映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< カッコーの巣の上で | TOP | 許されざる者(1992) >>

ドライビング Miss デイジー

ドライビング Miss デイジー(1989 アメリカ)

ドライビング Miss デイジー原題   DRIVING MISS DAISY
監督   ブルース・ベレスフォード
原作   アルフレッド・ウーリー
脚本   アルフレッド・ウーリー
撮影   ピーター・ジェームズ
音楽   ハンス・ジマー
出演   ジェシカ・タンディ モーガン・フリーマン
      ダン・エイクロイド パティ・ルポーン エスター・ローレ
      ジョー・アン・ハヴリラ ウィリアム・ホール・Jr

第62回(1989年)アカデミー賞作品、主演女優(ジェシカ・タンディ)、脚色、メイクアップ賞受賞。主演男優(モーガン・フリーマン)、助演男優(ダン・エイクロイド)、編集、美術賞ノミネート



教職を引退した未亡人デイジーは運転中に事故を起こしそうになったため、息子から専用運転手として黒人ホークをつけられる。運転手なんて金持ちぶっててイヤとデイジーは乗車拒否を続けるが、黙々と仕事をこなすホークに根負けし、ついに車に乗り込む。それから25年ふたりの間に友情が根付いていく。ほのぼのとした雰囲気の中、人種問題と老いをさりげなく盛り込む。しゃきっとしたジェシカ・タンディ、軽妙なモーガン・フリーマン。名優2人の魅力で作品全体が満たされる。認知症になっていたデイジーがホークに「あなたは一番のお友達よ」と告げる場面がよい。地味な題材にしてアカデミー作品賞、全米興行収入1億ドル突破、底力のある作品。
☆☆☆★★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

2016.02.26 Friday | 00:18 | 映画300字レビュー | comments(2) | - |

スポンサーサイト


2019.10.20 Sunday | 00:18 | - | - | - |

コメント

真夜中のカーボーイとカッコーの巣の上で。
はじめて観たのは10代の時。どちらもつらいラストでしたが、記憶にしっかり残っています。
本作ドライビングMissデイジー。
“この二人の俳優さん”でなくてはいけなかった作品だと思います。
3作品共、俳優さんたちの力を感じる作品。映画っていいなと思う作品です。
2016/02/26 7:50 PM by パール
パールさん、こんばんわ。

3作品とも良い映画ですよね。

「ドライビングMissデイジー」はこの2人でなければ、アカデミー賞もとれなかっただろうし、ヒットもしなかっただろうと思います。監督のブルース・ベレスフォードはアカデミー監督賞にノミネートされていないし(^^; 俳優の力でもっている作品ですね。
2016/02/26 8:14 PM by moviepad

コメントする









▲top