映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< レイチェルの結婚 | TOP | 8月の家族たち >>

熱いトタン屋根の猫

熱いトタン屋根の猫(1958 アメリカ)

熱いトタン屋根の猫(1958)原題   CAT ON A HOT TIN ROOF
監督   リチャード・ブルックス
原作   テネシー・ウィリアムズ
脚本   リチャード・ブルックス ジェームズ・ポー
撮影   ウィリアム・H・ダニエルズ
出演   エリザベス・テイラー ポール・ニューマン
      バール・アイヴス ジャック・カーソン ジュディス・アンダーソン
      マデレーン・シャーウッド ラリー・ゲイツ

第31回(1958年)アカデミー賞作品、監督、主演男優(ポール・ニューマン)、主演女優(エリザベス・テイラー)、脚色、撮影賞(カラー)ノミネート



アメリカ南部の大農園主ビッグダディが癌で余命いくばくもないと知り、遺産を狙う長男夫婦は病院から帰ってきた彼を仰々しく歓待する。だが、ビッグダディは彼らより次男ブリックを可愛がっていた。ブリックの妻マギーは愛のない結婚生活に悩む。ブリックはかつて名フットボール選手だったが、親友スキッパーが自殺してから酒浸りの日々だった。テネシー・ウィリアムズの脚本らしく、口ゲンカ場面ばかり。人間は偽りとともに生きていくしかないことを示す物語。戯曲の映画化に対し、原作戯曲に描かれていたブリックとスキッパーの同性愛的関係が匂わす程度に抑えられてしまい、ウィリアムズを失望させた。映画も偽りとともに生きていくしかない?
☆☆☆★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

スポンサーサイト


2018.06.13 Wednesday | 00:10 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/924

トラックバック

▲top