映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< ブロードウェイと銃弾 | TOP | ジキル博士とハイド氏(1931) >>

悪魔スヴェンガリ

悪魔スヴェンガリ((1931 アメリカ)

悪魔スヴェンガリ(1931)原題   SVENGALI
監督   アーチー・L・メイヨ
原作   ジョルジュ・ルイ・デュモリエー
脚本   J・グラッブ・アレクサンダー
撮影   バーニー・マッギル
出演   ジョン・バリモア マリアン・マーシュ ブラムウェル・フレッチャー
      ドナルド・クリスプ ラムスデン・ヘイア カーメル・マイヤーズ
      ルイ・アルバーニ エイドリアン・ダンブリクール

第4回(1930〜1931年)アカデミー賞撮影、美術(監督)賞ノミネート



スヴェンガリはパリのラテン街に住む貧乏な音楽教師だったが、人を引き付ける不思議な魔力を兼ね備えていた。ある日、スヴェンガリはモデル希望の少女トリルビーの頭痛を催眠術で治す。それをきっかけに、彼は彼女を操り、結婚を考えるようになるが…。原作はジョージ・デュ・モーリアの小説『トリルビー』(1894年)。当時、大変な評判となり、催眠術師のイメージ原型を創り上げた。冒頭、夫を捨ててやってきた女がピアノを弾くスヴェンガリに言い寄るが、彼女に一銭の蓄えもないことを知るとあっさり追っ払う場面は面白かったが、その後ジョン・バリモアの演技が単調でただただ眠い。作品全体が観客に催眠術をかけているような映画デシタ。
☆☆★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

2016.05.09 Monday | 00:13 | 映画300字レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2019.09.05 Thursday | 00:13 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top