映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 007は二度死ぬ | TOP | 女王陛下の007 >>

007/カジノ・ロワイヤル(1967)

007/カジノ・ロワイヤル(1967 イギリス)

007/カジノ・ロワイヤル(1967)原題   CASINO ROYALE
監督   ジョン・ヒューストン ケン・ヒューズ
      ロバート・パリッシュ ジョセフ・マクグラス ヴァル・ゲスト
原作   イアン・フレミング
脚本   ウォルフ・マンキウィッツ ジョン・ロウ マイケル・セイヤーズ
撮影   ジャック・ヒルデヤード
音楽   バート・バカラック
出演   ピーター・セラーズ デヴィッド・ニーヴン デボラ・カー
      ウィリアム・ホールデン ウディ・アレン ウルスラ・アンドレス
      ダリア・ラヴィ テレンス・クーパー ジョン・ヒューストン
      シャルル・ボワイエ オーソン・ウェルズ ジャクリーン・ビセット
      バーバラ・ブーシェ キャロライン・マンロー ジョアンナ・ペティット
      アンナ・クエイル トレイシー・リード

第40回(1967年)アカデミー賞歌曲賞ノミネート(『恋の面影』 "The Look of Love")



本家007のイオン・プロが原作の著作権を押さえられなかったことを利用して作られた番外編。当初はシリアスなものをつくる予定だったが、007のパロディ映画に方向転換した。とにかく無駄が多い作品。無駄に金をかけ、無駄にキャスティングが豪華で、無駄に主題歌がよい。5人の監督が手掛けたため、作品トーンに統一感がなくオムニバス映画をみているようだ。デヴィッド・ニーヴン演じるジェームズ・ボンド卿は女が苦手という設定だが、いい女は山ほど登場!本家ファンにはウルスラ・アンドレスの出演が嬉しい。ミス太ももを片づけてくれたし。カルト映画の趣だが個人的には結構好き。ドクター・ノアがアノ人だったのはいただけませんなあ。
☆☆☆★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



☆ 興行成績
製作費 $12,000,000
興行収入 $41,744,718(世界)

☆ 批評
Casino Royale (1967) - Rotten Tomatoes
案の定、よくないですね。もっと後の時代に作られていたらラジー賞もの...。

☆ 主題歌
ダスティ・スプリングフィールド 『恋の面影』 "The Look of Love"

作曲をてがけたバート・バカラックはウルスラ・アンドレスにインスパイアされてこのメロディを書き上げている。皮肉なことに、本家007のどの主題歌よりこの曲のほうが良い。まあ、本家で使われるような曲調じゃないですけどね。多くの歌手にカバーされスタンダード化。この曲は2008年Grammy Hall of Fameに選ばれている。
The Look Of Love Lyrics



※ 参考
007 カジノロワイヤル (1967年の映画)
Casino Royale (1967 film)

スポンサーサイト


2017.08.15 Tuesday | 00:09 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/819

トラックバック

▲top