映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< グアンタナモ、僕達が見た真実 | TOP | パラダイス・ナウ >>

善き人のためのソナタ

善き人のためのソナタ (2006 ドイツ)

「善き人のためのソナタ」原題   DAS LEBEN DER ANDEREN
      (あちら側の人々の生活)     
監督   フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク   
脚本   フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク       
撮影   ハーゲン・ボグダンスキー         
音楽   ガブリエル・ヤレド     
出演   ウルリッヒ・ミューエ マルティナ・ゲデック
      セバスチャン・コッホ

第79回(2006年)アカデミー賞外国語映画賞受賞

その徹底した監視体制はKGBをもしのぐといわれていた旧東ドイツの秘密警察・諜報機関シュタージ(国家保安省)。このシュタージの恐るべき実態を真っ向から描き出したはじめてのドイツ映画として話題になっているのが今回ご紹介する『善き人のためのソナタ』です。弱冠33歳の新鋭フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 監督は元シュタージ局員、密告されて職を失った人、拘束・逮捕された人などへのインタビュー等4年間、リサーチを重ねたといいます。※2007年度アカデミー賞外国語映画賞ノミネート等、各映画賞をにぎわし続けています。

※ 記事を書いた2007.2.11現在の記述です。見事受賞しています!

〜物語〜
1984年の東ベルリン。国家保安省職員ヴィーラー大尉(ウルリッヒ・ミューエ)は反体制の疑いをもたれている劇作家ドライマン(セバスチャン・コッホ)と同棲相手の舞台女優クリスタ(マルティナ・ゲデック)を監視するよう命じられる。ドライマンのアパートに盗聴器をしかけ、徹底した監視をはじめるが

映画のタイトルとなっている「善き人のためのソナタ」とはドライマンの友人であり、演出家のイェルスカより誕生日のプレゼントとしてもらったピアノ楽譜のタイトルです。この曲を盗聴したヴィーラーは、その美しさに激しく心を掻き乱され...と宣伝等では紹介されています。「レーニンがベートーベンの情熱のソナタを聴いてしまうと、革命を最期までやりおおせることができないと言った」というセリフが映画に出てきます。ヒトラーがもし画家になる才能があったなら...ということはよく言われますね。

ただ、その部分の感情表現はウルリッヒ・ミューエの微妙な表情の演技で比較的あっさりと流されており、芸術礼賛がメインの映画ではありません。"旧東ドイツの人々がシュタージによって受けた心の傷"を描くことがあくまでもこの映画の主題です。

そのシュタージとは旧東ドイツの国家保安省のこと。
国内の反体制の人々を監視・逮捕する機関として1949年から1989年のベルリンの壁崩壊まで約40年間、絶大な権力をもっていました。一方、海外での諜報活動も積極的に行っていました。※ギヨーム事件はちょっと有名ですね。

 ギヨーム事件・・・シュタージの一員であるギュンダー・ギヨームが1972年には西ドイツ、ヴィリー・ブラント首相の個人秘書として潜り込んだため西ドイツの政策は東ドイツに筒抜け状態に。1974年にようやくスパイ事実が発覚し、ギヨーム逮捕と共に首相が引責辞任に追い込まれたという衝撃的な事件

シュタージの職員は約10万人、かつIM(インオフィツィエル・ミットアルバイター)と呼ばれる公式協力者は約17万人いたと言われています。IMは正式にはシュタージには属していない民間人のことで、人知れず家族や友人のことをシュタージに密告していました。

反体制分子と目された人々の個人情報記録は東ドイツ崩壊後、本人に限り閲覧ができるようになりました。それによって家族や親友が実はシュタージの協力者であったという事実を知り、家庭崩壊や人間不信に陥り、精神を病む人たちも数多く発生したといいます。映画のラスト近くにもその様子が描き出されています。



主演のウルリッヒ・ミューエ自身も、高校を卒業してからシュタージの厳しい管理下におかれ、ベルリンの壁の越境をみはる兵士という役目を負わされていたそうです。彼が兵士をしている間は運良く、越境する者はおらず、演技の勉強が許され彼は劇団に参加していました。しかし、シュタージ監視時の情報が公開されてから、劇団で親友だと思っていた4人が自分を見張るためだけに入団しており、かつ自分の妻までがシュタージに秘密を流していたことが判明してしまったとか!そんな彼自身のつらい経験が、徐々に人間性を取り戻していくというヴィーラー役の演技に深みをもたらしています。一見無表情に見えますが、眼力がすごいです!

