映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

ラリー・フリント

ラリー・フリント(1996 アメリカ)

ラリー・フリント(1996)原題   THE PEOPLE VS. LARRY FLYNT
監督   ミロス・フォアマン
脚本   スコット・アレクサンダー ラリー・カラゼウスキー
撮影   フィリップ・ルースロ
音楽   トーマス・ニューマン
出演   ウディ・ハレルソン コートニー・ラヴ エドワード・ノートン
      ブレット・ハレルソン ドナ・ハノーヴァー ジェームズ・クロムウェル
      クリスピン・グローヴァー ヴィンセント・スキャヴェリ マイルズ・チャピン

第69回(1996年)アカデミー賞監督、主演男優賞(ウディ・ハレルソン)ノミネート。第47回(1997年)ベルリン国際映画祭金熊賞

ラリー・フリント』は1972年、性器を露出した過激な女性ヌードを掲載したポルノ雑誌「ハスラー」を創刊したラリー・フリントを描いた映画。作品情報を聞いたときからずっと愉しみにしていた。原作となるラリー・フリント本人の自叙伝(無茶苦茶面白い!)を半分ほど読んだ段階で劇場に見に行った記憶がある。監督は名匠ミロス・フォアマン。ウディ・ハレルソン、コートニー・ラヴの強烈な存在感もあり、"表現の自由"を問い、偽善を暴き立てる、見応えあふれる作品に仕上がっていた。

続きを読む >>
2016.05.30 Monday | 00:09 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポットライト 世紀のスクープ

スポットライト 世紀のスクープ(2015 アメリカ)

スポットライト 世紀のスクープ原題   SPOTLIGHT
監督   トム・マッカーシー
脚本   ジョシュ・シンガー トム・マッカーシー
撮影   マサノブ・タカヤナギ
編集   トム・マカードル
音楽   ハワード・ショア
出演   マーク・ラファロ マイケル・キートン レイチェル・マクアダムス
      リーヴ・シュレイバー ジョン・スラッテリー ブライアン・ダーシー・ジェームズ
      ビリー・クラダップ スタンリー・トゥッチ ジェイミー・シェリダン
      モーリーン・キーラー ポール・ギルフォイル レン・キャリオー
      ニール・ハフ マイケル・シリル・クレイトン ローリー・ハイネマン ティム・プロゴシュ

第88回(2015年)アカデミー賞作品、脚本賞受賞。監督、助演男優(マーク・ラファロ)、助演女優(レイチェル・マクアダムス)、編集賞ノミネート。第82回(2015年) NY批評家協会賞男優賞(マイケル・キートン)

神様に"いたずら"され、pray(祈り)がprey(餌食)になってしまった。
2002年1月、アメリカの地方新聞「ボストン・グローブ」紙に掲載された記事は全米を騒然とさせた。ボストン地区の神父数十人が長年にわたって児童虐待を続けており、カトリック教会はその実態を把握しながらも組織ぐるみで隠ぺいを続けていたという内容だ。この報道をきっかけに世界中のカトリック教会で同様のことが起きていることが発覚。次々と訴訟が起こり、2010年3月28日、ロンドンで教皇ベネディクト16世の退位を要求する抗議デモが行われるまでとなった。ボストン・グローブ紙の報道は2003年にピューリッツァー賞(公益報道部門)を受賞している。そのボストン・グローブ紙の調査担当班「スポットライト」チームの根気強い取材の様子を描いた映画が『スポットライト 世紀のスクープ』。作品は高い評価を受け、第88回アカデミー賞で作品賞に輝いた。

続きを読む >>
2016.04.16 Saturday | 01:19 | 映画 | comments(2) | trackbacks(8) |

キャロル

キャロル(2015 イギリス・アメリカ・フランス)

「キャロル」(2015)原題   CAROL
監督   トッド・ヘインズ
原作   パトリシア・ハイスミス『キャロル』
脚本   フィリス・ナジー
撮影   エド・ラックマン
衣装デザイン サンディ・パウエル
音楽   カーター・バーウェル
出演   ケイト・ブランシェット ルーニー・マーラ
      サラ・ポールソン ジェイク・レイシー カイル・チャンドラー
      ジョン・マガロ コーリー・マイケル・スミス ケヴィン・クローリー

