映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< ダーウィンの悪夢 | TOP | それでもボクはやってない 〜ニッポンの刑事裁判は有罪推定?〜 >>

発表直前!第79回アカデミー賞ノミネート予想!!&ノミネート発表所感(追記)

もはやオスカーを占う重要な前哨戦とは誰も思っておらず、単なるスターの顔見せパーティと
成り下がった感のあるゴールデン・グローブ賞の発表も終わりましたね。
そして、いよいよ今月23日(現地時間a.m5:30 日本では23日p.m10:30頃?)
第79回アカデミー賞のノミネートが発表されます。Source
そこで当ブログでも無謀にも主要6部門のノミネート予想をしてみました。
監督賞は変化球を投げましたが、後はほとんど各組合賞のノミネートがそのままスライドするだろうと読んでおります。これで予想と呼べるのでしょうか?
各組合賞ノミネートのコピー&ペーストの結果(笑)は以下の通りです。


[作品賞]
「バベル」
「ディパーテッド」
「ドリームガールズ」
「リトル・ミス・サンシャイン」
「クィーン」

runner-up
「硫黄島からの手紙」
「プラダを着た悪魔」


[監督賞]
ロバート・アルトマン 「今宵、フィッツジェラルド劇場で」
ビル・コンドン 「ドリームガールズ」
スティーヴン・フリアーズ 「クィーン」
マーティン・スコセッシ 「ディパーテッド」
ギレルモ・デル・トロ 「Pan's Labyrinth」

runner-up
クリント・イーストウッド 「硫黄島からの手紙」
ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス 「リトル・ミス・サンシャイン」
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ「バベル」
ポール・グリーングラス 「ユナイテッド93」
ペドロ・アルモドヴァル 「ボルベール<帰郷>」


[主演男優賞]
レオナルド・ディカプリオ 「ブラッド・ダイヤモンド」
ライアン・ゴズリング 「Half Nelson」
ピーター・オトゥール 「Venus」
ウィル・スミス 「幸せのちから」
フォレスト・ウィテカー 「The Last King of Scotland」

runner-up
レオナルド・ディカプリオ「ディパーテッド」
サシャ・バロン・コーエン 「Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan」


[主演女優賞]
ペネロペ・クルス 「ボルベール<帰郷>」
ジュディ・デンチ 「Notes on a Scandal」
ヘレン・ミレン 「クィーン」
メリル・ストリープ 「プラダを着た悪魔」
ケイト・ウィンスレット 「Little Children」

runner-up
マギー・ギレンホール 「Sherrybaby」


[助演男優賞]
アラン・アーキン 「リトル・ミス・サンシャイン」
ジャッキー・アール・ヘイリー 「Little Children」
ジャイモン・ハンスゥ 「ブラッド・ダイヤモンド」
エディ・マーフィ  「ドリームガールズ」
ジャック・ニコルソン 「ディパーテッド」

runner-up
マイケル・シーン 「クイーン」
レオナルド・ディカプリオ 「ディパーテッド」
ベン・アフレック 「Hollywoodland」
ブラッド・ピット 「バベル」
マーク・ウォルバーグ 「ディパーテッド」


[助演女優賞]
アドリアナ・バラッザ 「バベル」
ケイト・ブランシェット 「Notes on a Scandal」
アビゲイル・ブレスリン 「リトル・ミス・サンシャイン」
ジェニファー・ハドソン 「ドリームガールズ」
菊地凛子 「バベル」

runner-up
エミリー・ブラント 「プラダを着た悪魔」
キャサリン・オハラ 「For Your Consideration」
トニ・コレット 「リトル・ミス・サンシャイン」


各組合賞のノミネート結果を変えたところは監督賞2人(アルトマン、イーストウッド)と助演男優賞のディカプリオ(「ディパーテッド」でノミネート)をニコルソンにしただけです。後は引き写し。
何とも芸のない予想でございます。でもそー思うんだから仕方ない。
今回のアカデミー賞ノミネート発表の注目点をいくつか書き散らかして見ます。

 イーストウッド、ピンチ!ノミネートに黄信号?