常に何かに縛られているかのような圧力や、緊張感が映画全体に漂っています。
旧東ドイツの人たちは40年もの間、こんな重苦しい空気の中で生活していたことを思うと何ともやりきれない気持ちになります。
「ゲシュタポでは、罪もないおばあさんの顔を心の咎も無く、乱暴に殴りつけることができる人が求められましたが、シュタージの場合はまったく反対のことが求められました。人を心理的に追いつめることのできる人が求められたんです。」フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督は語ります。
この映画の最初、睡眠を与えずに被疑者を追い詰めていく場面が出てきますが、こういうのは良い?お手本なんでしょうね。

ベルリン壁崩壊後、シュタージの実態が判明することによって数多くの人たちが人間不信にさいなまれていた...。そのような状況下において、ほのかな希望の光を照らし出してこの映画は幕を閉じます。
お互い、ほとんど顔を合わせたことのない者どうしがベルリンの壁崩壊後、時を経て、人間に対する信頼を少しずつ取り戻していく。もう誰も信用できないと思い込んでいた暗闇の現実世界に一筋の光が差し込んできた - と表現したいようなとても印象深い場面です。
ドイツ映画史上、最も素晴らしい作品である」というヴェルナー・ヘルツォーク監督の言葉はこのラストシーンの美しさに対するものでしょう。人間性を抹殺した諜報員のコードナンバーが人間性の回復の象徴として使われているのは何とも皮肉な話ですが...。

グッバイ、レーニン』(2004)を見たとき、やっぱりベルリンの壁崩壊を物語として語るには最低10年は必要なんだなと感じましたが、いまだに旧東ドイツ国民の傷は癒えておらず、その話題はユーモアを交えてしか語られないのが現実のようです。
「人々はシュタージやそれに関する事件を忘れようとして自らをだましてしまう傾向がある」
と監督はいいます。自分を守るために、恋人や家族までもシュタージに密告し合っていた冷酷な現実を突きつけられてしまえば、無理もない話でしょう。誰もが何かしらの心の傷を抱え続けている...。
旧東ドイツの人たちが人間に対する信頼を取り戻し、過去の悪夢と完全に決別するにはもう少し年月が必要なのかもしれません。この映画のラストシーンのような出来事が彼らの日常生活の中に積み重さなるといいですね。
ネタばれになってしまうのであまり詳しく書きませんが、ラストひとりで街を歩くヴィーラーの姿はカッコイイです。彼のやったことは誰にも理解されないかもしれない。でも自分の心に嘘はつかなかった。悔いはないはずだから。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

8/3 追記 
主演のウルリッヒ・ミューエさんは2007年7月22日、胃がんでお亡くなりになりました。
享年54歳。心からご冥福をお祈りいたします。
http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2259558/1889161
 


2007.02.11 Sunday | 00:12 | 映画 | comments(15) | trackbacks(36) |

スポンサーサイト


2017.03.28 Tuesday | 00:12 | - | - | - |

コメント

こんにちわ。 TBありがとうございます。

本作品、自由な思想に影響を受けつつも、実直であるヴィースラーの性格を、
芸術家達との間接的な関係で描いていて、とても素晴らしいと思いました。
ラストであのような展開になるとは思っていなかったです。
一気に緊張感が緩み、涙が溢れてしまいました。。。
2007/02/14 10:42 AM by michi
michiさん、こんばんわ!
ラストシーンはよかったですね。
でも、僕は直前の××に立ち寄る場面で予想できました。これしかねえだろうと(笑)


2007/02/14 7:21 PM by moviepad
こんにちはー。
「ドイツ映画史上、最も素晴らしい作品である」というコメントもあながち大げさではないかなと思える上質の映画でした。
素直に感動させられるし、テーマの綴り方も上手いなぁと思わされました。
2007/02/16 12:57 PM by かえる
かえるさん、こんばんわ!
何というか、静かなる知性と気品を感じる作品でした。余韻がじわっとひろがるラストシーンがとてもよかったです。
この映画の監督が「甘い」と評していた「グッバイ・レーニン」も僕は大好きなんですけどね。
2007/02/17 12:57 AM by moviepad
moviepadさん、こんばんは。TBさせていただきました。監督自身がシュタージの職員だったとは初耳でした。だとしたら、ヴィースラーに×をつけられた例の学生が彼自身なのかもしれませんね。
2007/03/05 7:20 PM by beat+half
beat+half さん、こんばんわ!

