映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< ドリームガールズ | TOP | 直前予想!第79回アカデミー賞「その2 助演男優賞」 >>

直前予想!第79回アカデミー賞「その1 助演女優賞」

今日から3日連続(あくまで予定ですが...)でアカデミー賞主要6部門の直前予想を行います。
実は去年もやっているのですが、おそらく誰も見ていないでしょう(笑)
めげずに、今年もやります!

今年の演技賞はすべて本命がおり、強力な対抗馬がいないという
アカデミー賞ウォッチャーにとっては退屈極まりない年。
最初に断ってしまいますが、僕の予想も演技賞&監督賞はすべて下馬評どおりです。
何とも芸のない話ですが、そー思うんだからしょうがない。
受賞予想の結果よりも、能書きを楽しんでいただければ幸いです。
作品賞だけは今年、ホントにわからんです。

助演女優賞の本命受賞確実度は、おそらく主演女優賞につぐものでしょう。

ノミネートは以下のとおり。

・アドリアナ・バラッザ 『バベル』
・ケイト・ブランシェット 『あるスキャンダルの覚え書き』
・アビゲイル・ブレスリン 『リトル・ミス・サンシャイン』
・ジェニファー・ハドソン 『ドリームガールズ』
・菊地凛子 『バベル』

本命は『ドリームガールズ』のジェニファー・ハドソン
僕が映画見たばかりだから、そう言っているのではありませんよ。
ゴールデン・グローブ賞、全米俳優組合賞をはじめ前哨戦もほぼ総ナメ。
向かうところ敵なし状態です。

ジェニファー・ハドソンは、『ドリームガールズ』で実質主演とも呼べる大役を見事にこなした。
何とこれが映画デビュー作!期待の新星という言葉がまさにぴったりです。
歌えればそれでいいのか?」「TV番組出身のものにオスカー?
なんてやっかみも聞こえてきそうですが『ドリームガールズ』は彼女の歌と存在感無しでは成り立たなかった作品。受賞を阻むほとの理由にはならないでしょう。
強いて言えば、そのキャリアの無さがウィークポイントと言えるかもしれない。
でも、ハリウッドでのキャリアの点から見れば他の候補者も大して変わりません。
そもそも助演女優賞のカテゴリーは演技賞で唯一、若手に優しい部門です。

対抗馬を強いてあげれば、『リトル・ミス・サンシャイン』のアビゲイル・ブレスリン
ただ、この映画で一番評価されているのは脚本の完成度。その脚本は、登場人物1人が突出するように作られていません。したがって、この映画への賛辞は作品賞、脚本賞に集中すると思われ、演技賞まではおハチがまわってこないと思われます。
また、子役を必要以上にもちあげるとどういう末路をたどるか − ハリウッドは嫌というほど知り抜いているはず。残念ながらアビゲイルちゃんはノミネートどまりでしょう。

菊地凛子は、ろうあ者の役をヌードも辞さない体当たり演技。
まさにアカデミー賞好みの役柄ではあるのですが...。
ただアカデミー賞は、あくまでアメリカの映画賞。演技の中ですら英語を話さなかった外国人にそう簡単に受賞させるとは思えない。『バベル』も作品賞の有力候補ですが、同作品からはアドリアナ・バラッザもノミネートされており作品支持者の中でも票割れしてしまう可能性が極めて高いデス。

ところで、彼女の場合は受賞の有無以前の問題として
乗り越えなければいけない大きな壁があります

これ....

早くもワーストドレッサーとして呼び声高し...。

オマエはビョークになりたいのか!!!
いっそのことシェールを目指せ!!!

....大変失礼しましたm(_ _)m
凛子サン、受賞しなくていいからアカデミー賞ではドレス外さないでね(笑)
それだけがとっても心配デス。

さて、気を取り直して、と(笑)
唯一の受賞経験者であるケイト・ブランシェット
まだ3回目のノミネート?と驚いてしまうほど、演技派女優としての地位を確立済。
メリル・ストリープのノミネート記録に迫る可能性のある女優は彼女!というのが定説となっています。ただ、ブランシェットに受賞させるなら次で主演で、と考える人も多いでしょうね
※『エリザベス』(1998)で受賞すべきだったのに、なぜかケロヨンに.....。
生徒と関係をもつ女教師という役柄は老アカデミー会員のマユをひそめさせかねないし
ノミネート作『あるスキャンダルの覚え書き』では主演のジュディ・デンチのほうが評価が高い。まして2年前、『アビエイター』で受賞したばかり。不利材料の多い今回、彼女の受賞の可能性はほとんどないでしょう。まあ、ノミネート用紙を見渡してみて、『誰も知らんな〜、あ、この女優なら知ってるぞ。彼女にでも入れとくか』というケシカラン投票者が多数出てくれば話は別ですがね。

ということでここは
大本命、ジェニファー・ハドソン
対抗、アビゲイル・ブレスリン
大穴、菊地凛子といったところでしょうか?

人気blogランキングこの記事を楽しんでいただけましたら左のバナーにクリックお願いします!

スポンサーサイト


2020.01.20 Monday | 21:05 | - | - | - |

コメント

こんにちは!
いよいよですね〜アカデミー賞授賞式!
当日はWOWOW独占生中継でチェック予定です。
助演女優賞はジェニファー、助演男優賞はエディだといいなぁ〜と、他の映画もろくに知らずに思っていますが、主演男優賞は、フォレスト・ウィッテカーでしょうか?レオ君は逃してしまうでしょうか?何とか受賞させてくれないかしら?お願いします!!
。。。所詮、スターの衣装を見るのが楽しみなミーハー人間のコメントでスミマセン!
2007/02/22 5:18 PM by 由香
由香さん、こんばんわ。

たった今、主演男優賞の予想をUpしましたがレオ君に関してはひと言ですませてしまいました。(笑)ご気分を害されないことを深くお祈りいたします。

>スターの衣装を見るのが楽しみな

今年は菊地凛子サンがどんなドレスで登場するか....ひたすら恐怖におののく日々でございます(爆)

僕もWOWWOW生中継を見る予定です。
あれはね〜、生で見ないと面白くない。といってもたぶん今年も5秒遅れ生放送でしょうけど。毎年、仕事休みとってテレビにかじりついています。

昔、NHKBSが生放送してたとき、予約録画しておいて、家に帰ってさあ見るぞ、と思ったら
...直前、勝手に放送チャンネル変更して...
6時間、国会中継が予約録画されてました(泣)もうそれで懲りてるので...
毎年、生放送でしっかり見ることにしています。ダイジェスト版で見ると面白いところがカットされてたりしますしね。NHKなんてあのマイケル・ムーアの「Shame on you!」スピーチをカットしたそうですよ!
2007/02/22 10:37 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top