第88回(2015年)アカデミー賞主演女優(ケイト・ブランシェット)、助演女優(ルーニー・マーラ)、脚色、撮影、作曲、衣装デザイン賞ノミネート。第68回(2015年)カンヌ国際映画祭女優賞(ルーニー・マーラ)

ミステリー作家パトリシア・ハイスミスの映画化作品と聞いて、まず思い浮かぶのがヒッチコック監督の『見知らぬ乗客』(1951)とアラン・ドロン主演の『太陽がいっぱい』(1952)だろう。ともに名作として語り継がれている。特に『太陽がいっぱい』は日本公開時、かの淀川長治氏が"同性愛を描いている"と指摘し物議をかもした。この説、当時はほとんど受け入れられなかったらしいが、その後原作のパトリシア・ハイスミスが同性愛者であることが判明して信ぴょう性が高まり、今では"淀川氏は立派な評論家の仕事をした"という評価が定着している。そのパトリシア・ハイスミスがが長篇第1作『見知らぬ乗客』の発表前、クレア・モーガン名義で発表した作品が"The Price of Salt"。原作は同性愛者のあいだで話題を呼び、100万部を超えるベストセラーとなっている。これを鬼才トッド・ヘインズ監督のもと、ケイト・ブランシェットルーニー・マーラの2大女優で映画化したのが『キャロル』。求婚されて戸惑う百貨店員テレーズと離婚協議中の人妻キャロルの恋物語である。といっても同性愛色はさほど強くなく、"人が人に惹かれるのに理由などない"ことを映像からにじませる"純文学映画"といったほうがよい仕上がりとなっている。

続きを読む >>
2016.02.15 Monday | 00:13 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

恋人たち (2015)

恋人たち(2015 日本)

恋人たち(2015)監督   橋口亮輔
脚本   橋口亮輔
撮影   上野彰吾
音楽   明星/Akeboshi
出演   篠原篤 成嶋瞳子 池田良
      安藤玉恵 黒田大輔 山中崇 内田慈 山中聡
      リリー・フランキー 木野花 光石研

第89回(2014年)キネマ旬報ベストテン第1位

日本映画界において、名前で観客が一番呼べる監督はひょっとすると橋口亮輔かもしれない。理由は単純明快。同性愛をカミングアウトした上での監督デビューという、日本では珍しいパターンというのもあるが、過去の長編4作はすべて監督本人が自分の経験を反映させたオリジナル脚本で、いずれも彼でないと撮れない題材、つまり替えのきかない人なのだ。観客は人気俳優の××が出ているからではなく橋口亮輔監督の作品だから映画館に足を運んでいる。そんな"one and only”橋口亮輔監督の7年ぶりの長編映画、それが『恋人たち』である。


続きを読む >>
2015.12.10 Thursday | 00:07 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

司祭

司祭(1994 イギリス)

司祭(1994)原題   PRIEST
監督   アントニア・バード
脚本   ジミー・マクガヴァーン
撮影   フレッド・テイムズ
音楽   アンディ・ロバーツ
出演   ライナス・ローチ キャシー・タイソン
      ロバート・カーライル ジェームズ・エリス
      クリスティン・トレマルコ レスリー・シャープ
      ロバート・パフ トム・ウィルキンソン

トロント国際映画祭(1994年)ピープルズ・チョイス賞、第45回(1995年)ベルリン国際映画祭国際評論家連盟賞受賞。英国アカデミー賞英国作品賞(アレキサンダー・コルダ賞)ノミネート

ポーランド人の法王庁職員、ハラムサ神父は"自分は同性愛者である"と記者会見で述べたところ、会見が世界代表司教会議の前日に行われたため、バチカンは「会議をメディアの圧力にさらそうとした」という理由で彼を解雇したことが先日、話題となった。この報道を聞いて、ある映画を思い出した人もいたかもしれない。そう、1995年に公開されたイギリス映画『司祭』である。作品は高い評価を受けたものの、"同性愛者であるカトリック司祭の苦悩"を描いた内容は世界中で物議をかもし、特にアメリカではカトリック連盟が公開中止を求めてデモ行進やTVCF(!)を流す猛反発ぶり。ローマ法王が抗議の声明文をだすまでに至り、CNNやニュースウィーク紙で特集が組まれるなどの大論争となった作品である。