>監督自身がシュタージの職員だったとは初耳でした。

監督ではなく(監督はまだ33歳!)主演のウルリッヒ・ミューエです。かつIM(シュタージの職員ではない公式協力者)のほうだと思いますよ!

最初の文章
「監督は元シュタージ局員。」ではなく
「監督は元シュタージ局員、...リサーチを重ねたといいます。」

。ではなく、です。わかりにくくてすいません。





2007/03/05 10:00 PM by moviepad
すいません、誤読してました(汗
ウルリッヒ・ミューエの演技の深さの理由がが、分かったような気がします。
2007/03/05 10:05 PM by beat+half
おはようございます!moviepadさん♪

主演の方は過去にそういう経験をされていたのですね〜。
たしかに眼力がすごかったです。
いい映画だったなぁ〜って余韻に浸ってしまいました。
TBさせていただきました♪
2007/03/08 9:23 AM by こべに
こべにさん、こんばんわ!

この映画は心地よい余韻を残してくれますね。
それまでが、救いのない話だっただけに、ラストで一気に雪解け!って感じでした。

あの眼力はフツーの幸せな生活をしてきた人のソレではないですね。
2007/03/08 8:16 PM by moviepad
はじめまして。TBさせて頂きました。
すごく背景の情報も詳しくてレビュー、大変参考になりますね。またお邪魔します☆
私の方は自作イラスト付で映画+音楽レビューを友人と綴っていますので、良かったらこちらにも遊びにいらして下さい。
2007/03/31 8:54 AM by RAY
RAYさん、こんばんわ!

こんな暗闇洞窟サイト(爆)においでいただきましてありがとうございました

マイナー映画(単館系?)がお好きだということは、当ブログとネタがかぶることも多いと思われます!
今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
2007/03/31 11:35 PM by moviepad
初めまして。あつかましくトラックバックさせていただきました。ありがとうございます。私の場合、映画は見るだけで、見たことを忘れないように覚書程度の感想をメモするだけですが、こんなに丁寧なサイトがあって作品をもう一度見直したい衝動に駆られました。とても参考になりました。いい映画にめぐり合うと嬉しいように、丁寧なブログにも心を動かされます。
2007/12/03 7:00 PM by merienda
meriendaさん、はじめまして!

>こんなに丁寧なサイトがあって作品をもう一度見直したい衝動に駆られました。

大変恐縮です。ありがとうございます。

>見たことを忘れないように覚書程度の感想をメモするだけですが、

このブログも基本的には個人的な映画鑑賞備忘録なんです。
タイトルも映画のメモ帳+αですし(笑)
2007/12/03 8:08 PM by moviepad
moviepadさん、こんにちは!
わざわざお祝いコメント頂きありがとうございました!
moviepadさんのところへは、ブログを始める前からお邪魔させて頂いているんですよね〜
いつも素晴らしい記事をお書きになっていて・・・尊敬の念を抱かせて頂いております。

私は最近この映画の感想を書いたのですが、以前moviepadさんが記事を書かれていたはずだ・・・と思って探しました〜(笑)
こういうスッポンのような性格に1年以上もお付き合い頂き恐縮ですぅ〜♪

で・・・流石に深い記事ですね〜
私は『愛』に注目しちゃったのでお恥ずかしいです(汗)出来れば読まないで欲しいくらいです(滝汗)
ドイツは自国の負の歴史について真摯に向き合った作品を多く作っていますね。
『グッバイレーニン』は未見ですが、『白バラの祈り』や『ヒトラー最期の12日間』を観た時も印象的でした。
2007/12/22 1:56 PM by 由香
由香さん、こんばんわ!

