映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< フィラデルフィア | TOP | アポロ13 >>

フォレスト・ガンプ/一期一会

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994 アメリカ)

フォレスト・ガンプ/一期一会原題   FORREST GUMP
監督   ロバート・ゼメキス
原作   ウィンストン・グルーム
脚本   エリック・ロス
撮影   ドン・バージェス
特撮   ILM
音楽   アラン・シルヴェストリ
出演   トム・ハンクス サリー・フィールド ロビン・ライト ゲイリー・シニーズ
      ミケルティ・ウィリアムソン マイケル・コナー・ハンフリーズ ハンナ・R・ホール
      ハーレイ・ジョエル・オスメント レベッカ・ウィリアムズ サム・アンダーソン

第67回(1994年)アカデミー賞作品、監督、主演男優(トム・ハンクス)、脚色、編集、視覚効果賞受賞。助演男優(ゲイリー・シニーズ)、撮影、作曲、美術、メイクアップ、録音、音響効果編集賞ノミネート



ガンプズムという言葉が生まれるほどの大ヒットとなった作品。知能指数は低いが、足は速く卓球が得意で純粋な心をもつガンプが50年代から80年代までの激動のアメリカを駆け抜けるお話。他人の命令に従っているだけで人生に成功してしまう。それでも"愛する人の死"は待っているという道徳的なオチ。意味ありげでなさそうな飛び舞う白い羽。この映画が好きな人は"純粋ないい人"。批判すれば頭がよく見えるかもしれない。好きとか嫌いとか傑作とか駄作とかそんなことはどうでもよくて、この映画の世界観がどうしても受け付けられない。チョコ箱開けたら溶けてベトベト。"ガンプ・アゲイン"なんて続編撮ったらセシルさんに襲撃されますよ。
☆☆
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

2016.07.16 Saturday | 00:00 | 映画300字レビュー | comments(2) | - |

スポンサーサイト


2019.08.18 Sunday | 00:00 | - | - | - |

コメント

>チョコ箱開けたら溶けてベトベト
ハハハ 笑っちゃいました。

sam anderson 恐るべし(゜o゜;)
2019/01/26 9:24 PM by baron
 映画もチョコレート箱のようなもの。開けてみたら
  ()
 (  ) 
(____)
2019/01/27 2:20 AM by moviepad

コメントする









▲top