映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE | TOP | スター・ウォーズ >>

ハリウッドにくちづけ

ハリウッドにくちづけ(1990 アメリカ)

ハリウッドにくちづけ原題   POSTCARDS FROM THE EDGE
監督   マイク・ニコルズ
原作   キャリー・フィッシャー 『崖っぷちからのはがき』 
脚本   キャリー・フィッシャー
撮影   ミヒャエル・バルハウス
作詞作曲 シェル・シルヴァースタイン
音楽   カーリー・サイモン
出演   メリル・ストリープ シャーリー・マクレーン デニス・クエイド
      ジーン・ハックマン リチャード・ドレイファス アネット・ベニング
      サイモン・キャロウ オリヴァー・プラット アンソニー・ヒールド
      ロブ・ライナー メアリー・ウィックス コンラッド・ベイン

第63回(1990年)アカデミー賞主演女優(メリル・ストリープ)、歌曲賞("I'm Checkin' Out")ノミネート



キャリー・フィッシャーが自伝をもとに自ら脚本を手掛けた作品。「スター・ウォーズ」の成功後、プレッシャーでドラッグ中毒に苦しむ自分、母のデビー・レイノルズとの関係をほうふつさせる内容となっている。いわゆる業界内幕ものだが、2大女優の存在感と歌、内容とはうらはらコメディタッチであるため気軽に見ることができる。メリルが女たらしのプロデューサーに別れを告げる場面、ラストクレジットにのせて"I'm Checkin' Out"をシャウト気味に歌うところが見どころ。シャーリー・マクレーンが歌う"I'm Still Here"はスティーヴン・ソンドハイム作!ちなみにSWのことは全く出てきませんのであしからず。
☆☆☆★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



★trivia
・シャーリー・マクレーンが演じた母親ドリスのモデルとなっているデビー・レイノルズ。彼女は自分でこの役を演じたがったがマイク・ニコルズから"あなたは適役ではない"と却下された。

・『サイコ』で知られるジャネット・リーは、娘のジェイミー・リー・カーティスと一緒にこの映画に出たがっていた。また、ライザ・ミネリは本作をみて、自分とジュディ・ガーランドとの関係によく似ていると語っている。

・メリル・ストリープは吹替えなし、自分で歌っている。"I'm Checkin' Out"がアカデミー歌曲賞にノミネートされた際、メリルは妊娠中でナーヴァスな状態だったため、授賞式ではカントリー歌手リーバ・マッキンタイアに代役を頼んでいる。I'm Checkin Out Reba McEntire。メリルが授賞式で生歌唱する場面、一回くらい見てみたいですねえ。

・ラナ・ターナーは本作を見て激怒。理由は...映画観た方にはおわかりですね。
シャーリー・マクレーンがメリルに向かって「私はひどい母親だった?ジョーン・クロフォードラナ・ターナーのほうがまし?( I was such an awful mother... what if you had a mother like Joan Crawford or Lana Turner?)」メリル「あなたとジョーン、ラナの中から選ばなきゃいけないの?(These are the options? You, Joan or Lana?)」
メリルの台詞は笑える箇所なのだが、言い終わらないうちにシャーリーが台詞をかぶせているためビデオ版字幕には反映されていない。DVDではどうなんだろう?この場面、上記予告編動画に出てきますよ!

・アカデミー賞授賞式でのデビー・レイノルズとキャリー・フィッシャー共演。
デビー・レイノルズは「私は今回ノミネート有力と言われていたけど、残念でした。でも、私と同じように有力と言われて落選した人は、マドンナ、バーブラ・ストライザンド、コートニー・ラヴ...何てわかりやすい人たち」



スポンサーサイト


2018.09.16 Sunday | 00:47 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/856

トラックバック

▲top