映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< 群衆 (1928) | TOP | 自由を我等に >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2019.10.20 Sunday | | - | - | - |

サーカス (1928)

サーカス(1928 アメリカ)

サーカス(1928)原題   THE CIRCUS
監督   チャールズ・チャップリン
製作   チャールズ・チャップリン
脚本   チャールズ・チャップリン
撮影   ローランド・H・トザロー
出演   チャールズ・チャップリン マーナ・ケネディ
      ハリー・クロッカー アラン・ガルシア ジョージ・デイヴィス
      ヘンリー・バーグマン スタンリー・J・サンフォード
      ジョン・ランド スティーヴ・マーフィー ベティ・モリシー

第1回(1927〜1928年)アカデミー賞特別賞受賞。

 当初、喜劇監督賞、主演男優賞にもノミネートされていたが、特別賞受賞にともないこれら2つのノミネートは取り消され、現在の公式記録には残っていない。

失業中のチャーリーはスリと間違われ、警察に追われる。サーカス団に逃げ込んだのをきっかけに一座に加わることになるが...。チャップリン映画の中でこれが一番好きかも。スラップスティックの連続でサイレント映画らしい楽しさにあふれている。他作ほどペーソスも濃くない。警察の眼をくらますため、窓辺で人形になりすます場面やスタントなしで臨んだ綱わたり場面も良いか、圧巻は何といってもあまりにも有名なラスト場面。ひとり、路地をとぼとぼと歩く姿はチャップリンのトレードマークみたいになっていますね。ちなみに撮影はチャップリンがリタ・グレイとの離婚騒動で大変な時期だったため、自伝には本作のことは一言も記されていない。
☆☆☆☆
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



<チャップリン長編映画>
キッド (1921)
巴里の女性 (1923)
チャップリンの黄金狂時代 (1925)
街の灯 (1931)
モダン・タイムス (1936)
チャップリンの独裁者(1940)
チャップリンの殺人狂時代 (1947)
ライムライト (1952)
ニューヨークの王様 (1957)
伯爵夫人 (1967)

<チャップリン伝記映画>
チャーリー (1992)
2015.10.02 Friday | 00:01 | 映画300字レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2019.10.20 Sunday | 00:01 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top