映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< 自由を我等に | TOP | 明日は来らず >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2019.10.20 Sunday | | - | - | - |

新婚道中記

新婚道中記(1937 アメリカ)

新婚道中記(1937)原題   THE AWFUL TRUTH
監督   レオ・マッケリー
原作戯曲 アーサー・リッチマン
脚本   ヴィナ・デルマー
撮影   ジョセフ・ウォーカー
音楽   モリス・W・ストロフ
出演   アイリーン・ダン ケイリー・グラント
      ラルフ・ベラミー アレクサンダー・ダーシー
      セシル・カニンガム モリー・ラモント
      エスター・デイル ジョイス・コンプトン
      ロバート・アレン ロバート・ワーウィック
      メアリー・フォーブス

第10回(1937年)アカデミー賞監督賞受賞。作品、主演女優(アイリーン・ダン)、助演男優(ラルフ・ベラミー)、脚色、編集賞ノミネート

THE AWFUL TRUTH dog1THE AWFUL TRUTH dog2

離婚しようとしている夫婦の話。いつも若く見えるケーリー・グラントが本当に若い時だし、アイリーン・ダンの暴演ぶり、ラルフ・ベラミーの"ダサダサダンス"、ナイトクラブの歌姫のスカートひらり場面も楽しい。トークの応酬もうるさすぎず程良いさじ加減。動物も大活躍です。目立つのは犬のスミス君だけど、個人的にはラストの黒猫チャンがつぼ。レオ・マッケリー監督の即興的演出に戸惑ったグラントは「この映画は絶対失敗するから降板させてほしい」と撮影中ずっと頼み込んでいたとか。結果は大成功!いわゆるスクリューボール・コメディの中で一番好きな作品。ところでラスト、これって法的に離婚は成立したんだよね?手続き間に合わない。
☆☆☆☆★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

THE AWFUL TRUTH cat1THE AWFUL TRUTH cat2

2015.10.04 Sunday | 00:51 | 映画300字レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2019.10.20 Sunday | 00:51 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top