映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 007/消されたライセンス | TOP | 007/トゥモロー・ネバー・ダイ >>

007/ゴールデンアイ

007/ゴールデンアイ(1995 イギリス・アメリカ)

007 ゴールデンアイ原題   GOLDENEYE
監督   マーティン・キャンベル
原案   マイケル・フランス
脚本   ジェフリー・ケイン ブルース・フィアスティン
撮影   フィル・メヒュー
特撮   デレク・メディングス
音楽   エリック・セラ
出演   ピアース・ブロスナン ショーン・ビーン イザベラ・スコルプコ
    ファムケ・ヤンセン ジョー・ドン・ベイカー チェッキー・カリョ
    ゴットフリード・ジョン アラン・カミング セレナ・ゴードン
    デスモンド・リュウェリン サマンサ・ボンド ジュディ・デンチ
    ミニー・ドライヴァー ロビー・コルトレーン



007シリーズ第17弾。権利関係のもつれで6年のブランクのあと、本作よりピアース・ブロスナンがボンドを演じる。モナコを訪れていたボンドは、フランス海軍NATOのタイガー・ヘリコプターが国際犯罪組織ヤヌスに奪われる事件に遭遇、死んだと思っていた同僚が敵となって立ちふさがる。コンピューターおたくのアラン・カミング、S気のあるイカレ女を演じたファムケ・ヤンセンなど新しいタイプの人物が登場。肝心のブロスナンは線の細さが目立つがスーツ姿はばっちり決まる。戦車で街を駆け抜ける場面は007定番的面白さ。カメラワークもよい。イザベラ・スコルプコのカーディガン姿には戸惑ったが、気の強さで人気ボンドガールとなる。
☆☆☆★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



☆ 5代目ジェームズ・ボンド
ピアース・ブロスナン

ピアース・ブロスナン

ピアース・ブロスナンもロジャー・ムーアやティモシー・ダルトン同様、過去にもオファーされながら引き受けられなかった経緯をもつ。ロジャー・ムーアが降板を表明したあとオファーを受けたが、それをかぎつけたNBCが既に終了していたブロスナン主演のTVドラマ『探偵レミントン』を再開させるという荒業に出たため、辞退せざるをえなくなり、4代目ボンドはティモシー・ダルトンに決まった。ダルトンの2作目『007 消されたライセンス』が興行的にやや低調、かつ著作権のトラブルもありシリーズは6年間中断。ダルトンは契約終了となり降板したため、ようやくピアース・ブロスナンがボンド役を得た。

 当時、ボンド役の第一候補はブロスナンではなく、リーアム・ニーソンだったと言われている。リーアムは「アクション映画に惹かれない」という理由で断ったと報じられた。でもその後、『96時間』に出演。???案の定、リーアムは最近になって「ボンド役のオファーは受けた。ただ他の俳優にもオファーはいっていたはず。結局、(当時婚約中だった)ナターシャ・リチャードソンから"ボンド役を引き受けるのなら結婚はなし"と言われたため断念した」と真相?を告白している。他、ボンド役候補として噂されたのはポール・マッギャン、サム・ニール、メル・ギブソン、ヒュー・グラント、ランベール・ウィルソンなど。

ブロスナンのボンドは”コネリーとムーアの長所を取り入れ、さらにスマートさを加えた"と言われ、アクションの切れの良さもあり(走り方はダサいけど)コネリー以来最高のボンド(注:ダニエル・クレイグも同じことを言われているんですが)と絶賛された。歴代ボンド人気投票でもコネリーに続く2位となった。4作終了後、本人は続投を希望していたが、電話一本で降板させられてしまった。ブロスナンはその後、数々のインタビューでボンド役への未練を口にし続けている。映画ファンとしてもやや不可解な降板劇だったが、その理由についてネット上の憶測をまとめると大体こんなところか。

・興行的に成功したといっても、製作費も膨れ上がっており、収益率は歴代ボンド俳優に比べ低かった。
・ブロズナンは持病もあり、死別した前妻カサンドラ・ハリス(『ユア・アイズ・オンリー』のボンドガール)の連れ子が薬物スキャンダルを起こしていたため、製作サイドは契約更新に二の足を踏んだ。
・ブロズナンが破額のギャラをふっかけた。

一番説得力のある理由はこれかな?
・原作1作目「カジノ・ロワイヤル」の再映画化の権利を得ることができたため、ボンドが007になる過程を描きたい。そうなると、ブロズナンでは年齢、イメージ的に無理が生じる。

どちらにしろブロスナンが降板後、恨み節を幾度となく語り自らの名声を落としているのは残念。黙ってたほうがカッコイイのに。

007シリーズ ピアース・ブロスナン主演作一覧
・「007/ゴールデンアイ」 (1995)
・「007/トゥモロー・ネバー・ダイ」 (1997)
・「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」 (1999)
・「007/ダイ・アナザー・デイ」 (2002)

☆ ボンドガール
イザベラ・スコルプコ (ロシア人コンピューター技術士 ナターリア・シミョノヴァ役)

ファムケ・ヤンセン (暗殺者ゼニア・オナトップ役)

イザベラ・スコルプコ ファムケ・ヤンセン

☆ 興行成績
製作費 $60,000,000[1]
興行収入 $356,429,941(世界)

☆ 批評
GoldenEye (Rotten Tomatoes)

☆ 主題歌
ティナ・ターナー "GoldenEye"
U2のボノとジ・エッジが作詞・作曲。
英 最高10位 米 R&Bチャートで最高89位
Goldeneye Lyrics



サウンドトラック 米 最高180位



※ 参考
・1990年代、実際のMI5(MI6ではない)のトップが女性だというニュースを受けてM役がジュディ・デンチに。分析結果を重視するMは「数字の魔女」と揶揄される。ボンドを「女性軽視の恐竜で冷戦の遺物」とみなすが、徐々に認めるようになる。
007 ゴールデンアイ (wiki)
GoldenEye(James Bond Wiki)

スポンサーサイト


2017.12.12 Tuesday | 00:44 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/832

トラックバック

▲top