映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< スポットライト 世紀のスクープ | TOP | ロビンフッドの冒険 >>

海賊ブラッド

海賊ブラッド(1935 アメリカ)

海賊ブラッド(1935)原題   CAPTAIN BLOOD
監督   マイケル・カーティス
原作   ラファエル・サバティーニ
脚本   ケイシー・ロビンソン
撮影   アル・モーア アーネスト・ホーラー
出演   エロール・フリン オリヴィア・デ・ハヴィランド
      ベイジル・ラスボーン ライオネル・アトウィル
      ロス・アレクサンダー ガイ・キビー
      ヘンリー・スティーヴンソン ロバート・バラット
      ホバート・キャヴァノー ドナルド・ミーク
      ジェシー・ラルフ フォレスター・ハーヴェイ

第8回(1935年)アカデミー賞作品、録音賞ノミネート



前半は主人公ブラッドが自ら経歴を語るなど、台詞だけでストーリーが進んでいく。医者になったブラッドは海賊に舞い戻り、同盟を組んだはずの海賊と女をめぐって仲間割れ、奴隷で買われた仕返しに、彼女を買う。物語は予定調和です。エロール・フリンが醸し出す何ともいががわしい雰囲気!そして大きな海賊船。モノクロ映像ゆえボリューム感が増して見える。オリヴィア・デ・ハヴィランドは常に白ずくめのドレス。(この手の映画、オンナには金かけんのかい)モノクロ映像ゆえ、彼女だけ"お光"がさしているように見える。前半部分の退屈さに目をつぶれば暇つぶしには良い映画。これがアカデミー作品賞ノミネートか?いい時代だったんですねえ。
☆☆☆★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!


スポンサーサイト


2017.10.23 Monday | 21:46 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/731

トラックバック

▲top