映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

司祭

司祭(1994 イギリス)

司祭(1994)原題   PRIEST
監督   アントニア・バード
脚本   ジミー・マクガヴァーン
撮影   フレッド・テイムズ
音楽   アンディ・ロバーツ
出演   ライナス・ローチ キャシー・タイソン
      ロバート・カーライル ジェームズ・エリス
      クリスティン・トレマルコ レスリー・シャープ
      ロバート・パフ トム・ウィルキンソン

トロント国際映画祭(1994年)ピープルズ・チョイス賞、第45回(1995年)ベルリン国際映画祭国際評論家連盟賞受賞。英国アカデミー賞英国作品賞(アレキサンダー・コルダ賞)ノミネート

ポーランド人の法王庁職員、ハラムサ神父は"自分は同性愛者である"と記者会見で述べたところ、会見が世界代表司教会議の前日に行われたため、バチカンは「会議をメディアの圧力にさらそうとした」という理由で彼を解雇したことが先日、話題となった。この報道を聞いて、ある映画を思い出した人もいたかもしれない。そう、1995年に公開されたイギリス映画『司祭』である。作品は高い評価を受けたものの、"同性愛者であるカトリック司祭の苦悩"を描いた内容は世界中で物議をかもし、特にアメリカではカトリック連盟が公開中止を求めてデモ行進やTVCF(!)を流す猛反発ぶり。ローマ法王が抗議の声明文をだすまでに至り、CNNやニュースウィーク紙で特集が組まれるなどの大論争となった作品である。

続きを読む >>
2015.10.18 Sunday | 00:26 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

仮面の米国

仮面の米国(1932 アメリカ)

仮面の米国原題   I AM A FUGITIVE FROM A CHAIN GANG
監督   マーヴィン・ルロイ
原作   R・E・バーンズ
脚本   シェリダン・ギブニー ブラウン・ホームズ
撮影   ソル・ポリト
出演   ポール・ムニ グレンダ・ファレル
      ヘレン・ヴィンソン プレストン・フォスター
      シーラ・テリー アレン・ジェンキンス
      デヴィッド・ランドー バートン・チャーチル

第6回(1932〜1933年)アカデミー賞作品、主演男優(ポール・ムニ)、録音賞ノミネート

仮面の米国』は脱獄映画の草分け的存在である。原題は"I AM A FUGITIVE FROM A CHAIN GANG”("私はChain gang(チェーン・ギャング)からの逃亡者です)。チェーン・ギャングとは囚人たちをひとつの鎖でつないだまま、屋外で肉体労働をさせる見せしめ刑罰のこと。原作はCHAIN GANG経験者であるRobert Elliott Burns。彼は脱獄後、ジョージア州の刑務所での生活と脱走、その後の生活について記したこの手記を出版した。バーンズは映画公開時、まだ逃走中であり、かつアドバイサーとして映画製作に参加していた。映画は大変な反響を呼び、ジョージア州は世間の批判にさらされた。ジョージア州は映画公開から23年後の1955年、チェーン・ギャング制度を廃止している。

続きを読む >>
2015.07.04 Saturday | 00:11 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

アリスのままで

アリスのままで(2014 アメリカ)

アリスのままで原題   STILL ALICE
監督   リチャード・グラツァー ワッシュ・ウェストモアランド
原作   リサ・ジェノヴァ
脚本   リチャード・グラツァー ワッシュ・ウェストモアランド
撮影   ドニ・ルノワール
音楽   イラン・エシュケリ
出演   ジュリアン・ムーア アレック・ボールドウィン
      クリステン・スチュワート ケイト・ボスワース
      ハンター・パリッシュ シェーン・マクレー
      セス・ギリアム スティーヴン・クンケン ダニエル・ジェロル

第87回(2014年) アカデミー賞主演女優賞(ジュリアン・ムーア)受賞

映画『アリスのままで』は若年性アルツハイマー病を患った50歳の大学教授とその家族の姿を描いた作品。主役アリスを演じたジュリアン・ムーアがアカデミー主演女優賞を受賞した。原作は神経科学者であるリサ・ジェノヴァ。研究で多くの患者や家族と触れあった経験をもとに執筆した小説で、2007年に自費出版するや口コミがひろまり、全世界で1800万部を超えるベストセラーとなっている。共同監督のひとりリチャード・グラツァーはこの映画の企画が進められていた2011年にALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断され、言葉が発せられなくなりipadを親指でたたいてコミュニケーションをとり撮影を続けた。ジュリアンのオスカー受賞はTVで見届け、その3週間後に亡くなっている。

