映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< 007/ユア・アイズ・オンリー | TOP | ネバーセイ・ネバーアゲイン >>

007/オクトパシー

007/オクトパシー(1983 イギリス)

007/オクトパシー(1983)原題   OCTOPUSSY
監督   ジョン・グレン
原作   イアン・フレミング
脚本   ジョージ・マクドナルド・フレイザー
撮影   アラン・ヒューム
音楽   ジョン・バリー
出演   ロジャー・ムーア モード・アダムス ルイ・ジュールダン
      クリスティナ・ウェイボーン カビール・ベディ スティーヴン・バーコフ
      ヴィジェイ・アムリタラ ウォルター・ゴテル ロバート・ブラウン
      デスモンド・リュウェリン ロイス・マクスウェル



007シリーズ第13弾。ボンドは宝石の密輸事件を追っているうち、女性実業家オクトパシーを利用してNATOの軍事施設破壊をもくろむインド王族カマルの存在が明らかになる。ボンドガール再登場のモード・アダムスは妖艶な魅力をふりまくが、出番が少ないのが残念。肝心のアクション場面は、ボンドが列車で格闘するところまではよかったが、ラストにいくにしたがって設定に無理が出てきて、飛行機に飛びつく箇所になるとありえなさすぎて全然ハラハラしない。タカ派?のソ連将軍は滑稽なだけで、悪役が総じて魅力に乏しい。ムーアボンドにつきもののユーモアも欠けているが、降板を表明していたムーアを急遽連れ戻したという裏事情ゆえか。
☆☆★★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



☆ ボンドガール
モード・アダムス オクトパシーモード・アダムス (オクトパシー役)
モード・アダムスは『黄金銃を持つ男』に続き、2度めの登場。前回は途中で死ぬ役だったが、今回はメインのボードガールに格上げした。その後、『美しき獲物たち』へもカメオ出演している。

ところでこのオクトパシーという役名。タコ(octopus)にかけたネーミングなんでしょうけど
OCTOPUSSY....。

☆ 興行成績
製作費 $27,500,000
興行収入 $187,500,000(全世界)

☆ 批評
Octopussy (Rotten Tomatoes)

☆ 主題歌
リタ・クーリッジ "All Time High"
英 最高75位  米 最高36位
All Time High Lyrics



サウンドトラック チャートインなし


※ 参考
007 オクトパシー(wiki)
Octopussy(James Bond Wiki)

スポンサーサイト


2020.08.03 Monday | 00:13 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top