由香さんはブログをはじめられて、瞬く間にコメント、TB数ともトップクラスの人気ブログになって...
ひたすら驚嘆しております。
由香さんの、正直でわかりやすい文章と着眼点の鋭さ、細やかなご対応の賜物でしょう!
こちらこそお邪魔させていただけて感謝しております。

>私は『愛』に注目しちゃったので

それぞれ着眼点が違うから面白いんですよ〜
僕は¥"長年のトラウマ¥"系に弱く、そういう要素が含まれていると、
かなり高い確率でそこに着目する傾向があります。

『グッバイ・レーニン』は少し緩い部分もあるのですが、お勧めの作品です。
ユーモアもあるし、物語もしっかりしているので由香さんも気に入るのでは?と思います。
2007/12/22 11:46 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/75

トラックバック

「善き人のためのソナタ」映画感想
「囚人番号227番取り調べ室へ入れ」「ボクはやっていない」「正直に話せ」「ボクは
(Wilderlandwandar 2007/02/12 12:26 AM)
善き人のためのソナタ
満 足 度:★★★★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:フロリアン・ヘンケル・ドナー・スマルク キャスト:ウルリッヒ・ミューエ       マルティナ・ゲデック       セバスチャン・コッホ       ウルリッヒ・ト
(★試写会中毒★ 2007/02/14 10:25 AM)
『善き人のためのソナタ』
芸術は偉大。心にソナタが鳴り響く。 気高さと重厚さと深みを持ち合わせた名品。 1984年、東西冷戦下の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラーは、劇作家のドライマンと舞台女優である恋人のクリスタが反体制的であるという証拠をつかむよう命じら
(かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY 2007/02/16 12:51 PM)
善き人のためのソナタ
1984年、冷戦下の東ベルリン。東ドイツの秘密警察、諜報機関であった国家保安省(シュタージ)のヴィースラーは、反体制派であるとの疑いがかけられていた劇作家ドライマンとその同棲相手である舞台女優のクリスタの監視を命じられます。彼らの住まいに盗聴器を仕掛け、
(日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 2007/02/20 12:06 AM)
『善き人のためのソナタ』
まっすぐな、いい映画だったと思う。ホーネッカーの全体主義の下、市民が常に国家監視
(kiku's 2007/02/20 10:01 AM)
「善き人のためのソナタ」 アカデミー賞に期待??
2月10日よりシネマライズで公開の始まりました「善き人のためのソナタ」、3連休の
(映画コンサルタント日記 2007/02/20 9:13 PM)
善き人のためのソナタ
期待値: 100%  ベルリン崩壊前の東ドイツが舞台。 物語は淡々と進んでいきますが、そこにある言葉
(週末映画! 2007/02/20 11:34 PM)
?ΤΥ?Ű?????Χ
                   「善き人のためのソナタ」 (2006年・ドイツ)  監督・脚本: フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク  音楽: ガブリエル・ヤレド/ステファン・ムッシャ  出演: ウルリッヒ・ミューエ/マルティナ・ゲデック/セバスチ
(好きな映画だけ見ていたい 2007/02/20 11:59 PM)
*善き人のためのソナタ*
                              2006年 ドイツ映画 先日、[http://blogs.yahoo.co.jp/cartouche_ak/44847064.html 『あなたになら言える秘密のこと』]を早々今年のベスト10入りさせてしまいましたが この作品は2007年ベストではなく、
(Cartouche 2007/02/22 9:56 AM)
【劇場映画】 善き人のためのソナタ
≪ストーリー≫ 1984年、東西冷戦下の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラーは、劇作家のドライマンと舞台女優である恋人のクリスタが反体制的であるという証拠をつかむよう命じられる。成功すれば出世が待っていた。しかし予期していなかったのは、
(ナマケモノの穴 2007/02/28 11:07 PM)
『善き人のためのソナタ』
1984年11月の東ベルリン。 DDR(東ドイツ国家)は、一党独裁体制の下、反乱分子と目される人物に対する盗聴や尾行の強化、密告を奨励する監視国家であった。 国家保安省(シュタージ)に所属し、尋問や諜報活動を任務とするヴィースラー大尉(ウルリッヒ・ミューエ)
(カエルノセカイ 2007/02/28 11:36 PM)
善き人のためのソナタ
