1938)』 (1937)、フレッド・アステア共演『踊るニュウ・ヨーク(Broadway Melody of 1940 )』(1940)と2本の続編が作られました。(続編といってもBroadway Melodyのタイトル、パウエル主演、舞台裏ものといウ共通点があるだけで、全く別の話です。)製作当時、世界恐慌の影響でMGMは倒産寸前だったそうです。それにしては金かかってそうな映画だ...。

続きを読む >>

ラヴ・パレード

ラヴ・パレード(1929 アメリカ)

ラヴ・パレード原題   THE LOVE PARADE
監督   エルンスト・ルビッチ
原作   ジュールス・チャンセル レオン・ザンロフ
脚本   エルネスト・ヴァイダ ガイ・ボルトン
撮影   ヴィクター・ミルナー
音楽   ヴィクター・シャーツィンガー
出演   ジャネット・マクドナルド モーリス・シュヴァリエ
      ルピノ・レイン リリアン・ロス
      エドガー・ノートン ライオネル・バリモア

第3回(1929〜1930年)アカデミー賞作品,監督,主演男優(モーリス・シュヴァリエ),撮影、室内装置、録音賞ノミネート

エルンスト・ルビッチ監督『ラヴ・パレード』はルビッチ初のトーキー映画。撮影にはかなり苦労したようで、台詞はすべて撮影終了後に吹きこんだとか、セットを2つ作りオーケストラと同時録音したとかいろいろと伝えられています。(はっきりした証拠がないようですが) また、物語に沿って歌がつくられた最初のミュージカル映画だと考えられています。全米公開時、映画は大ヒット。世界大恐慌直後のパラマウント社を救ったトいわれている。

続きを読む >>

▲top