映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 淀川長治映画塾 | TOP | スパイダーマン >>

バベル

バベル (2006 アメリカ)

「バベル」公式サイトにリンク原題   BABEL 
監督   アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ   
脚本   ギジェルモ・アリアガ      
撮影   ロドリゴ・プリエト                   
音楽   グスターボ・サンタオラヤ                
出演   ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット
      ガエル・ガルシア・ベルナル
      アドリアナ・バラーザ
      役所広司 菊地凛子 二階堂智

第79回(2006年)アカデミー賞作曲賞受賞。作品、監督、助演女優(アドリアナ・バラーザ、菊地凛子)、脚本、編集賞ノミネート

日本では、菊地凛子のアカデミー賞助演女優賞ノミネートばかりがとりざたされていますが、作品自体も昨年のカンヌ映画祭以降、何かと話題になっている映画です。ゴールデン・グローブ賞で作品賞受賞(ドラマ部門)、カンヌ映画祭で監督賞、そして第79回アカデミー賞でも作品賞、監督賞を含む6部門7ノミネートと2006年度の各映画賞をにぎわしました。ただメディア人気が先行しすぎている感があり、カンヌではパルムドール、アカデミー賞では作品賞の最有力候補のひとつと評されながら、いずれも受賞にはいたりませんでした。

はるか昔、言葉はひとつだった。人間たちは、神に少しでも近づくため天まで届くバベルの塔を建てた。それが神の怒りを買い、言葉をバラバラにしてしまった...。
この旧約聖書の創世記に描かれたバベルの塔の物語が、この映画のテーマを象徴するものとしてタイトルに使われています。

ただし、映画は、言葉のみならず、人ひとりひとりが他人との間に無意識につくっている壁を描いた作品です。とても小さな物語が積み重なっている映画であり、タイトルと映画で描いているテーマが微妙にずれている、言い換えればかなり仰々しい題名がついているともいえます。一発の銃弾をめぐってモロッコ、アメリカ、メキシコ、日本を舞台に物語は展開していくのですが、この作品のテーマを描くために、こんな大掛かりな舞台設定をする必要があったのか?という疑問もわいてきます。また、群集劇の定番として、一見無関係に思えるエピソードがつながっていくのですが無理やりつなげたような感が強く、それほどカタルシスを得ることができません。バベルの塔を作ったことにより、バラバラにされてしまった世界が再び元に戻るようなことはないし(笑)、題名や舞台設定から期待されるスケールの大きな物語でもありません。映画に対して、起承転結がはっきりした物語を求めている人にとっては物足りない仕上がりになっていると言わざるをえません。

それでもこの作品は魅力的です。
大義名分は、政治だったり、法律だったり、言葉だったりさまざまですが、つまるところ人が日常生活を営むにあたって、無意識に作ってしまう心理的な壁が見事が描かれているからです。

よくも悪くもこの映画を代表しているのが日本でのエピソードです。映画の題名から連想される、言葉をうまく操れないことによるコミュニケーションの不毛をわかりやすく表現するためか、主人公を聾唖(ろうあ)者に設定したことに対しては、ある種の抵抗感を感じずにはいられません。ただ、そんな心のもやもやを吹き飛ばしてくれたのが、ヒロインのチエコを演じた菊地凛子の、繊細で確かな演技です。父親ヤスジロー(役所広司)と2人暮らしのチエコ。母親の死による喪失感。誰も自分を抱きしめ、愛してくれないのではという不安が常によぎります。耳が不自由なため、ディスコに行っても音楽を楽しむこともできない。言葉で自分の思いを伝えることもできない。自己表現に悩み、愛情に飢えたチエコ。思春期特有の性衝動も積み重なった結果、チエコは自分の体を露出することによって、他者との関係を築き上げようとする...。単なる露出症ではないかという見方もあるとは思いますが、つもり積もったストレスやジレンマがたまたまそういう方向に吐き出されてしまったと見たほうがいいでしょう。人が精神的に追い詰められると極端な行動に走りがちであることは、昨今のニュース報道の数々がイヤというほど教えてくれます。

この脆く、危うい少女の心の機微を、菊地凛子は動物的本能を体現したとでも言い表したいような入魂の演技で見せてくれます。カンヌ映画祭での映画上映直後から、「アカデミー賞ノミネートは確実」と評判を呼んでいたようですが、受賞に十分値する演技だと思います。ラストシーンにも登場し、まさにこの映画を象徴する役柄だといえるでしょう。

またチエコがあこがれる刑事、ケンジ役を演じた二階堂智の存在感がこの映画に違った色合いを添えています。モロッコからの調査依頼で、あくまで職務としてチエコに接触するケンジ。ところがチエコはケンジを露骨に誘惑してくる...。その後、ケンジが酒場でひとりタバコをふかす場面が印象的です。このケンジという人、刑事にしては人がよすぎる感があり(笑)、出世街道まっしぐらというタイプではなさそうです。おそらく職場でも、さまざまな"心理的な壁"に遭遇しているでしょう。チエコの衝動的な行動が何を意味していたのかもある程度理解できたはず。チエコとケンジの心の糸はほんの一瞬はつながりかえた...。さまざまな思いをめぐらせたケンジの心情を、二階堂智はセリフ無しの1シーンで見事に表現しています。菊池凛子だけでなく、二階堂智も今後注目の俳優のひとりとなっていくでしょう。

ただ、この東京(日本)でのエピソードは他のエピソードとの関連性がもっとも薄く、ここだけが浮き上がっているような印象を受けます。この映画の核となるところだけに少し残念です。

この世界の中で、聞く価値のある言葉は少ない」といったのは『ピアノ・レッスン』の主人公エイダですが、人々がコミュニケーションをとるとき、言葉によるものはわずか5%程度で残りは表情、身振り手振りなどの非言語表現で成り立っているといいます。だから言葉が無意味というわけではないし、他のボディ・ランゲージをフル活用したところで、自分の内面の全てを伝えることができるわけではない。誰にでも自分にしか理解できない、墓場まで持っていかなければいけない、と決め込んでいる想いがある。だからといって、それをいつまでも引きずり、孤独感に打ちひしがれたままでは生きていけない...。映画『バベル』は、誰の心の中にも潜む、一見小さな、実はとても大きく厄介な、他者との心理的な壁を、エピソードの積み重ねによって見事に描いている作品です。

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の前作『21グラム』では時間軸をわずかに前後させる演出で、観客に容易な感情移入を許してくれませんでした。この作品でもエピソード内で事件がおこった瞬間、まるでTVドラマのCMタイムのように(笑)次のエピソードに移ってしまいます。アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督は、感情の流れよりも、感情の一瞬のほどばしりを重視するタイプの人なのかもしれません。

透明なボールにペンキを塗ろうとしたら、次々とはじかれてしまった。
そんなイメージの映画です。見た人の数だけ感想がありそうな作品なので、他人の評価を参考にすることはあまり意味がないと思います。よけいな先入観を入れず、まっさらな気持ちでこの映画をご覧いただくことをお勧めします!
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!


2007.04.30 Monday | 00:03 | 映画 | comments(10) | trackbacks(56) |

スポンサーサイト


2017.04.26 Wednesday | 00:03 | - | - | - |

コメント

こんばんわ!
ここに来て、あー、スッキリ(笑)

「無意識に作ってしまう壁」まさにそうでした!見事な作品でしたよね!
改めて思い返すと、二階堂さんのシーンばかりが印象的に残ってます。
これからどんどん出てきそうですよねー。
2007/04/30 12:33 AM by こべに
こべにさん。こんばんわ

二階堂智さん、セリフ少ないのに微妙な感情を見事に表現してましたね!
いや〜、コイツいい奴だな、でも取り越し苦労いっぱいしてそ、なんて想像をかきたててくれる役どころでした!


2007/04/30 12:41 AM by moviepad
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました。
『タイトルと映画で描いているテーマが微妙にずれている』―そうなんです。私もそう感じました。上手く感想には書けませんでしたが(汗)

あと、私もこの物語からチエコのエピソードが妙に浮いているように思えました。そして、チエコの障害を考えると、『神がバラバラに分けた人間の枠外の孤独』を表現したかったのかな。。。と思ったんです。ですから、彼女のエピソードがとても痛々しく感じました。

他のエピソードは、『バベル』というテーマよりも、むしろ「愚かな事をした結果」だと思えました。
で。。。物語り自体は見応えがあり良かったのですが、色々とモヤモヤした作品です。
2007/04/30 9:59 AM by 由香
はじめまして。
「ぱらいそ・・」のEurekaと申します。

「映画に対して、起承転結がはっきりした物語を求めている人にとっては物足りない仕上がりになっている」
ほんとそうですよね。
この作品の評価が分かれているのはこの辺にあるかと。
話題になっているだけに、?と思う人は多いんでしょう。
この監督の作品を見るのは初めてなんですがすっかり魅了されてしまいました。
チエコに迫られたところから手紙を受け取るシーン、そしてヤスジローに声をかけるところ、酒場のシーンと二階堂さんのシーンがとても印象的でした。
TBいただいていきますね。
2007/04/30 12:44 PM by Eureka
由香さん、こんばんわ!

東京のエピソードは、ビルが立ち並ぶ大都会を描くことによってモロッコやメキシコの光景と対比する効果を狙っていたのでは、と考えられなくもないのですが、それにしても浮いてました(笑)

タイトル、4ヶ国(実質的には3ヶ国ですが)を舞台にした構成と映画で描いているものが
ずれているため、戸惑いを隠せませんでした。
6人を介せば世界中の人たちは間接的な知り合いになれるという話を聞いたことがありますが、
そのあたりを表現したかったのであれば、あまりうまくいっていないような気がしました。
2007/04/30 8:40 PM by moviepad
Eurekaさん、はじめまして!

>「映画に対して、起承転結がはっきりした物語を求めている人にとっては物足りない仕上がりになっている」

僕自身は決してこういうタイプではないのですが、
この手の作品にはあまり見られない客層を多数見かけたもので...。
間違ってもカップルでお手手つないで見に行くタイプの映画ではありません(爆)

この映画は本来、単館系で公開すべき作品。
アメリカでもそれほどヒットしていないのに...。
菊地凛子効果を狙って拡大公開しすぎであります(笑)

物語のまとめかたが中途半端なため、
かえってわかりにくさを増している。
これなら、むしろ放置プレイ(爆)に徹したほうがよかったのでは...と。

作品自体は気に入っているのですが
もう少し、テーマが明確に伝わる構成にしてほしかったな、と思います。
2007/04/30 8:58 PM by moviepad
達也です。
コメ&トラバアリガトです。
『バベル』で描かれた唯一の大都市東京。
摩天楼のバベルの塔が空に伸びるこの街が、
一番寂しくて孤独に感じました。
監督がラストシーンに東京のシークエンスを
持ってきたことに意味を感じます。
また、遊びに寄せていただきますね。
2007/05/01 1:10 AM by TATSUYA
達也さん、こんばんわ

ラストはよかったですね。

>摩天楼のバベルの塔が空に伸びるこの街

何といい表現なんでしょう!
これが東京をラストシーンにもってきた理由でしょうね!
2007/05/01 1:22 AM by moviepad
こんばんは。
>タイトルと映画で描いているテーマが微妙にずれている、言い換えればかなり仰々しい題名がついているともいえます。
……私は、まったくそう思いませんでした。むしろ、これほどタイトルと内容がマッチしている映画は近頃珍しい、と思ったくらいです(笑)。
「バベル」、これは傑作です。ほんまに。
2007/05/07 9:18 PM by syunpo
syunpoさん、おはようございます

>むしろ、これほどタイトルと内容が
マッチしている映画は近頃珍しい、と思ったくらいです(笑)。

syunpoさんからこう言われるとワタクシめとっても自信がなくなるのですが(^^;

うーむ、人と人とがコミュニケーションを取るにあたっての
(個人対個人レベルでの)壁とか障害などはよく描かれている作品だと思いますが
それ以上の拡がりは個人的には感じられませんでした。

タイトルも映画の重要な一部ですが
映像を見ただけではわからず、
タイトルから解釈をあてこまなければいけないようなタイプの映画はやや苦手です。
僕がわからなかっただけかもしれませんが(泣)
2007/05/08 9:23 AM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/98

トラックバック

バベル / BABEL
ついに日本公開☆アカデミー賞作品賞にもノミネートされ、カンヌ映画祭では監督賞を受賞。 監督は『アモーレスペロス』『21g』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。 脚本はいつものコンビ ギジェルモ・アリアガが担当。 『アモーレスペロス』はなかなか良か
(我想一個人映画美的女人blog 2007/04/30 12:11 AM)
『バベル』
『バベル』(『BABEL』)を観ている時に頭に浮かんだのは、バタフライ効果というもの。何の気はなしにしたほんの思いつきの、ちょっとした行動が、地球の裏側では大変な事態へと展開しているかもしれない。 見終わってから考えたのは、たった一人きりで生きていると思っ
(試写会帰りに 2007/04/30 12:24 AM)
バベル
パンツ穿いてください。
(ネタバレ映画館 2007/04/30 12:34 AM)
バベル @試写会
BABEL  4/19(木)@品川プリンスシネマ (試写会) 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、菊池凛子 他 音楽:坂本龍一 配給:GAGA 言葉が通じな
(シュフのきまぐれシネマ 2007/04/30 12:34 AM)
「バベル BABEL 」映画 感想
聾唖(ろうあ=耳が聞こえなくて言葉が喋る事が出来ない)少女を好演した”菊池凛子”
(Wilderlandwandar 2007/04/30 2:03 AM)
バベル
アレハンドロ・ゴンサレス・イ二ャリトゥ監督の『21グラム』を鑑賞した時に、重苦しい気分を味わったので、本作も覚悟して鑑賞した(笑)*アカデミー賞6部門7ノミネート、作曲賞受賞、助演女優賞ノミネート(菊地凛子)*カンヌ国際映画祭・最優秀監督賞受賞*ゴールデ
(★YUKAの気ままな有閑日記★ 2007/04/30 10:01 AM)
『バベル』
(原題:Babel) ----アカデミー賞ノミネートが発表されたね。 この『バベル』って7部門でノミネートでしょ? 「うん。 今日は最初は『ロッキー・ザ・ファイナル』のお話にしようと思ったけど、 急遽、こちらに」 ----『バベル』って「旧約聖書」にも出てくるよね。 確
(ラムの大通り 2007/04/30 10:06 AM)
「バベル」
「バベル」ブロガー試写会 GAGA試写室で鑑賞 ミッドタウンの34Fからの景観は赤坂の今まで見えなかったところがみえて面白かった! TBS付近の再開発がどんどん進んでいるので来年はまた違った感じになりそうです。そんなすばらしいところにお引越しをしたGAGAの試
(てんびんthe LIFE 2007/04/30 10:09 AM)
バベル
ひとつの銃弾が心の扉を開ける。
(Akira's VOICE 2007/04/30 10:33 AM)
バベル
菊地凛子?誰よそれ。 一年前はそんな風に思っていたのに、ゴールデングローブ賞やオスカーにもノミネートされ、実体は見えないまま期待は膨らむばかり。 スズキシンジのブログと、劇場予告編以外の予備知識は排除して『バベル』を観てきました。 ★★★★★ これぞ映
(そーれりぽーと 2007/04/30 11:47 AM)
『バベル(BABEL)』
「ねえ、あなたは悪人なの?」「いいえ、悪人ではないわ。ただ愚かなことをしてしまっただけ・・・」    「愚か」なことは「罪」なのか・・・「愚か」なことは「悪」なのか・・・人は皆、誰もが「愚か」であり「愚か者」が犯した過ちは「悪」と呼ばれ、「愚か者」に
(*+*ぱらいそ・かぷりちょそ*+* 2007/04/30 12:30 PM)
バベル
 アメリカ  ドラマ  監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ  出演:ブラッド・ピット      ケイト・ブランシェット      ガエル・ガルシア・ベルナル      役所広司 モロッコ。険しい山間部を走る一台のバス。そこに乗り合わせた一組
(江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 2007/04/30 1:43 PM)
『バベル』
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イリニャトゥ CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、菊池凛子 他 ゴールデングローブ最優秀作品賞受賞 カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞 アカデミー助演女優賞他ノミネート STORY:夫婦の絆を取り戻そうとモロッコ
(Sweet* Days 2007/04/30 6:42 PM)
「バベル」
「Babel」USA/フランス/メキシコ タイトル“バベル”とは旧約聖書“バベルの塔”に由来する。 モロッコ、サンディエゴ(USA)、メキシコ、東京(日本)と、4つの地域で物語は同時進行する。 とにかく話題満載映画で、予告も何度も、何度も観て...でもやはりスゴイ
(ヨーロッパ映画を観よう! 2007/04/30 7:54 PM)
【2007-62】バベル(BABEL)
それは、一発の銃弾から始まった 事件は、モロッコから東京に─ そしてメキシコへと移っていく 言葉が通じない 心も伝わらない 想いは、どこにも届かない かつて、神の怒りに触れ言語を分かたれた人間たち 我々バベルの末裔は、永遠に分かり合うことは出
(ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! 2007/04/30 11:21 PM)
バベル・・・・・評価額1600円
人間たちが痛々しい。 神が創った人間が、天に近づくほど高いバベルの塔を作ろうとしたとき、神は怒り一つだった人間たちの言葉を別々のいくつもの言語に分け、互いに話しが出来なくした。 言葉を分かたれた人間たちは、散
(ノラネコの呑んで観るシネマ 2007/05/01 12:40 AM)
『バベル』、はあなたを混乱させる映画だ。
観た人の数だけ、BAVELが存在する。 ★ネタバレあり!! 『21g』を事前に観て、こりゃポール・ハギスの『クラッシュ』にも影響を与えたな なんて思いながら、試写会場の厚生年金・芸術ホールへと足を運んだので
(TATSUYAのシネマコンプレックス 2007/05/01 1:16 AM)
『バベル』菊地凛子を見た
メキシコ出身の鬼才アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトウ監督の『バベル』を観た。 菊地凛子の強い眼差しに、出会う。映画の中で、彼女は、一番、印象的だった。 映画館を出ると、よく晴れた日。 GWにこの映画を観ると
(描きたいアレコレ・やや甘口 2007/05/01 8:37 AM)
「 バベル /Babel  (2007) 」
監督 : アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演 : ブラッド・ピット  /ケ
(MoonDreamWorks★Fc2 2007/05/01 12:33 PM)
映画「バベル」
2007年31本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「アモーレス・ペロス」「21グラム」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品。旧約聖書の“バベルの塔”をモチーフに描き出す衝撃のヒューマン・ドラマ。モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本、
(しょうちゃんの映画ブログ 2007/05/01 9:54 PM)
バベル
繋がらない心。繋がる思い。
(悠雅的生活 2007/05/02 12:29 AM)
『バベル』
人類が「より高いところに辿り着きたい」と望んだ結果、神の逆鱗に触れて崩壊し、その
(セガール気分で逢いましょう 2007/05/02 1:32 AM)
バベル 2007-18
「バベル」を観てきました〜♪ モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦、リチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。バスで砂漠を移動中、何者かに突然狙撃される。同じ頃、東京に住む聾唖の女子高生チエコ(菊池凛子)は、満たされない日常に
(観たよ〜ん〜 2007/05/02 7:03 AM)
バベル
バベルの塔 築く狸の 皮算用   この映画「面白いの?」と問われれば「面白くない」と応えてしまう。「ふうん」。そうじゃないんだ、そういうことじゃないんだ、それだけのことじゃないんだ。そう心の中が焦っている、続きを言わねば、それで終わってしまう。
(空想俳人日記 2007/05/02 11:58 AM)
皮肉にも幸運な人々  「バベル」 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督
「バベル」公式サイト 「バベル」という言葉は、時々、耳にするけど、詳しいことはよく知らない。 なんでも、旧約聖書、創世記11章に登場する街の名前なんだそうだ。 バベルに住む人々は言葉と価値観を共有し、大地の呼吸に耳を澄まし、神を崇めて暮らしていた。平和
(CURIOUS MAMA の レビュー&エッセイ 2007/05/02 2:18 PM)
バベル◆コミュニケーションの本質に迫る力作
    「バベル」 (2006年・メキシコ)   監督・製作・原案:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ   脚本・原案:ギジェルモ・アリアガ   出演:ブラッド・ピット/ケイト・ブランシェット/アドリアナ・バラッサ      ガエル・ガルシア・ベルナル/役所
(好きな映画だけ見ていたい 2007/05/02 4:54 PM)
バベル
ニュースによると、この映画を観て気分が悪くなった人もいるとか。 確かに問題のシーンは、しばらく画面がチカチカしてたけど、子供じゃないんだから気分悪くなる前に目をそらせばいいだけじゃん。 と思う。 バベル ★★★☆☆ −ネタバレ少
(O塚政晴と愉快な仲間達 2007/05/03 11:54 AM)
バベル
”Babel”製作・原案・監督=アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。脚本・原案=ギジェルモ・アリアガ。神から断罪された存在の人間が、現代では如何に混乱していることか!?☆☆☆☆★
(ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre! 2007/05/03 2:02 PM)
BABEL/バベル
「BABEL/バベル」2007年 米 ★★★★★ 観てきました!! GW第1弾目は、やはりこの「バベル」 めちゃめちゃ楽しみにしていたのですよ〜。 やっと観れた、安堵感が1番目の感想かな?^^ はるか昔、言葉は1つだった。人間たちは神に近づこう
(とんとん亭 2007/05/03 5:28 PM)
菊地凛子さんの似顔絵。映画「バベル BABEL」
?4?θ???????Τ?θ?????? ?Τ?????ı??ΤΤ?? ????????Х?? ????????? ???? ??δΥ?????Υ??CM? ??????Ĥä?С? Ĥ?????? åιΥ??????å??å??? ????å?? ????????????? ?????? ???å?ξ?ä?ν? ???????äξ?Ĥ?? ©?η?????Σ?λ? ζΥ?????α?? ???
(「ボブ吉」デビューへの道。 2007/05/04 3:16 PM)
バベル
バベル公式HP 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット ガエル・ガルシア・ベルナル 役所広司 菊地凛子 内容:壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バ
(獅子の手帳 2007/05/05 1:26 AM)
映画「バベル」
原題:Babel 我々は十分賢くなったので、"塔を建て、天に届かせよう・・・"、そして主は町と塔を見て、言われた"彼らの言葉を乱し、互いに言葉が通じないようにしよう"・・・ アフリカ(モロッコ)、アメリカ(ロス、メキシコ)そしてア
(茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 2007/05/05 1:58 AM)
映画「バベル」
140分近い映画ですけど、そんなに長く感じませんでした。話に引き込まれるし、考えさせられる。すべてを説明し尽くしてくれる映画じゃなくて、観客に考えることをさせてくれる名作です。
(今日感 2007/05/05 9:05 AM)
映画「バベル」を見に行きました
こんばんは   とうとうGWもあと1日となってしまいましたね(:_;)   今日は日本人女優、菊地凛子さんがアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたことでも有名な映画「バベル」を見に行きました。   (ストーリー) モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦の
(have a heart to heart talk 2007/05/06 2:31 AM)
映画「バベル」・・・言葉の壁・心の壁
映画「バベル」・・・言葉の壁・心の壁 見終わった瞬間・・・むむむ、と思いました。 でも、しばらくすると、映画の一場面一場面思い出し、 その意味を考え直す、噛めば噛むほど味わいのある作品です。 モロッコ、アメリカ−メキシコ、そして東京を舞台に、 物語が
(システムエンジニアの晴耕雨読 2007/05/06 3:01 AM)
「バベル」
「バベル」 監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医者のいる村までたどり着くが、応
(SolPoniente 2007/05/06 1:02 PM)
映画vol.121 『バベル』*試写会 07-10
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット ケイト・ブランジェット 菊地凛子     製作:2006年 米 公式HP 試写会第10弾は、待ちに待ったバベルです♪ 「プレミア」試写会という事で、特典映像付きです
(Cold in Summer 2007/05/07 5:38 PM)
映画『バベル』
 映画『バベル』は、「交通」することの困難と可能性を描いた秀作である。  ここに言う「交通」とは、身体や乗り物が移動すること、あるいは、心と心と通わせあうこと。文字どおり「交わり通じ合う」ことの総称である。  モロッコを旅していた米国人夫婦(ブラッ
(コラムニスト宣言 2007/05/07 9:07 PM)
バベル
壊れかけた夫婦の絆を取り戻すため、リチャードは、妻スーザンを誘い、モロッコを旅します。その旅の途中、バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜いてしまいます。なんとか医者のいる村までたどり着きますが、応急処置しかできません。リ
(日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 2007/05/09 12:26 AM)
「バベル」それでも希望はある、傑作まではもうひとつか。
「バベル」★★★★ ブラッド・ピット、菊地凜子ほか出演 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 監督 神話の世界で神に近づこうとした人間は 別々の言葉を与えられ世界に放たれた。 同じ地球上の別々の場所で 人はそれぞれ同じ時間を過ごしている。
(soramove 2007/05/09 7:52 AM)
バベル
存在感という面では、菊池凛子が一番でした。 この映画は、コメントするのが難しいなー。 ひとつひとつのエピソードは、 そんなに難解でもなくて、 episode1:「兄弟同士の腕自慢」 episode2:「医者はどこだ!」 episode3:「今日は息子の結婚式」 ep
(長谷川 2007/05/09 11:45 PM)
【劇場映画】 バベル
≪ストーリー≫ 壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医者のいる村までたどり着くが、応急処置がやっと。彼は英語がなかなか通じな
(ナマケモノの穴 2007/05/12 7:42 PM)
映画「バベル」
   右の壁にアメリカで手にいれたNATIONAL GEOGRAPHIC社の世界地図が貼ってあり、 その中で日本は、右の隅のほうに、私が見慣れている形より、激しくゆがんだ形で、在る。  ある視点から見たとき、これがその視点からの精一杯の正確さなんだろ
(don't worry!な毎日 2007/05/13 8:47 PM)
バベル/スモーキン・エース
「バベル」と「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」、なぜこの2作品が並んでいるの?スンマソン。たまたま2本立てで観たというだけでして…。友人に「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」の試写会の券をもらい、せっかくだからということで、「バベル」も観てきま
(あいち国際女性映画祭ANNEX-cinemado's BLOG 2007/05/14 3:41 PM)
「バベル」 人はなんと不完全な生きものであろうか
「バベルの塔」のエピソードが出てくるのは、旧約聖書の創世記。 聖書によれば、人類
(はらやんの映画徒然草 2007/05/14 8:36 PM)
★「バベル」
(2007/A83/S45)←今年劇場鑑賞45本目。 大型連休中はシネコン混むからあまり行く気がしなかったけど・・・ ナイトショウなら、そうでもないのかなっ・・って事で、 菊池凛子と、チカチカシーンで気分が悪くなった人続出ネタの「バベル」を鑑賞。
(ひらりん的映画ブログ 2007/05/16 4:24 AM)
『バベル』
'07.05.09 『バベル』@日比谷スカラ座 「モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦。バスで移動中、ヤギ飼の少年兄弟が戯れに撃った銃弾が妻に当たってしまう。銃の持ち主の娘で聾唖の女子高生チエコは孤独をつのらせていた・・・」という話で、アメリカ人夫婦の2人の子供と
(・*・ etoile ・*・ 2007/05/17 12:39 AM)
バベル(4/28公開)
 5/2、渋東シネタワーにて鑑賞。8.0点。  (結局は作曲賞の受賞のみに終わったものの)オスカーに六部門ノミネート、作品賞の有力候補として騒がれた話題作。賛否のわれる作品であることは確かだが、少なくとも『ディパーテッド』よりは本作に与えてほしかったし、同
(第八芸術鑑賞日記 2007/05/17 4:52 AM)
バベル−(映画:2007年58本目)−
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、役所広司、菊地凛子、二階堂智、ガエル・ガルシア・ベルナル、アドリアナ・バラーザ 評価:71点 公式サイト (ネタバレあります) ケイト・ブランシェット
(デコ親父はいつも減量中 2007/05/19 7:08 PM)
「バベル」
公開中の映画「バベル」を観賞。監督はアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。出演はブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、アドリアナ・バラッザ、菊地凛子、エル・ファニングほか。仲たがいしていたアメリカ人夫婦のリ
(やまたくの音吐朗々Diary 2007/05/20 12:22 AM)
BABEL 人間は皆、何処かで繋がっているのだ!
  言葉が通じない。心も伝わらない。思いはどこにも届かない。 なるほど遥昔は、言葉はひとつだったんだ人間は神に近づこうとして、天まで届く塔を建てようとしたから、神の怒りをかうことに・・・・。そのおかげで、言葉は乱され、世界はバラバラになってしまった。
(銅版画制作の日々 2007/05/21 12:58 AM)
「バベル」(アメリカ 2006年)
全てはモロッコで放たれた一発の銃弾がきっかけだった。 「バベル」(アメリカ 2006年)
(三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 2007/05/22 8:44 PM)
映画レビュー#51「バベル」
基本情報 「バベル(BABEL)」(2006、アメリカ) 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(アモーレス・ペロス、21グラム) 脚本:ギジェルモ・アリアガ(アモーレス・ペロス、21グラム、メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬) 製作:スティーヴ・ゴリン(
(Production Rif-Raf 2007/05/24 5:27 AM)
話題作 バベル 観てきました。
 公開前はいろいろな意味で評判だったけれど、いざふたを開けると反応は微妙な映画、バベルを見てきました。
(よしなしごと 2007/06/09 11:27 PM)
【映画】バベル…普通評価。ポケモンショックには注意ね
{/kaeru_fine/} ブログのトップページを全文表示から概要表示に変更してみたのですが、 その場合「概要文」ってのを本文と別に書けるようなんですよね。 「概要文」を入力しない場合は本文の書き出し部分が概要文として表示されるようです。 で、スパイダーマン3部作で
(ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 2007/12/19 10:57 PM)
◆DVD・BABELバベル
バベル監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ出演者:ブラッド・ピット、 ケイト・ブランシェット、 役所広司、 菊地凛子収録時間:143分レンタル開始日:2007-11-02Story菊地凛子のアカデミー賞助演女優賞ノミネートをはじめ、各国映画祭で話題を集めたヒュー
(映画大好き☆ 2008/03/26 12:22 AM)

▲top