映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 007/ゴールデンアイ | TOP | 007/ワールド・イズ・ノット・イナフ >>

007/トゥモロー・ネバー・ダイ

007/トゥモロー・ネバー・ダイ(1997 アメリカ)

007/トゥモロー・ネバー・ダイ(1997)原題   TOMORROW NEVER DIES
監督   ロジャー・スポティスウッド
脚本   ブルース・フィアスティン
撮影   ロバート・エルスウィット
音楽   デヴィッド・アーノルド
出演   ピアース・ブロスナン ジョナサン・プライス ミシェル・ヨー
      テリー・ハッチャー リッキー・ジェイ ゲッツ・オットー ジュディ・デンチ
      デスモンド・リュウェリン サマンサ・ボンド ヴィンセント・スキャヴェリ
      ジョー・ドン・ベイカー コリン・サーモン ジェラルド・バトラー



007シリーズ第18弾。英国戦艦が中国領海近くで攻撃を受けた。ボンドの調査により、メディア王カーヴァーの仕業で英国と中国を戦争するように仕向け、ニュースを独占しようとしていたことが判明する。物語は現代風味だが、その分悪役が迫力不足。ピアース・ブロスナンは2作目にして随分恰幅がよくなり貫禄が出た。銃の撃ち方がかっこいい。赤ジャケットに身を包んだQから提供された"レンタカー"や、バイクとヘリコプターのチェイス場面は定番のマンガチックな楽しさ。ボンドガール、テリー・ハッチャーが中盤であっさり死んだのは驚いたが、その分ミシェル・ヨーがボンド顔負けのアクションで大活躍。Mが"情報操作"するオチは上手い。
☆☆☆★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



☆ ボンドガール
ミシェル・ヨー (ウェイ・リン役)
ミシェル・ヨー

ミシェル・ヨーはスタントなしで全て演じたがっていたが、保険契約の関係で却下された。
また、プロデューサーはこの役をベースとしたシリーズものの映画を製作したいと考えていたが、結局実現しなかった。

テリー・ハッチャー (パリス・カーヴァー役)
テリー・ハッチャー

撮影当時、テリー・ハッチャーは妊娠中だったため、彼女の出演場面は先に終了させている。とはいうものの...ピアース・ブロスナンいわく、撮影中テリー・ハッチャーの「ストーカー」行為に悩まされていたという。妊娠中、他の男をストーカーするオンナって...?

☆ 興行成績
製作費 $110,000,000
興行収入 $333,011,068(世界)
Tomorrow Never Dies (Box Office Mojo)

☆ 批評
Tomorrow Never Dies (Rotten Tomatoes)

☆ 主題歌
シェリル・クロウ "Tomorrow Never Dies"
英 最高12位 米 ランクインせず
Tomorrow Never Dies Lyrics



Moby "James Bond Theme"
英 最高8位 米 ランクインせず



エンディング
k.d.ラング "Surrender"
Surrender Lyrics

サウンドトラック
米 最高位197位。



※ 参考
・本作よりボンドの銃はワルサーPPKから"Qに頼んでいたもの"ワルサーP99に変更されている。
・ジョナサン・プライスが演じたメディア王エリオット・カーヴァーは、ロバート・マクスウェルをモデルにしていると思われる。その一方、ルパート・マードックを皮肉った要素もある。
007 トゥモロー・ネバー・ダイ(wiki)
Tomorrow Never Dies(James Bond Wiki)

スポンサーサイト


2017.08.15 Tuesday | 00:12 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/833

トラックバック

▲top