映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 007/リビング・デイライツ | TOP | 007/ゴールデンアイ >>

007/消されたライセンス

007/消されたライセンス(1989 イギリス・アメリカ)

007/消されたライセンス原題   LICENCE TO KILL LICENSE TO KILL [米]
監督   ジョン・グレン
脚本   マイケル・G・ウィルソン リチャード・メイボーム
撮影   アレック・ミルズ
音楽   マイケル・ケイメン
出演   ティモシー・ダルトン キャリー・ローウェル ロバート・ダヴィ
      タリサ・ソト アンソニー・ザーブ フランク・マクレー エヴェレット・マッギル
      ウェイン・ニュートン デスモンド・リュウェリン デヴィッド・ヘディソン
      ベニチオ・デル・トロ グランド・L・ブッシュ ケイリー=ヒロユキ・タガワ
      ロバート・ブラウン キャロライン・ブリス アンソニー・スターク



007シリーズ第16弾。ボンドは友人フェリックス・ライダーの結婚式でフロリダを訪れていたが、逮捕した麻薬王サンチェスが脱走し、ライダーに重傷を負わせ、妻を殺してしまう。ボンドはMの制止を無視し、"殺しの許可証"を失う覚悟で復讐を誓う。。冒頭の"魚釣り"場面やサメのエサにされる刑などボンドらしいお遊びも見られるが、前作同様、ハードなつくり。スパイが私情で動くという物語は反則でしょう。それ以外はいつもの展開。Qがわざわざ武器をもって出向くのには笑った。麻薬倉庫が爆発した後のアクション場面はさすがの迫力。ダルトンボンドの最終作。冷戦下で製作された最後の作品で、今後シリーズは大きな方向転換を迫られる。
☆☆☆★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



☆ ボンドガール
キャリー・ローウェル リサ・ソトキャリー・ローウェル
現リチャード・ギア夫人です。

タリサ・ソト

☆ 興行成績
製作費 $40,000,000
興行収入 $156,167,015(全世界)

☆ 批評
Licence to Kill (Rotten Tomatoes)

☆ 主題歌
グラディス・ナイト "License To Kill"
英 最高6位。米 R&Bチャート最高69位
Licence To Kill Lyrics



エンディングテーマ
パティ・ラベル "If You Asked Me To"
英 最高79位 米 R&Bチャート最高10位
If You Asked Me To - Single Version Lyrics

のちにセリーズ・ディオンがカバーし、米で最高4位となるヒット。Céline Dion - If You Asked Me To



主題歌、エンディングともにR&Bの大御所歌手を起用したが、アメリカでは総合チャートでランクインできず。

・サウンドトラック


※ 参考
・ヘミングウェイ記念館
ヘミングウェイ記念館

ここでボンドはMから"命令にそむくなら辞職して銃も返却しろ"と迫られ、「武器よさらば」だなとうそぶきます。

007 消されたライセンス(wiki)
Licence to Kill (James Bond Wiki)

スポンサーサイト


2017.08.15 Tuesday | 00:02 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/831

トラックバック

▲top