続きを読む >>
2015.10.18 Sunday | 00:26 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

仮面の米国

仮面の米国(1932 アメリカ)

仮面の米国原題   I AM A FUGITIVE FROM A CHAIN GANG
監督   マーヴィン・ルロイ
原作   R・E・バーンズ
脚本   シェリダン・ギブニー ブラウン・ホームズ
撮影   ソル・ポリト
出演   ポール・ムニ グレンダ・ファレル
      ヘレン・ヴィンソン プレストン・フォスター
      シーラ・テリー アレン・ジェンキンス
      デヴィッド・ランドー バートン・チャーチル

第6回(1932〜1933年)アカデミー賞作品、主演男優(ポール・ムニ)、録音賞ノミネート

仮面の米国』は脱獄映画の草分け的存在である。原題は"I AM A FUGITIVE FROM A CHAIN GANG”("私はChain gang(チェーン・ギャング)からの逃亡者です)。チェーン・ギャングとは囚人たちをひとつの鎖でつないだまま、屋外で肉体労働をさせる見せしめ刑罰のこと。原作はCHAIN GANG経験者であるRobert Elliott Burns。彼は脱獄後、ジョージア州の刑務所での生活と脱走、その後の生活について記したこの手記を出版した。バーンズは映画公開時、まだ逃走中であり、かつアドバイサーとして映画製作に参加していた。映画は大変な反響を呼び、ジョージア州は世間の批判にさらされた。ジョージア州は映画公開から23年後の1955年、チェーン・ギャング制度を廃止している。

続きを読む >>
2015.07.04 Saturday | 00:11 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

アリスのままで

アリスのままで(2014 アメリカ)

アリスのままで原題   STILL ALICE
監督   リチャード・グラツァー ワッシュ・ウェストモアランド
原作   リサ・ジェノヴァ
脚本   リチャード・グラツァー ワッシュ・ウェストモアランド
撮影   ドニ・ルノワール
音楽   イラン・エシュケリ
出演   ジュリアン・ムーア アレック・ボールドウィン
      クリステン・スチュワート ケイト・ボスワース
      ハンター・パリッシュ シェーン・マクレー
      セス・ギリアム スティーヴン・クンケン ダニエル・ジェロル

第87回(2014年) アカデミー賞主演女優賞(ジュリアン・ムーア)受賞

映画『アリスのままで』は若年性アルツハイマー病を患った50歳の大学教授とその家族の姿を描いた作品。主役アリスを演じたジュリアン・ムーアがアカデミー主演女優賞を受賞した。原作は神経科学者であるリサ・ジェノヴァ。研究で多くの患者や家族と触れあった経験をもとに執筆した小説で、2007年に自費出版するや口コミがひろまり、全世界で1800万部を超えるベストセラーとなっている。共同監督のひとりリチャード・グラツァーはこの映画の企画が進められていた2011年にALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断され、言葉が発せられなくなりipadを親指でたたいてコミュニケーションをとり撮影を続けた。ジュリアンのオスカー受賞はTVで見届け、その3週間後に亡くなっている。

続きを読む >>
2015.06.29 Monday | 16:09 | 映画 | comments(0) | trackbacks(4) |

ターナー、光に愛を求めて

ターナー、光に愛を求めて(2014 イギリス)

ターナー、光に愛を求めて原題   MR. TURNER
監督   マイク・リー
脚本   マイク・リー
撮影   ディック・ポープ
衣装デザイン ジャクリーン・デュラン
編集   ジョン・グレゴリー
音楽   ゲイリー・ヤーション
出演   ティモシー・スポール ドロシー・アトキンソン マリオン・ベイリー
      ポール・ジェッソン レスリー・マンヴィル マーティン・サヴェッジ
      
第87回(2014年)アカデミー賞撮影、作曲、美術、衣装デザインノミネート。カンヌ国際映画祭男優賞(ティモシー・スポール)受賞。

マイク・リーが現存する最高の映画監督のひとりであることに異論のある人は少ないだろう。ほとんど脚本を使わず、即興的演出が醸し出す演技のリアリティは他の追随を許さない。『秘密と嘘』(1996)、『ヴェラ・ドレイク』(2004)など、新作を発表するたびに高い評価を受け映画賞をにぎわせている。

