映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 007/美しき獲物たち | TOP | 007/消されたライセンス >>

007/リビング・デイライツ

007/リビング・デイライツ(1987 イギリス)

007 リビング・デイライツ原題   THE LIVING DAYLIGHTS
監督   ジョン・グレン
原作   イアン・フレミング
脚本   リチャード・メイボーム マイケル・G・ウィルソン
撮影   アレック・ミルズ
音楽   ジョン・バリー
出演   ティモシー・ダルトン マリアム・ダボ ジェローン・クラッベ ジョー・ドン・ベイカー
      ジョン・リス=デイヴィス アート・マリク アンドレアス・ウィズニュースキー
      デスモンド・リュウェリン ロバート・ブラウン ジェフリー・キーン ウォルター・ゴテル キャロライン・ブリス



007シリーズ第15弾。KGBのコスコフ高官が亡命を希望、ボンドはその手助けをした際、KGB長官プーシキンが西側スパイ暗殺計画を進めていることを知る。だが、その後コスコフと武器商人ウイティカーと関わりが明らかになる。ウイティカーは大量の麻薬取引計画を進めていた。4代目ボンド、ティモシー・ダルトンの初登場作。歴代ボンド中、原作に最もイメージが近いと言われ、ダンディな魅力をふりまく。前作までのマンガチックなノリは影を潜めシリアスな雰囲気。ラスト、戦闘機からジープで脱出する場面はさりげないけど良い。戦争オタクの描写に無駄な金をかけてます。(笑)KGB高官ってあんな落ち着きのないおっさんでもなれるの?
☆☆☆★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



☆ 4代目ジェームズ・ボンド
ティモシー・ダルトン
ティモシー・ダルトン

ティモシー・ダルトンもロジャー・ムーア同様、過去にもオファーを受けていた。
まず、コネリー降板後の1971年、「まだ若すぎる」という理由で辞退した。また、『ムーンレイカー』の後、ロジャー・ムーアが降板の意思を示したため、『ユア・アイズ・オンリー』のボンド役としてオファーを受けたが、スケジュールの都合で断念。『美しき獲物たち』のあと、ムーアは正式に降板。4代目ボンドはサム・ニールに決まりかけてたが、プロデューサーが却下。ピアース・ブロスナンにオファーがいくも、ブロスナンもTV契約が残っていて受けられず、ダルトンに3度めのオファーを出しようやくボンド役に決まった。『消されたライセンス』のあと、007シリーズは権利関係のもつれで6年のブランクがあき、その間にダルトンはボンド役への情熱を失ってしまい6年契約終了とともに降板。出演が2作にとどまったため他のボンドに比べて影が薄いが、歴代ボンド役のなかで原作のイメージに最も近いと言われ、若々しく活動的な新しいボンド像をつくりあげたと評価する声もある。個人的にダルトンのボンドは結構好きで、あと2〜3本観たかったな、という気がする(『ユア・アイズ・オンリー』で決まっていたら、『オクトパシー』と『美しき獲物たち』も彼が演じる予定であった)。2作目の『007消されたライセンス』は興行的にやや不振だったが、作品の出来というよりは1989年、冷戦が終結、007の物語パターンが時代に合わなくなった頃に公開される不運によるものが大きかった。いろんな意味でタイミングに恵まれなかった人。

007シリーズ ティモシー・ダルトン主演作一覧
・「007/リビング・デイライツ」(1987)
・「007/消されたライセンス」(1989)

☆ ボンドガール
マリアム・ダボ.マリアム・ダボ
ボンド役候補のスクリーンテストの相手役をしていたところ、そのままボンド・ガールに選ばれた。
セクシーな場面はほとんどないし、知的でもクールでもないが
"オンナ"を全面的に出した演技はなかなかよかった。

☆ 興行成績
製作費 $40,000,000
興行収入 $191,200,000 (全世界)

☆ 批評
The Living Daylights (Rotten Tomatoes)

☆ 主題歌
a-ha  "The Living Daylights"
英 最高5位 米 未発売。
The Living Daylights Lyrics

ノルウェー出身の3人組バンド。PVも話題になった"Take On Me"の世界的ヒットで知られる。


主題歌、当初、ペット・ショップ・ボーイズの"This Must Be The Place I've Waited Years To Leave"の予定だったが、歌詞が宗教的すぎるということで却下。

a-haのボーカル、モートン・ハルケットはルックスの良さを買われ、悪役のひとりで出演依頼があったが、日本ツアーを理由に!断っている。モートンは演技力ではなく人気でキャスティングされたことに違和感を覚えていたという。

a-haとジョン・バリーは音楽的に対立、"Living Daylights" にはジョン・パリーミックス版とa-haミックス版の二つが存在する。ジョン・バリーは本作を最後に007シリーズから退いている。

エンディング
プリテンダーズ "If There Was A Man"
英 最高49位 米 ランキインせず
主題歌とエンディングテーマが違うのは007シリーズではじめて。
If There Was a Man Lyrics



サウンドトラック
ランクインせず



※ 参考
・ボンドカー アストンマーチン・V8が登場。
アストンマーチン・V8 ヴァンテージ ヴォランテ

・原題の"LIVING DAYLIGHTS"は「意識、正気」という意味。
007 リビング・デイライツ(wiki)
The Living Daylights(James Bond Wiki)

スポンサーサイト


2017.12.12 Tuesday | 00:01 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/830

トラックバック

▲top