映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< 24時間の情事 | TOP | マイケル・ムーアの世界侵略のススメ >>

私に近い6人の他人

私に近い6人の他人(1993 アメリカ)

私に近い6人の他人(1993)原題   SIX DEGREES OF SEPARATION
監督   フレッド・スケピシ
原作   ジョン・グェア
脚本   ジョン・グェア
撮影   イアン・ベイカー
音楽   ジェリー・ゴールドスミス
出演   ストッカード・チャニング ウィル・スミス ドナルド・サザーランド
      イアン・マッケラン メアリー・ベス・ハート ブルース・デイヴィソン
      リチャード・メイサー アンソニー・マイケル・ホール ヘザー・グレアム
      ジェフリー・エイブラムス ケリー・ビショップ

第66回(1993年)アカデミー賞主演女優賞(ストッカード・チャニング)ノミネート



ニューヨークの高級マンションに住むキトリッジ夫婦のもとに、突然、ケガをした黒人青年ポールが転がり込む。彼はハーバード大学に通う夫婦の息子の同級生で、名優シドニー・ポアチエの息子と名乗る。ポールは巧みな話術で夫婦を魅力し、父が監督する映画に出演させてやると約束するが、どれもこれも真っ赤な嘘だった。ジョン・グェアのヒット戯曲『六次の隔たり』の映画化。ストッカード・チャニングは舞台同様、主演をつとめる。ウィル・スミスが映画俳優として注目を浴びるきっかけとなった作品で、胡散臭いがにくめない青年を好演。まあ、ゲイには見えませんでしたが。上流社会の欺瞞を暴き出す。上流階級というのは噂話がお好きなんですね。
☆☆☆★★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



※ 出演者のひとりダグ役で出演しているジェフリー・エイブラムスとは、かのJ・J・エイブラムスのこと。俳優としてのみ出演です。後、彼は本作同様、六次の隔たりを題材としたテレビドラマを製作している。

※ その6次の隔たりを説明している?台詞が映画に出てくる。
「何かで読んだけど、この地球上では誰でも6人の他人を介してつながっているの。人と人との間には6人いるって事ね。大統領でもゴンドラの船頭でもみんな同じよ。関係が近いのは安心だけど、近いほどトラブルになることも。だから関係を作るには正しい6人を見つける事ね。有名人じゃなくても、ジャングルの原住民でもエスキモーでもいい。あなたも私もあらゆる人々と6人を介してつながっているのよ。不思議でしょ。あのポールは、どうして私たちを選んだのかしら?なぜみんな他の世界に入りたがるの?人生で6人の選択。それが私たちと地球の全員をつなぐわ。だから正しい6人を選ぶのよ」

それにしても、この「私に近い6人の他人」っていい邦題だな。昔はこういうイキな邦題もあった...。
2016.05.28 Saturday | 00:03 | 映画300字レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2020.09.28 Monday | 00:03 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top