観ようかどうかを迷っていた作品ですが、アカデミー賞の外国語作品賞を獲得した事も後押しして梅田の空中庭園まで足を運びました。 1984年、東西冷戦下の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラーは、劇作家のドライマンと舞台女優である恋人のクリス
(Alice in Wonderland 2007/03/02 1:30 AM)
善き人のためのソナタ DAS LEBEN DER ANDEREN
 ヴェルナー・ヘルツォークをして「ドイツ映画史上、最も素晴らしい作品で ある」と言わしめた作品となると期待せざるを得ないのだが、観たいと思っ ていたもう一つの理由は、ドイツの短編映画集「クルト・ウント・グート?」 で「東独国家保安省文書復
(複数にして単数の映画日記 2007/03/05 10:34 AM)
#34.善き人のためのソナタ
素晴らしい傑作!アカデミー賞受賞の一日前に、見に行って、「これ、(外国語映画賞)取れるといいね〜♪」なんて言ってたのですが、そうですか、やはり、取りましたか!納得です。私、アカデミー外国語賞はいつも気になってしまうんですが、この作品も、本当に傑作と自
(レザボアCATs 2007/03/06 12:12 AM)
善き人のためのソナタ
? 善き人のためのソナタ  3/2(金)@シネマライズ 監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 出演:ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッホ 他 配給:アルバトロス・フィルム てっきり、タイトルがタイト
(シュフのきまぐれシネマ 2007/03/08 8:59 AM)
善き人のためのソナタ
この曲を本気で聴いた者は、悪人になれないチラシ「善き人のためのソナタ」より引用。1984年、東西冷戦下の東ベルリン。壁の向こうで、何が起こっていたのか?ようやく明かされた、”監視国家”の真実___。国家保安省(シュタージ)局員のヴィスラーは、劇作家のド
(シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー 2007/03/09 9:26 PM)
真・映画日記『善き人のためのソナタ』
2月19日(月) 日中は特になし。 少し忙しく、午後6時半に終業。 虎ノ門から銀座線に乗り渋谷へ。 7時15分頃「シネマライズ」に到着。 ドイツ映画の『善き人のソナタ』を見る。 監督はフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。 この作品が長編初監
(CHEAP THRILL 2007/03/13 8:12 PM)
?ΤΥ?/???ζä?¡
  シュタージとは・・・・?!1989年のベルリンの壁崩壊は、いまだ記憶に新しい出来事だ。それまでのドイツは東西に分かれていた。この出来事によって、冷戦時代の終焉を迎えるわけだが・・・。旧東ドイツ(ドイツ民主共和国)で、その支配の中枢を担っていたシュター
(?? 2007/03/14 1:57 PM)
『善き人のためのソナタ』★★★★☆
制作データ;2006独/アルバトロス・フィルム ジャンル;ヒューマン上映時間;138分 監督;フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク出演;ウルリッヒ・ミューエ/マルティナ・ゲデック/セバスチャン・コッホ劇場:3/21(水)チネチッタ◆STORY◆1984年、東西冷戦下
(ヘーゼル☆ナッツ・シネマBOOK 2007/03/22 3:03 PM)
★「善き人のためのソナタ」
今週の平日休みもシネコン2軒はしご。 1本目は川崎チネチッタで、今年のオスカーで外国語映画賞を獲得したドイツ映画。
(ひらりん的映画ブログ 2007/03/23 1:14 AM)
「善き人のためのソナタ」
マイナー映画好きの私は、アカデミー賞で一番の注目は“外国語映画賞”。本年受賞作には「この曲を本気で聴いた者は、悪人になれない」とキャッチコピーがついていますが、私は「この作品を観た者も、悪人になれない」と心から感
(SKETCHES 2007/03/31 8:51 AM)
「善き人のためのソナタ」見てきました。
 今回もいつもお世話になっているKさんの推薦で、善き人のためのソナタを見てきました。正直言うと眠くなりそうな予感がしたので、前の日はゆっくり眠って備えました。(笑)
(よしなしごと 2007/04/08 2:10 PM)
おじさんシネマ(善き人のためのソナタ)
ドイツ映画がすごい。 ここのところ、公開されるドイツ映画に胸を撃ちぬかれている。 ここにまたひとつ大切な映画に出会ったようだ。 しばらくドイツ映画に注目してみよう。  「善き人のためのソナタ」  東西ベルリンの壁崩壊をはさんだドラマ。 東ドイツでは、
(おじさん(Age.51)日記By宙虫 2007/05/31 12:21 AM)
悪しき者のための体制
『善き人のためのソナタ』を観た。 第79回アカデミー外国語映画賞受賞。 ステージへ駆け上がった姿が印象的だったフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク初監督作品。   1984年、東西冷戦下の東ベルリン。 強圧的な共産主義体制を確立し、東ドイツ
