映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

オリエント急行殺人事件 (1974)

オリエント急行殺人事件 (1974 イギリス)

オリエント急行殺人事件(1974)原題   MURDER ON THE ORIENT EXPRESS
監督   シドニー・ルメット
原作   アガサ・クリスティ 『オリエント急行の殺人』
脚本   ポール・デーン
撮影   ジェフリー・アンスワース
音楽   リチャード・ロドニー・ベネット
出演   アルバート・フィニー ジャクリーン・ビセット アンソニー・パーキンス
     マイケル・ヨーク ローレン・バコール イングリッド・バーグマン
     ショーン・コネリー リチャード・ウィドマーク ヴァネッサ・レッドグレーヴ
     ウェンディ・ヒラー ジョン・ギールグッド ジャン=ピエール・カッセル
     レイチェル・ロバーツ コリン・ブレイクリー デニス・クイリー
     ジョージ・クールリス マーティン・バルサム

第47回(1974年)アカデミー賞助演女優賞(イングリッド・バーグマン)受賞。主演男優(アルバート・フィニー)、脚色、撮影、作曲、衣装デザイン賞ノミネート

続きを読む >>

そして誰もいなくなった (1974)

そして誰もいなくなった (1974 イタリア・フランス・スペイン・西ドイツ)

そして誰もいなくなった(1974)原題   AND THEN THERE WERE NONE(a.k.a.TEN LITTLE INDIANS)
監督   ピーター・コリンソン
原作   アガサ・クリスティ 「そして誰もいなくなった」
脚本   ピーター・ウェルベック
撮影   フェルナンド・アリバス
音楽   ブルーノ・ニコライ カルロ・ルスティケリ
出演   オリヴァー・リード エルケ・ソマー リチャード・アッテンボロー
     ハーバート・ロム シャルル・アズナヴール ステファーヌ・オードラン
     ゲルト・フレーベ アドルフォ・チェリ マリア・ローム
     アルベルト・デ・メンドーサ リク・バッタリア テレサ・ギンペラ
     (声)オーソン・ウェルズ

続きを読む >>

姿なき殺人者

姿なき殺人者 (1965 イギリス)

姿なき殺人者(1965)原題   TEN LITTLE INDIANS
監督   ジョージ・ポロック
原作   アガサ・クリスティ 『そして誰もいなくなった』
脚本   ピーター・イェルダム ダドリー・ニコルズ ピーター・ウェルベック
撮影   アーネスト・スチュワード
音楽   マルコム・ロックヤー
出演   ヒュー・オブライアン シャーリー・イートン フェビアン レオ・ゲン
     ダリア・ラヴィ ウィルフリッド・ハイド=ホワイト スタンリー・ホロウェイ
     デニス・プライス マリオ・アドルフ マリアンヌ・ホッペ クリストファー・リー(声)

続きを読む >>

情婦

情婦 (1957 アメリカ)

情婦(1957)原題   WITNESS FOR THE PROSECUTION
監督   ビリー・ワイルダー
原作   アガサ・クリスティ 「検察側の証人」
脚色   ビリー・ワイルダー ハリー・カーニッツ
撮影   ラッセル・ハーラン
出演   タイロン・パワー マレーネ・ディートリッヒ チャールズ・ロートン
     エルザ・ランチェスター トリン・サッチャー ジョン・ウィリアムズ
     ヘンリー・ダニエル イアン・ウルフ ノーマ・ヴァーデン
     ウナ・オコナー ルタ・キルモニス

第30回(1957年)アカデミー賞作品、監督、主演男優(チャールズ・ロートン)、助演女優(エルザ・ランチェスター)、編集、録音賞ノミネート

続きを読む >>

そして誰もいなくなった (1945)

そして誰もいなくなった (1945 アメリカ)

そして誰もいなくなった(1945)原題   AND THEN THERE WERE NONE
監督   ルネ・クレール
原作   アガサ・クリスティ
脚色   ルネ・クレール ダドリー・ニコルズ
撮影   ルシアン・アンドリオ
音楽   チャールズ・プレヴィン
出演   バリー・フィッツジェラルド ウォルター・ヒューストン ルイス・ヘイワード
     ローランド・ヤング ジューン・デュプレ ミシャ・オウア
     C・オーブリー・スミス リチャード・ヘイドン ジュディス・アンダーソン

続きを読む >>

ゲット・アウト

ゲット・アウト (2017 アメリカ)

ゲット・アウト(2017)原題   GET OUT
監督   ジョーダン・ピール
脚本   ジョーダン・ピール
撮影   トビー・オリヴァー
音楽   マイケル・エイブルズ
出演   ダニエル・カルーヤ アリソン・ウィリアムズ ブラッドリー・ウィットフォード
     ケイレブ・ランドリー・ジョーン スティーヴン・ルート キャサリン・キーナー
     リルレル・ハウリー ベティ・ガブリエル マーカス・ヘンダーソン
     レイキース・スタンフィールド エリカ・アレクサンダー ジェラルディン・シンガー

続きを読む >>

ブレードランナー 2049

ブレードランナー 2049 (2017 アメリカ)

