映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< シンデレラマン | TOP | アンナ・クリスティ >>

ザ・ファイター

ザ・ファイター(2010 アメリカ)

ザ・ファイター(2010)原題   THE FIGHTER
監督   デヴィッド・O・ラッセル
原案   キース・ドリントン ポール・タマシー エリック・ジョンソン
脚本   スコット・シルヴァー ポール・タマシー エリック・ジョンソン
撮影   ホイテ・ヴァン・ホイテマ
音楽   マイケル・ブルック
出演   マーク・ウォールバーグ クリスチャン・ベール エイミー・アダムス
      メリッサ・レオ ジャック・マクギー メリッサ・マクミーキン ビアンカ・ハンター
      エリカ・マクダーモット デンドリー・テイラー ジェナ・ラミア フランク・レンズーリ
      マイケル・バッファー シュガー・レイ・レナード ジャクソン・ニコル

第83回(2010年)アカデミー賞助演男優(クリスチャン・ベール)、助演女優(メリッサ・レオ)賞受賞。作品、監督、助演女優(エイミー・アダムス)、脚本、編集賞ノミネート



実在のボクサー、ミッキー・ウォードと異父兄弟のディッキーを描いた作品。ミッキーは真面目な性格で過保護な母やかつての名ボクサーの兄に言われるまま試合に挑み続けるが、1勝もできない状態が続く。トレーナーを変えたところ軌道に乗り出す。だが、刑務所に収監されていた兄が出所し、自分こそがミッキーのトレーナーだと主張する。大減量、歯並びを替え、髪を抜くなどすさまじい役作りが話題となったクリスチャン・ベールと怪物のような母親を演じたメリッサ・レオが濃すぎる。主役の存在感が薄いため、ラスト場面もカタルシスなし。アカデミー賞でも主演マーク・ウォールバーグだけが主要キャスト中、ノミネート漏れ。こんな伝記映画あり?
☆☆☆★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



※ マーク・ウォールバーグは主演男優賞ノミネートは逃したものの、本作のプロデューサーのひとりとして(作品賞の)候補者となっている。
2016.04.06 Wednesday | 01:33 | 映画300字レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2019.09.05 Thursday | 01:33 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top