(ふかや・インディーズ・フィルム・フェスティバル 2007/06/05 5:29 PM)
『善き人のためのソナタ』
監視社会がはじまっている。 私の勤務先について言えば、メールは管理職は見ることができるし、社外とのメールは件数をカウントされている。街を歩けば、テロ対策防止用の監視カメラにぎょっとすることもある。しかし自分の知らないうちに最もプライベートな、個人の尊
(千の天使がバスケットボールする 2007/07/21 11:36 PM)
善き人のためのソ\ナタ
   1989年11月10日東ドイツが西側に脱出する市民に歯止めを かける為に建築したベルリンの壁が崩壊。自分は当時小学校 6年生で担任のM先生がとにかく歴史的な出来事が起こったと
(悩み事解決コラム 2007/08/12 7:12 PM)
Lives of Others (2007)
【原題】DAS LEBEN DER ANDEREN 【邦題】善き人のためのソナタ 【あらすじ】1984年、東西冷戦下の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラーは、劇作家のドライマンと舞台女優である恋人のクリスタが反
(epiphany 2007/08/28 8:01 AM)
善き人のためのソナタ
原題:DAS LEBEN DER ANDEREN 2006年/ドイツ/138分 監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 撮影:ハーゲン・ボグダンスキー 出演:ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン
(新映画評論 2007/09/17 5:18 PM)
善き人のためのソナタ−(映画:2007年104本目)−
監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 出演:ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッホ、ウルリッヒ・トゥクール、トマス・ティーマ、ハンス=ウーヴェ・バウアー、フォルカー・クライネル、マティアス・ブレンナー 評
(デコ親父はいつも減量中 2007/09/18 12:41 AM)
「善き人のためのソナタ」自由を阻む壁は本当に無くなったのか
「善き人のためのソナタ」★★★☆DVDで鑑賞 ウルリッヒ・ミューエ 、 マルティナ・ゲデック主演 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督、ドイツ、2006年、138分 まだドイツに壁が存在し かつての一つの国が分かれ 全く異なった環境に置かれてい
(soramove 2007/09/29 11:54 AM)
『善き人のためのソナタ』
善き人のためのソナタ スタンダード・エディション(2007/08/03)ウルリッヒ・ミューエ、セバスチャン・コッホ 他商品詳細を見る監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク  C...
(Sweet*Days** 2007/11/15 2:29 PM)
http://meriendacinema.blog120.fc2.com/blog-entry-25.html
善き人のためのソナタ スタンダード・エディション(2007/08/03)ウルリッヒ・ミューエ、セバスチャン・コッホ 他商品詳細を見る 楽しい映画もいいけどこんなシリアスな映画もいい。 緊張...
(メリエンダの鑑賞ノート 2007/12/03 11:13 AM)
旧東ドイツを知らないベルリンの壁崩壊後世代 
(記事概要)  ベルリンの壁が崩壊した1989年11月9日から早18年。つまり...
(専門家や海外ジャーナリストのブログネットワーク【MediaSabor メディアサボール 】 2007/12/05 9:53 AM)
映画『善き人のためのソナタ』
原題:Das Leben der Anderen ベートーヴェンのピアノソナタ「熱情」を愛した男レーニン、だがロシア革命の指導者たる彼にとって、善き人になるためのソナタなど聴くことは叶わない・・・ 1984年はベルリンの壁崩壊の5年前、旧東ドイツの国家保安省シュ
(茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 2007/12/12 2:18 AM)
善き人のためのソナタ
WOWOWで鑑賞―【story】ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツ。シュタージ(国家保安省)のヴィースラー(ウルリッヒ・ミューェ)は、劇作家のドライマン(セバスチャン・コッホ)と恋人で舞台女優のクリスタ(マルティナ・ゲデック)が反体制的であるという証拠をつかむよう
(★YUKAの気ままな有閑日記★ 2007/12/22 1:47 PM)
「善き人のためのソナタ」
「善き人のためのソナタ」、DVDで観ました。 正直あまりにアカデミー外国語映画賞を取った作品で好きなのがないのですが観ました。……まあまあでした。 崩壊前の東ドイツの政府が反逆者を見つけようとすることで起
(クマの巣 2008/02/25 5:48 AM)

▲top