ブレードランナー 2049(2017)原題   BLADE RUNNER 2049
監督   ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原案   フィリップ・K・ディック
脚本   ハンプトン・ファンチャー マイケル・グリーン
撮影   ロジャー・ディーキンス
音楽   ハンス・ジマー ベンジャミン・ウォルフィッシュ
出演   ライアン・ゴズリング ハリソン・フォード
     ロビン・ライト ジャレッド・レト アナ・デ・アルマス
     シルヴィア・フークス カーラ・ジュリ マッケンジー・デイヴィス
     バーカッド・アブディ デビッド・バウティスタ デヴィッド・ダストマルチャン
     ヒアム・アッバス レニー・ジェームズ ウッド・ハリス トーマス・レマルキス
     マーク・アーノルド ショーン・ヤング エドワード・ジェームズ・オルモス

ブレードランナー』(1982)の続編が作られるというニュースを聞いて..正直言ってやめときゃいいのに、と思った。『ブレードランナー』は周知のとおり、1982年の劇場公開時は興行、批評とも振るわずその後、ディレクターカットなどの公開を得て徐々に評価があがり、今やカルト映画的な人気を保っている作品だ。"カルト映画的人気"とは、言い換えれば"一部の熱狂的なファン以外はあまり関心を持たれない作品"ということ。『ブレードランナー』は娯楽性よりもアート性の高い作品であり、そんな映画を巨額予算で拡大公開しても結果は前回と似たり寄ったりだろう。また、『ブレードランナー』の大きな魅力は"汚らしい未来社会"の映像。その質感はVHSビデオの粗い画質にマッチする。それをデジタルの綺麗な画質でやったところで...。そんなことをぼんやりと考えているうちに続編『ブレードランナー 2049』は 2017年10月6日全米で公開されていた。前作の監督リドリー・スコットは製作総指揮にまわり、監督は『灼熱の魂』(2010)、『メッセージ』(2015)のドゥニ・ヴィルヌーヴ。批評は絶賛、観客にも好評だったが、興行的には"観客が中高年男性しかいない"と称されるなど、またしても期待を下回る結果に終わりそうだ。163分という長尺、前作以上に芸術性に趣をおいた作り、説明不足による物語のわかりにくさなどが影響したか。

続きを読む >>
2017.10.28 Saturday | 19:50 | 映画 | comments(0) | trackbacks(1) |

ブレードランナー

ブレードランナー (1982 アメリカ)

ブレードランナー(1982)原題   BLADE RUNNER
監督   リドリー・スコット
原作   フィリップ・K・ディック 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』
脚本   ハンプトン・ファンチャー デヴィッド・ピープルズ
撮影   ジョーダン・クローネンウェス
特撮   ダグラス・トランブル
デザイン シド・ミード
音楽   ヴァンゲリス
出演   ハリソン・フォード ルトガー・ハウアー ショーン・ヤング エドワード・ジェームズ・オルモス
     ダリル・ハンナ ブライオン・ジェームズ ジョアンナ・キャシディ M・エメット・ウォルシュ
     ウィリアム・サンダーソン ジョー・ターケル ジェームズ・ホン モーガン・ポール

第55回(1982年)アカデミー賞美術監督・装置、視覚効果賞ノミネート

1982年6月25日、映画『ブレードランナー』が全米公開された。『エイリアン』(1979)を大ヒットさせたリドリー・スコット監督の新作、『スター・ウォーズ』が既に2本公開され、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981)もヒットしたハリソン・フォードの最新作とあって周囲の期待値は異常に高かった。だが、蓋を空けてみると、興行的には不発、批評も賛否両論で失敗とみなされる結果に終わる。原因としてはハリソン・フォード主演ということで『スター・ウォーズ』のような快活な映画を期待していた観客が"暗く陰惨な未来社会"に抵抗感を示したこと、ストーリーがわかりにくかったこと、『E.T』、『スター・トレック/カーンの逆襲』、『コナン・ザ・グレート』、『遊体から離脱X』などが次々公開された年でSF映画供給過剰状態だったことなどが挙げられる。特にメガヒット『E.T』が本作の2週間前に公開されていたのは痛かった。

しかし、劇場公開終了後、本作は息を吹き返した。ホームビデオ市場で大ヒットして再評価の機運が高まり、1992年、劇場公開時からナレーションを省き、エンディングも変更した"ディレクター・カット版"が公開されて好評を博し、"カルト映画の金字塔"と呼ばれるようになった。

続きを読む >>
2017.10.27 Friday | 00:37 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

トータル・リコール (2012)

トータル・リコール (2012 アメリカ)

トータル・リコール (2012)原題   TOTAL RECALL
監督   レン・ワイズマン
原作   フィリップ・K・ディック 『追憶売ります』
原案   ロナルド・シャセット ダン・オバノン ジョン・ポヴィル
脚本   カート・ウィマー マーク・ボンバック
撮影   ポール・キャメロン
音楽   ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
出演   コリン・ファレル ケイト・ベッキンセイル ジェシカ・ビール
     ブライアン・クランストン ジョン・チョー ビル・ナイ

続きを読む >>

アジャストメント

アジャストメント (2011 アメリカ)

アジャストメント(2011)原題   THE ADJUSTMENT BUREAU
監督   ジョージ・ノルフィ
原作   フィリップ・K・ディック 『調整班』
脚本   ジョージ・ノルフィ
撮影   ジョン・トール
音楽   トーマス・ニューマン
出演   マット・デイモン エミリー・ブラント
     アンソニー・マッキー ジョン・スラッテリー
     マイケル・ケリー テレンス・スタンプ

続きを読む >>

▲top