映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 007/カジノ・ロワイヤル(2006) | TOP | 007 スカイフォール >>

007/慰めの報酬

007/慰めの報酬(2008 イギリス・アメリカ)

007/慰めの報酬(2008)原題   QUANTUM OF SOLACE
監督   マーク・フォースター
原作   イアン・フレミング
脚本   ニール・パーヴィス ロバート・ウェイド ポール・ハギス
撮影   ロベルト・シェイファー
音楽   デヴィッド・アーノルド
出演   ダニエル・クレイグ オルガ・キュリレンコ マチュー・アマルリック
      ジュディ・デンチ ジェフリー・ライト ジェマ・アータートン
      イェスパー・クリステンセン デヴィッド・ハーバー アナトール・トーブマン
      ロリー・キニアタナー ジャンカルロ・ジャンニーニ ホアキン・コシオ
      グレン・フォスター フェルナンド・ギーエン・クエルボ スタナ・カティック
      ニール・ジャクソン サイモン・カシアニデス

第62回(2008年)英国アカデミー賞音響賞、特殊効果賞ノミネート。



007シリーズ第22弾。前作の続きからドラマが始まるのはシリーズ初。アクション場面のカメラ・ワークが無駄に細かすぎて、パタパタ感しか残らない。そのくせ説明台詞がやたら多く、テンポのバランスが悪い。復讐をメインにしつつも"誰も信用できない。敵見方の区別がつきにくい時代。悪人とでも手を組まないと生き延びれない。"と言いたげだったり、Mはやたらと「手掛かりを殺さないで。あなた何人殺したの」とボンドをなじってみたり、結局何が描きたいの?笑える箇所もなくシリアス一辺倒。007映画の美点がことごとく削られており、歴代作品の中で最も魅力に乏しい作品。敵を砂漠に置き去りにすることが慰め?ラストは唐突すぎです。
☆☆
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



☆ ボンドガール
オルガ・キュリレンコオルガ・キュリレンコ (カミーユ役)

☆ 興行成績
製作費 $200,000,000
興行収入 $586,090,727(世界)
Quantum of Solace (Box Office Mojo)

☆ 批評
Quantum of Solace( Rotten Tomatoes)

☆ 主題歌
アリシア・キース ジャック・ホワイト "Another Way To Die"
ボンド主題歌初のデュエット曲。
英 最高9位 米 最高81位
Another Way To Die Lyrics


これ、歴代最悪のテーマ曲じゃね。

サウンドトラック チャートインせず


※ 参考
・映画のクオリティではなく個人的好き嫌いだけで申せば、本作が007シリーズ中、ぶっちぎりのワースト!
戦犯はおそらくポール・ハギス。あんな薄っぺらい(頭髪含む)深刻ブリッコ脚本家2度と使うなよ。
あと、マーク・フォースター監督もこの手の映画は苦手なようで。
007 慰めの報酬(Wiki)
Quantum of Solace(James Bond Wiki)

スポンサーサイト


2017.03.12 Sunday | 00:01 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/837

トラックバック

▲top