マイク・リー作品において前半部分は淡々とした描写が続き、物語半ばから"事件"がおきて盛り上がっていくというのがパターンだったが最近、その作風に微妙な変化がおきていた。近作『ハッピー・ゴー・ラッキー』(2008)、『家族の庭』(2010)は、その"事件"ですらたいしたことではなく日常だけをひたすら描き続けている。雑な言い方をすれば、以前よりいっそう"伝わる人には伝わるが、アート系映画を見慣れていない人には退屈なだけ"の映画になってしまっていた。そんなマイク・リーの新作がイギリスの巨匠画科ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの伝記映画と聞いて驚いた。これまでオリジナルの物語を即興的演出で作ってきたマイク・リー、伝記映画なんてもっとも遠いジャンルだと思っていたが...。てっきり雇われ監督だろう、と思っていたが10年以上の構想を経たものだという。その映画が『ターナー、光に愛を求めて』である。主演は『人生は、時々晴れ』(2002)で心、常に心あらずといった感のタクシー運転手を好演したティモシー・スポール。本作での演技は絶賛され、カンヌ国際映画祭男優賞をはじめいくつかの主演男優賞を受賞している。

 実はギルバード&サリバンがオペレッタ『ミカド』をつくりあげるまでを描いた『トプシー・ターヴィー』(1999)があるのだが、日本では劇場未公開。NHKBSで放送されたことがあるだけでDVD化もされていない。

続きを読む >>
2015.06.25 Thursday | 00:15 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014 アメリカ)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)原題   BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)
監督   アレハンドロ・G・イニャリトゥ
脚本   アレハンドロ・G・イニャリトゥ ニコラス・ヒアコボーネ
      アレクサンダー・ディネラリス・Jr アルマンド・ボー
撮影   エマニュエル・ルベツキ
音楽   アントニオ・サンチェス
出演   マイケル・キートン ザック・ガリフィナーキス
      エドワード・ノートン アンドレア・ライズブロー
      エイミー・ライアン エマ・ストーン
      ナオミ・ワッツ リンゼイ・ダンカン


第87回(2014年)アカデミー賞作品、監督、オリジナル脚本、撮影賞受賞。主演男優(マイケル・キートン)、助演男優(エドワード・ノートン)、助演女優(エマ・ストーン)、音響、音響編集賞ノミネート

かつてハリウッド大作ヒーロー映画で活躍しその後キャリアが低迷したスター俳優。彼は起死回生をかけて、ハリウッドとは正反対に近い価値観がはびこるブロードウェイの舞台で再起をはかるが...『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』はそんな物語だ。監督は『バベル』、『21グラム』のアレハンドロ・G・イニャリトゥ。主演男優マイケル・キートンの実人生をほうふつさせる物語と、1回の長回しでずっと撮り続けているようにみえるカメラワークが評判となり、第87回(2014年)アカデミー作品賞に輝いている。

続きを読む >>
2015.04.13 Monday | 21:12 | 映画 | comments(0) | trackbacks(1) |

罪の手ざわり

罪の手ざわり(2013 中国・日本)

罪の手ざわり原題   天注定
英題   A TOUCH OF SIN
監督   ジャ・ジャンクー
脚本   ジャ・ジャンクー
撮影   ユー・リクウァイ
音楽   リン・チャン
出演   チャオ・タオ チアン・ウー ワン・バオチャン
      ルオ・ランシャン チャン・ジャーイー リー・モン
      ハン・サンミン ワン・ホンウェイ

第66回(2013年)カンヌ国際映画祭脚本賞受賞

『世界』で北京オリンピックを控え、世界公園という非現実なテーマパーク、『長江哀歌』でダム建設計画により、2000年の歴史に幕を閉じ、水没していく運命にある古都・奉節、『四川のうた』で50年の歴史に終わりを告げる中国の基幹工場を舞台にジャ・ジャンクー監督は中国社会の変貌に呑まれるように生きる市井の人々を描き続けている。新作『罪の手ざわり』は貧富格差が進む中国社会で、中国版ツイッター微博で話題になった4つの事件をモチーフに描いたオムバニス風ドラマ。これまでジャ・ジャンクー監督があまり扱わなかった暴力描写が多々見られ、題名どおり"罪の手ざわり"を感じとることができる仕上がりだ。

続きを読む >>
2014.06.22 Sunday | 00:09 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲top