映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< チャンプ (1931) | TOP | シンデレラマン >>

ミリオンダラー・ベイビー

ミリオンダラー・ベイビー(2004 アメリカ)

ミリオンダラー・ベイビー(2004)原題   MILLION DOLLAR BABY
監督   クリント・イーストウッド
原作   F・X・トゥール 『テン・カウント』
脚本   ポール・ハギス
撮影   トム・スターン
音楽   クリント・イーストウッド
出演   クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン
      アンソニー・マッキー ジェイ・バルシェル マイク・コルター
      ブライアン・オバーン マーゴ・マーティンデイル マイケル・ペーニャ
      ベニート・マルティネス ブルース・マックヴィッティ ネッド・アイゼンバーグ
      モーガン・イーストウッド ルシア・ライカー リキ・リンドホーム マーカス・チェイト

第77回(2004年)アカデミー賞作品、監督、主演女優(ヒラリー・スワンク)、助演男優賞(モーガン・フリーマン)受賞。主演男優(クリント・イーストウッド)、脚色、編集賞ノミネート



古びたブクシングジムを営むフランキーは有望選手に次々逃げられ、意気消沈していた。そんな時、31歳の女性マギーがジムにやってくる。マギーは13歳からウェイトトレスとして働き、家族にも冷たくされ、つらい人生を送っていた。フランキーは当初"女はとらない"と突っ返したが、親友スクラップの助言と彼女の熱意にほだされ、トレーニングを引き受ける。マギーは順調に勝ち抜いていくが、対戦相手から反則パンチをくらい全身麻痺になってしまう。前半、躍動感あふれるヒラリー・スワンクに魅せられる。だが、後半、これでもかというほど不幸を盛り込むのに辟易。この物語でいったい何を伝えたかったのか理解に苦しむ。尊厳死じゃないよね。
☆☆☆★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

2016.04.04 Monday | 00:00 | 映画300字レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2019.09.05 Thursday | 00:00 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top