続きを読む >>
2015.06.29 Monday | 16:09 | 映画 | comments(0) | trackbacks(4) |

ターナー、光に愛を求めて

ターナー、光に愛を求めて(2014 イギリス)

ターナー、光に愛を求めて原題   MR. TURNER
監督   マイク・リー
脚本   マイク・リー
撮影   ディック・ポープ
衣装デザイン ジャクリーン・デュラン
編集   ジョン・グレゴリー
音楽   ゲイリー・ヤーション
出演   ティモシー・スポール ドロシー・アトキンソン マリオン・ベイリー
      ポール・ジェッソン レスリー・マンヴィル マーティン・サヴェッジ
      
第87回(2014年)アカデミー賞撮影、作曲、美術、衣装デザインノミネート。カンヌ国際映画祭男優賞(ティモシー・スポール)受賞。

マイク・リーが現存する最高の映画監督のひとりであることに異論のある人は少ないだろう。ほとんど脚本を使わず、即興的演出が醸し出す演技のリアリティは他の追随を許さない。『秘密と嘘』(1996)、『ヴェラ・ドレイク』(2004)など、新作を発表するたびに高い評価を受け映画賞をにぎわせている。

マイク・リー作品において前半部分は淡々とした描写が続き、物語半ばから"事件"がおきて盛り上がっていくというのがパターンだったが最近、その作風に微妙な変化がおきていた。近作『ハッピー・ゴー・ラッキー』(2008)、『家族の庭』(2010)は、その"事件"ですらたいしたことではなく日常だけをひたすら描き続けている。雑な言い方をすれば、以前よりいっそう"伝わる人には伝わるが、アート系映画を見慣れていない人には退屈なだけ"の映画になってしまっていた。そんなマイク・リーの新作がイギリスの巨匠画科ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの伝記映画と聞いて驚いた。これまでオリジナルの物語を即興的演出で作ってきたマイク・リー、伝記映画なんてもっとも遠いジャンルだと思っていたが...。てっきり雇われ監督だろう、と思っていたが10年以上の構想を経たものだという。その映画が『ターナー、光に愛を求めて』である。主演は『人生は、時々晴れ』(2002)で心、常に心あらずといった感のタクシー運転手を好演したティモシー・スポール。本作での演技は絶賛され、カンヌ国際映画祭男優賞をはじめいくつかの主演男優賞を受賞している。

 実はギルバード&サリバンがオペレッタ『ミカド』をつくりあげるまでを描いた『トプシー・ターヴィー』(1999)があるのだが、日本では劇場未公開。NHKBSで放送されたことがあるだけでDVD化もされていない。

続きを読む >>
2015.06.25 Thursday | 00:15 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014 アメリカ)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)原題   BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)
監督   アレハンドロ・G・イニャリトゥ
脚本   アレハンドロ・G・イニャリトゥ ニコラス・ヒアコボーネ
      アレクサンダー・ディネラリス・Jr アルマンド・ボー
撮影   エマニュエル・ルベツキ
音楽   アントニオ・サンチェス
出演   マイケル・キートン ザック・ガリフィナーキス
      エドワード・ノートン アンドレア・ライズブロー
      エイミー・ライアン エマ・ストーン
      ナオミ・ワッツ リンゼイ・ダンカン


第87回(2014年)アカデミー賞作品、監督、オリジナル脚本、撮影賞受賞。主演男優(マイケル・キートン)、助演男優(エドワード・ノートン)、助演女優(エマ・ストーン)、音響、音響編集賞ノミネート

かつてハリウッド大作ヒーロー映画で活躍しその後キャリアが低迷したスター俳優。彼は起死回生をかけて、ハリウッドとは正反対に近い価値観がはびこるブロードウェイの舞台で再起をはかるが...『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』はそんな物語だ。監督は『バベル』、『21グラム』のアレハンドロ・G・イニャリトゥ。主演男優マイケル・キートンの実人生をほうふつさせる物語と、1回の長回しでずっと撮り続けているようにみえるカメラワークが評判となり、第87回(2014年)アカデミー作品賞に輝いている。

