映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< イル・ポスティーノ | TOP | 悪魔スヴェンガリ >>

ブロードウェイと銃弾

ブロードウェイと銃弾(1994 アメリカ)

ブロードウェイと銃弾(1994)原題   BULLETS OVER BROADWAY
監督   ウディ・アレン
脚本   ウディ・アレン ダグラス・マクグラス
撮影   カルロ・ディ・パルマ
美術   サント・ロカスト
衣装デザイン ジェフリー・カーランド
出演   ジョン・キューザック ダイアン・ウィースト
      ジェニファー・ティリー チャズ・パルミンテリ
      メアリー=ルイーズ・パーカー ジャック・ウォーデン ロブ・ライナー
      トレイシー・ウルマン ジム・ブロードベント ハーヴェイ・ファイアスタイン
      ジョー・ヴィテレッリ イーディ・ファルコ デビ・メイザー

第67回(1994年)アカデミー賞助演女優賞(ダイアン・ウィースト)受賞。監督、助演男優(チャズ・パルミンテリ)、脚本、美術、衣装デザイン賞ノミネート



若い劇作家デビットはギャングのボスから演技力皆無のショーガール、オリーヴをねじこまれ苦心。そこで最高の俳優を、と大女優ヘレンらを獲得し、稽古がはじまる。オリーヴの警護役チーチはデビットの観念的な芝居にうんざりし演出に口をはさむようになるがそれが好評。チーチは"オリーヴが俺の芝居をぶち壊している"と不満を募らせていく。アレン映画の常として主演は空気だが、サブキャラは強烈。"Don't speak"が口癖の大女優を演じたダイアン・ウィーストをはじめ、アーパー女優役のジェニファー・ティリー、"文才がありすぎるギャング"役のチャズ・パルミンテリなど皆、面白い。"効果的な銃弾の音"というオチが最高デス。
☆☆☆☆
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!


2016.05.08 Sunday | 00:00 | 映画300字レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2020.01.20 Monday | 00:00 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top