映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< 踊る海賊 | TOP | サーカス (1928) >>

群衆 (1928)

群衆(1928 アメリカ)

群衆(1928)原題   THE CROWD
監督   キング・ヴィダー
脚本   キング・ヴィダー ジョン・V・A・ウィーヴァー ハリー・ベーン
撮影   ヘンリー・シャープ
出演   エレノア・ボードマン ジェームズ・マーレイ
      バート・ローチ エステル・クラーク
      ダニエル・G・トムリンソン デル・ヘンダーソン
      ルーシー・ボーモント フレディ・バーク・フレデリック
      アリス・ミルドレッド・ピューター

第1回(1927〜1928年)監督賞ノミネート



自分は"群衆"に埋もれる人間ではないんだ!といきがる男の話。あのゴダールが、映画はなぜもっと普通の人々を描かないのか?と聞かれた際、なぜ『郡衆』のリメイクをするの?と答えたほどフツーの人を描いた作品。今ではサイレント映画の傑作と称えられているが、公開当時、恐慌とトーキー映画の直後だったため"群衆"には受けなかった。ファースト場面の映像が特に印象的。ニューヨークのビル、そして机をならべる群衆たち。"群衆とは常にあなたと一緒に笑い声をたてているもの。しかし一日だけはあなたと一緒に泣くものだ。"うーん、深いな。ラストは少し甘いが、普遍的なテーマゆえ今でも十分観賞に耐える。キング・ヴィダー監督の傑作。
☆☆☆★★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

2015.10.01 Thursday | 21:28 | 映画300字レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2020.01.20 Monday | 21:28 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top