続きを読む >>
2015.04.13 Monday | 21:12 | 映画 | comments(0) | trackbacks(1) |

罪の手ざわり

罪の手ざわり(2013 中国・日本)

罪の手ざわり原題   天注定
英題   A TOUCH OF SIN
監督   ジャ・ジャンクー
脚本   ジャ・ジャンクー
撮影   ユー・リクウァイ
音楽   リン・チャン
出演   チャオ・タオ チアン・ウー ワン・バオチャン
      ルオ・ランシャン チャン・ジャーイー リー・モン
      ハン・サンミン ワン・ホンウェイ

第66回(2013年)カンヌ国際映画祭脚本賞受賞

『世界』で北京オリンピックを控え、世界公園という非現実なテーマパーク、『長江哀歌』でダム建設計画により、2000年の歴史に幕を閉じ、水没していく運命にある古都・奉節、『四川のうた』で50年の歴史に終わりを告げる中国の基幹工場を舞台にジャ・ジャンクー監督は中国社会の変貌に呑まれるように生きる市井の人々を描き続けている。新作『罪の手ざわり』は貧富格差が進む中国社会で、中国版ツイッター微博で話題になった4つの事件をモチーフに描いたオムバニス風ドラマ。これまでジャ・ジャンクー監督があまり扱わなかった暴力描写が多々見られ、題名どおり"罪の手ざわり"を感じとることができる仕上がりだ。

続きを読む >>
2014.06.22 Sunday | 00:09 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

ブルージャスミン

ブルージャスミン(2013 アメリカ)

ブルージャスミン原題   BLUE JASMINE
監督   ウディ・アレン
脚本   ウディ・アレン
撮影   ハビエル・アギーレサロベ
編集   アリサ・レプセルター
出演   ケイト・ブランシェット アレック・ボールドウィン
      サリー・ホーキンス ルイス・C・K 
      ボビー・カナヴェイル アンドリュー・ダイス・クレイ
      ピーター・サースガード マイケル・スタールバーグ
      マックス・カセラ オールデン・エアエンライク

第86回(2013年)アカデミー賞主演女優賞(ケイト・ブランシェット)受賞。助演女優(サリー・ホーキンス)、脚本賞ノミネート。

ウディ・アレンはおそらく映画界で最も恵まれた地位にいる。(本人は絶対に認めないだろうけど)映画がヒットしようがこけようがおかまいなしに毎年、新作を発表できる。映画会社から原作ものなどの商業的企画を強いられる有名監督も多いのに、アレンは全作、自分のオリジナル脚本。授賞式に出席しなくてもアカデミー賞脚本賞ノミネートは16回!(うち受賞3回)監督賞ノミネート7回(受賞1回)、主演男優賞ノミネート1回、7人の俳優にオスカーをもたらしている(ノミネートは多数)。スキャンダルが出ても影響なく映画人から尊敬を集め続ける。高額のギャラを払わなくても有名俳優は喜んで出演してくれる。母国アメリカよりもヨーロッパのほうが評価が高く興行成績もよいのが難点か?ただ、これもアーティストとしては自尊心をくすぐる状況だろう。そんなウディ・アレンの新作は『ブルー・ジャスミン』。セレブ生活を満喫していた女性が結婚生活の破たんにより転落。どん底から這い上がろうとするが、だんだん心身ともに消耗していく姿を描く。あの『欲望という名の電車』をゆるく参照した内容でウディ・アレンらしいシニカルな視点が存分に発揮された作品だ。

続きを読む >>
2014.06.21 Saturday | 22:01 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

アデル、ブルーは熱い色

アデル、ブルーは熱い色(2013 フランス)

アデル、ブルーは熱い色原題   LA VIE D'ADELE CHAPITRES 1 ET 2
英題   BLUE IS THE WARMEST COLOR
監督   アブデラティフ・ケシシュ
原作   ジュリー・マロ 『ブルーは熱い色』
脚色   アブデラティフ・ケシシュ ガーリア・ラクロワ
撮影   フォフィアン・エル・ファニ
出演   アデル・エグザルコプロス レア・セドゥ
      サリム・ケシュシュ モナ・ヴァルラヴェン
      ジェレミー・ラウールト アルマ・ホドロフスキー
      バンジャマン・シクスー
第66回(2013年)カンヌ国際映画祭パルムドール受賞

