映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< 白いリボン | TOP | 灼熱の魂 >>

瞳の奥の秘密

瞳の奥の秘密(2009 スペイン・アルゼンチン)

瞳の奥の秘密(2009)原題   EL SECRETO DE SUS OJOS
監督   フアン・ホセ・カンパネラ
原作   エドゥアルド・サチェリ
脚本   エドゥアルド・サチェリ フアン・ホセ・カンパネラ
撮影   フェリックス・モンティ
音楽   フェデリコ・フシド
出演   リカルド・ダリン ソレダ・ビジャミル
      パブロ・ラゴ ハビエル・ゴディーノ
      カルラ・ケベド ギレルモ・フランセーヤ
   
第82回(2009年)アカデミー賞外国語映画賞受賞



刑事裁判所を退職したベンハミンは、25年前の銀行員リカルドの妻が殺害された未解決事件を題材に小説を書くことを決め、かつての職場を訪れる。駅で偶然、リカルドを見かける。彼は未だに容疑者を発見するため執念を燃やしていた。その姿をみて彼はかつての上司イレーネに頼み、捜査を再開する。アルゼンチンの司法ってこんなにいい加減なの?と疑いたくなるくらい最初から最後までありえない展開。ミステリーとしても偶然が多すぎ、ご都合主義の塊。ラスト、こんなものが"真実の愛"だと言われてもはあ〜?って感じ。カルト映画として評価するならまだしも、大真面目なドラマとしてアカデミー賞外国語映画賞。お願いだから勘弁してください。
☆☆
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

2016.03.08 Tuesday | 00:16 | 映画300字レビュー | comments(2) | - |

スポンサーサイト


2020.09.28 Monday | 00:16 | - | - | - |

コメント

moviepadさまはお気に召されなかったのですね。
私はけっこう満足しました。
ミステリーとは思わず、三人の男の三通りの愛の形の映画だと思いました。
同じ俳優さんが、25年間をちゃんと感じさせる演技をされていたと記憶しています。ラストは真っ白いブラウスでした?
ラストは
2016/03/08 7:40 PM by パール
一般的には好評で、ハリウッドでリメイクが決まっています。

でもこの映画、嫌いというより全く受け付けなかったというのが正確。ありえねえ〜の連続すぎて。
2016/03/08 8:20 PM by moviepad

コメントする









▲top