映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 男の敵 | TOP | 戦艦バウンティ号の叛乱 >>

デッド・エンド (1937)

デッドエンド(1937 アメリカ)

デッド・エンド(1937)原題   DEAD END
監督   ウィリアム・ワイラー
原作   シドニー・キングスレー
脚本   リリアン・ヘルマン
撮影   グレッグ・トーランド
音楽   アルフレッド・ニューマン
出演   ジョエル・マクリー ハンフリー・ボガート
      シルヴィア・シドニー ウェンディ・バリー
      クレア・トレヴァー アレン・ジェンキンス
      マージョリー・メイン ウォード・ボンド

第10回(1937年)アカデミー賞作品、助演女優(クレア・トレヴァー)、撮影、室内装置賞ノミネート



NY.イーストリバー・サイドの貧民街。港沿いの景色に目をつけた金持ちが越してくるようになり、貧富の差が生み出す確執を描きだす。殺人犯"ベビー・フェイス"マーティン(ハンフリー・ボガート)が逃走し、旧友デイヴ(ジョエル・マクリー)が追いかける場面で、奥深く精巧につくられた貧民街のセットが見事に浮かび上がる。人間は環境には抗えない、dead end(行き止まり、苦境)を抜け出すためにはその環境から抜け出すしかないというメッセージが読み取れる。不良少年たちはその後、"デッド・エンド・キッズ"として活躍。ボガードの元恋人の娼婦役クレア・トレヴァーはわずか5分の出演でアカデミー賞にノミネートされている。
☆☆☆☆
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



※ もうちょっとちゃんと調べろよ〜!クレア・トレヴァーが入っていないぞ。
20分以下の出演でアカデミー賞ゲットまたはノミネートのラッキーな俳優12人

スポンサーサイト


2017.05.25 Thursday | 00:11 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/781

トラックバック

▲top