フランス語で"高貴な、優しい"という意味があるアデル。その名前を冠したフランス映画といえば、真っ先に思い浮かぶのはフランソワ・トリュフォー監督の『アデルの恋の物語』(1975)だろう。大女優イザベル・アジャーニの出世作としても知られている。だが、アデル、フランス映画で連想ゲームをした場合、そのトリュフォー+アジャーニのネームバリューすら吹き飛ばしてしまいそうな作品が誕生した。それが『アデル、ブルーは熱い色』である。第66回(2013年)カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作。監督は日本では無名だが、本国フランスでは2度のセザーヌ賞監督賞を受賞しているアブデラティフ・ケシシュ。リアリティあふれるレズビアンセックス場面は観客の度肝をぬき、カンヌ受賞時、本来なら監督のみに与えられるパルムドールを主演のアデル・エグザルコプロスレア・セドゥの2人にもあわせて贈られたことが話題となった。

続きを読む >>
2014.04.09 Wednesday | 19:04 | 映画 | comments(0) | trackbacks(2) |

フルートベール駅で

フルートベール駅で(2013 アメリカ)

フルートベール駅で原題   FRUITVALE STATION
監督   ライアン・クーグラー
脚本   ライアン・クーグラー
撮影   レイチェル・モリソン
編集   クローディア・S・カステロ マイケル・P・ショーヴァー
音楽   ルートヴィッヒ・ヨーランソン
出演   マイケル・B・ジョーダン メロニー・ディアス
      オクタヴィア・スペンサー ケヴィン・デュランド
      チャド・マイケル・マーレイ アナ・オライリー

2013年(第29回)サンダンス映画祭作品賞、観客賞受賞。 第66回(2013年)カンヌ国際映画祭「ある視点部門」フューチャーアワード賞受賞

2009年1月1日。カリフォルニア州オークランドの地下鉄フルートベール駅。22歳の黒人青年オスカー・グラントが白人警官ジョハネス・マーサリーによって射殺された事件は全米を大きく揺るがした。地下鉄利用者の数人が事件の一部始終を動画撮影していた。その動画からオスカーが非武装で無抵抗な状態だったことが明らかになると、怒った黒人たちが幾度も暴動を起こした。BART Police shooting of Oscar Grant。『フルートベール駅で』はそのオスカー・グラントの"人生最後の一日"を描いた映画である。弱冠27歳の黒人監督ライアン・クーグラーの長篇デビュー作であり、製作にフォレスト・ウィテカー、母親役にオクタヴィア・スペンサーとアカデミー賞受賞者も名を連ねた。第29回サンダンス映画祭で作品、観客賞のW受賞をはたしたのを皮切りに世界中の映画祭をにぎわし、スパイク・リー、デンゼル・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン、エレン・デジェネレス、オプラ・ウィンフリー、ジェイミー・フォックスなど多くの映画人から絶賛の声があがっている話題かつ問題作である。

続きを読む >>
2014.03.22 Saturday | 20:07 | 映画 | comments(0) | trackbacks(5) |

オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜

オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜(2013 アメリカ)

オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜原題   ALL IS LOST
監督   J・C・チャンダー
脚本   J・C・チャンダー
撮影   フランク・G・デマルコ
水中撮影 ピーター・ズッカリーニ
視覚効果監修 ロバート・マンロー
編集   ピート・ボドロ
音楽   アレクサンダー・イーバート
出演   ロバート・レッドフォード


第86回(2013年)アカデミー賞音響編集賞ノミネート

映画らしい映画とは何か?人の数だけ答えがあるかもしれない。映画らしかろーがらしくなかろーが面白ければいいじゃん!という人もいるだろう。個人的に映画らしいと考えるのは、極力、台詞に頼らず、物語もテーマもすべて映像でわからせてくれる作品。サイレント映画のようなイメージだ。最近、3Dなど映像技術は格段の進歩をとげているにもかかわらず、"映画らしい映画"が少なくなったように感じていた。この『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙』は自分にとって"映画らしい映画"。海で遭難した男(ロバート・レッドフォード)が生き延びるためにあらゆる手段をつくす話だが、冒頭のモノローグ以外、ほとんど台詞も説明もない。俳優の演技、映像、音だけで物語が繰りひろげられていく。

続きを読む >>
2014.03.15 Saturday | 23:55 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲top