映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 007/慰めの報酬 | TOP | 007 スペクター >>

007 スカイフォール

007 スカイフォール(2012 イギリス・アメリカ)

007 スカイフォール(2012)原題   SKYFALL
監督   サム・メンデス
キャラクター創造   イアン・フレミング
脚本   ニール・パーヴィス ロバート・ウェイド ジョン・ローガン
撮影   ロジャー・ディーキンス
音楽   トーマス・ニューマン
出演   ダニエル・クレイグ ハビエル・バルデム レイフ・ファインズ
      ナオミ・ハリス ベレニス・マルロー アルバート・フィニー
      ベン・ウィショー ジュディ・デンチ ロリー・キニア
      オーラ・ラパス ヘレン・マックロリー トニア・ソティロプールー

第85回(2012年)アカデミー賞歌曲(“Skyfall”)、音響編集賞受賞。撮影、作曲、録音賞ノミネート。第66回(2912年)英国アカデミー賞英国作品賞、作曲賞受賞。助演男優(ハビエル・バルデム)、助演女優(ジュディ・デンチ)、撮影、美術、編集、音響賞ノミネート。



007シリーズ第23作。英国諜報部員リストが盗まれ諜報部内にテロが発生。Mは退職勧告を受けるが「必ず犯人を捕まえる」と突っぱねる。犯人はMに恨みをもつ元英国諜報部員だった。「このハイテク時代、諜報部員なんて時代遅れ」と女性大臣がMを罵倒するが、Mが反論しているさなか、影="諜報部員が戦っている目に見えぬ敵"が襲ってくるという演出が巧い。オーソドックスな列車や地下鉄でのアクション場面を織り交ぜ、結局は昔ながらの武器で戦う。映像も作品テーマ同様、過去の長所を残しつつ現代性との融和を図っている。シリーズ50周年記念作にふさわしい傑作。今後これ以上の007映画は作れないかも?と不安を抱かせるほど。
☆☆☆☆
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



☆ ボンドガール
ベレニス・マーロウ ベレニス・マーロウ  セヴリン役

シャワー場面も披露し、妖艶な魅力をふりまくが
登場は前半に集中、かつ出演時間も短いため、存在感薄し。

それもそのはず、今回のボンド・ガールは
実質上...

ジュディ・デンチ
ワタシよ。ビッチじゃないわ。

☆ 興行成績
製作費 $200,000,000
興行収入 $1,108,561,013
Skyfall(Box Office Mojo)

☆ 批評
Skyfall (Rotten Tomatoes)

☆ 主題歌
アデル "SKYFALL"
英 最高2位 米 最高8位
英、米ともにベスト10入りしたのはポール・マッカートニー&ウィング、シーナ・イーストン、デュラン・デュラン、マドンナに続き5組目。

ダニエル・クレイグがアデルの起用を強く希望したと言われている。
当初、アデルは「私は体験をもとに曲を作っているから」と依頼を断ったが、「それでもいい」と言われ受諾。
その結果、映画とともに曲も大ヒット。007映画初のアカデミー歌曲賞受賞となった。本作の興行的成功に大きく貢献したと評価され、次回作のオファーもなされた。アデルは曲を作っており、製作陣に聴かせたと報道されたが...もしかしてボツった?
Skyfall Lyrics



サウンドトラック
英 最高36位 米 最高100位


※ 参考
・タイトルのskyfallは「例え天が落ちようとも(全てをなくしても、世界が終わろうとも)正義を成就せよ」というラテン語の格言からとられたものらしい。
・「007/ゴールデンアイ」(1995)から7作にわたってM役を演じたジュディ・デンチ。プロデューサーのバーバラ・ブロッコリが「彼女は降板すると過去何度も脅しをかけてきたけど、絶対に手放さない」と公言していたが、デンチは加齢黄斑変性によって視力が低下し、台本が読めなくなっているとのことで、引き留めるのも限界だったか。本作は実質的主演。最良の花道を用意された。
・新レギュラーがお目見え。Mはレイフ・ファインズ、新米Qはベン・ウィショー。「諜報部員なんて銃を撃つときに必要なだけ」「お好みはペン型爆撃機?あれはアンティークです。」と言い放つ。あほんだら!観客はアホなおもちゃを楽しみにしとるんじゃ。

アホなおもちゃたち



冒頭でボンドを撃ってしまったアシスタント、イヴ(マネーペニー)にナオミ・ハリスが登場。現場に同行したイヴ、今後はやっぱり秘書?
007 スカイフォール(Wiki)
Skyfall(James Bond Wiki)

スポンサーサイト


2017.12.12 Tuesday | 01:11 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/838

トラックバック

▲top