アメリカでも「硫黄島〜」のほうが「父親たちの星条旗」より評価が高いので
ノミネートされるなら「硫黄島〜」のほうでしょう。
全米監督組合賞において、クリント・イーストウッドがまさかのノミネート漏れをしたのを筆頭に
アカデミー賞と投票母体が重なる各組合賞で「硫黄島〜」はことごとくノミネート漏れ。
日本ではオスカー候補確実のような報道をされていますが、ここにきて受賞はおろかノミネートすら怪しいことが明らかになりつつあります。

※ 参考 ゴールデン・グローブ賞では「硫黄島からの手紙」は外国語映画賞を受賞しましたが、アカデミー賞ではこの作品、外国語映画賞のエントリー資格はありません。

最近、ハリウッドもマスコミもクリント・イーストウッドを神のように崇めまくっていることから、個人的には監督賞ノミネートはいけるのではないかと思っておりますが...。
作品賞にノミネートされれば、本命作のない本年、一気に受賞の可能性も出てくると思います。
監督賞はとったばっかりだしね...。

※ 1/19 p.m8:40 追記
外国語映画賞ノミネートが確実視されているメキシコの「Pan's Labyrinth」最近、Buzzがすごいみたいです。アカデミー賞監督賞にはひと昔前まで”外国人監督枠”があったので< 本当か?
この勢いではイーストウッドを押しのけ、ギレルモ・デル・トロ監督入ってしまうかも。
まあ、もう投票は終わっているので手遅れかもしれませんが,,,。
せめて監督賞の予想だけは大冒険してみましょう、ということでこの記事初回Uproad後20時間にして予想を節操なく変更しました。アルトマンはそのままです!落としたくない。わー、クリントのファンを石を投げてくる(笑)


※ 1/22 追記
なんと「リトル・ミス・サンシャイン」が全米製作者組合賞を受賞!!
これじゃ、監督賞ノミネート漏れなんてありえないや。みっともないので受賞予想の訂正はもうしませんが(^^;
でもうれしい誤算です。この映画こそ作品賞にふさわしい!
受賞予想ではぶっ放します!!!(笑)


 アルトマン&「プラダ〜」を侮るなかれ!

昨年11月20日に他界してしまった"アンチハリウッドの巨匠"ロバート・アルトマン監督。
遺作となってしまった「今宵、フィッツジェラルド劇場で」はよい作品だが、アカデミー賞候補にあがるにはやや弱いといった評価だったようです。下馬評では、大穴中のさらに大穴扱い。でも侮れない存在です。

過去、5度ノミネートで受賞なし。昨年名誉賞を受賞したばかりだったアルトマン。
俳優から絶大な信頼を得ていた監督であることは周知のとおり。
昨年の名誉賞受賞時でもアルトマンが登場すると会場は当然のようにスタンディング・オベイション。
永久に鳴り止まないのではと思うほどの拍手につつまれ、
アルトマン自身がそれを制するほどでありました。
アカデミー賞授賞式を(TVで)見るようになってから10年以上たちますが
あそこまで盛大な拍手につつまれるのを見たのははじめてです。

プレタポルテ」(1994)という映画では、マルチェロ・マストロヤンニソフィア・ローレンローレン・バコールジュリア・ロバーツティム・ロビンスキム・ベイシンガーらそうそうたるスターを起用。彼らの前でアルトマン監督は「あなたたちより演技がうまい俳優などいくらでもいる。私がほしかったのは、あなたたちの有名な顔だ。この作品は登場人物が多いので、観客を混乱させないために必要なんだ」と言い放ちました。また、この大スターたちのギャラは何と時給だったといいます。それでも皆が出演したがるほど俳優たちから信望の厚い監督だったようです。

最近のアカデミー賞は、情に流される要素が少なくなっていますがアルトマンは別格。
彼亡きあと、アンチハリウッドの作風を貫き通せる大監督がはたしているのでしょうか?
急死と報道されていましたが、遺作の「今宵、フィッツジェラルド劇場で」は車イスに座って撮影しており、もしものことがあった場合に備えてポール・トーマス・アンダーソンが代役監督として控えていた状態だったようです。
昨年、名誉賞を授与したのは、何とか存命中にアルトマンにオスカーを手渡したいという
アカデミー協会の真摯な願いによるものでしょう。
アルトマンに投票できるチャンスは今回で最後。
サプライズ・ノミネートの可能性は決して低くないと思います。

プラダを着た悪魔」に話を移します。
ベストセラー小説の映画化という話題性はあったものの、(客の呼べる)スター不在ともいえる作品。
にもかかわらず全米では何と興行収入1億2000万ドルを超え、世界興行収入も3億ドルを超える大ヒットとなりました。ちなみに製作費は約3500万ドル。まさに作品の力で勝ち得たメガヒットです。
アメリカでは最悪の上司を愚痴りあう"ミランダごっご”が流行ったともいいますし(笑)。
このように理想的な形で優秀な成績を収めてくれた作品に対してハリウッドはご褒美をあげたがる傾向があります。現段階ではメリル・ストリープの主演女優賞ノミネートが確実視されている程度です。下馬評では大穴扱いで、僕も最終予想にはいれませんでしたが...。
アカデミー賞はあくまでアメリカ映画業界内の賞です。批評家賞とは違います。
作品賞ノミネートの可能性は十分にあると思います。

人気スターは総崩れ?

人気スターの名が例年になく下馬評にのぼっています。
まずは作品賞の有力候補でもある「ドリームガールズ」の主演女優ビヨンセ・ノウルズ
ゴールデン・グローブ賞にノミネートされていますが、これは演技力というより作品の力と彼女のネームバリューによるものでしょう。
実際、「ドリームガールズ」からはエディ・マーフィジェニファー・ハドソンに賛辞が集中しており2人とも受賞の可能性がかなり高い、と言われています。
彼ら2人が出ていない場面はつまらないとまで評されているほどです。
本来、主役であるはずのビヨンセ様。すっかりかすんでしまったため、たいそうご機嫌ななめなようで、こんなことあんなことをのたまわれ、自己アピールに必死です。
でも彼女のノミネートの可能性はほぼゼロといってよいでしょう。
主演女優賞はオバサマ方3人とペネロペ・クルスは当確で、残り1席をケイト・ウインスレットマギー・ギレンホールが争う、というのが定説となっている模様です。まあ、これもウインスレットが貫禄とネームバリューでがぶり寄りするでしょう(笑)

また助演男優賞にはベン・アフレックブラッド・ピットマーク・ウォルバーグといったスターが下馬評に立ち並びます。ただしこの手のスターに甘いのは助演女優賞だけ。今年の助演男優賞、確実に黒人票が期待できるジャイモン・ハンスゥ、エディ・マーフィ、そして大ベテランアラン・アーキン、カムバック・スタージャッキー・アール・ヘイリーらはほぼ当確といってよく、隙間があるとすれば、もう"オスカーは必要ない”はずのジャック・ニコルソンの席でしょうが...。どちらにせよ彼ら3人のつけいる隙はなさそうです。

唯一、スター俳優で安泰といえるのは、あのマーティン・スコセッシをして「何度でも組みたい俳優」と
言わしめたレオナルド・ディカプリオですが、彼にも別の意味で危険が伴っています。

まず「ディパーテッド」での彼が主演にあたるのか助演扱いなのか
カテゴリーわけがはっきりしないこと。
大半の映画賞は主演でノミネートしていますが俳優組合賞では助演扱い。
同じ演技に対して主演と助演に票が割れてしまう可能性があります。

またディカプリオはもうひとつの作品「ブラッド・ダイヤモンド」での演技も高い評価を受けており
「ディパーテッド」が主演とみなされた場合、ここでも票割れが起こる可能性があります。
Wノミネートも可能ですが、投票するほうも人間ですからね。同じ人に2つ投票するよりはもうひとつは別の人にしようと考えるほうが普通でしょう。

この票割れによる"Wの悲劇"が起こってしまった場合、ディカプリオはひとつもノミネートを受けないという最悪のシナリオも考えられます。
ただし、俳優組合賞でWノミネートを受けているくらいですから、その心配はあまりないでしょう。
作品の勢いで主演も「ディパーテッド」のほうでノミネートされる可能性も低くないと思います。

最後に批評家賞で大健闘した「ユナイテッド93」ですが、作品、監督賞ともひっかからないと思われます。興行的にヒットしたともいえず、またブッシュ大統領が絶賛した映画をハリウッドが支持するとは思えず。ハリウッドは全体的に民主党よりですからね。

また日本勢も菊地凛子のノミネートだけで終わってしまうでしょう。
「硫黄島からの手紙」の渡辺謙も下馬評にはあがっていますが、上記のとおり作品自体のノミネートが怪しく、かつアカデミー賞向きの演技とはいいがたい。
謙さん、日本アカデミー賞のほうはかなり有力なんですけどね。
また、外国語映画賞候補として日本からエントリーしていた「フラガール」は残念ながら23日の発表を待たずして落選が決定しています。Source

まだまだ書きたいことはあるのですが、ノミネート予想の段階であんまり書いてしまうと
受賞予想のときにネタがなくなるのでこれまで。
長ったらしい戯言にお付き合いいただきありがとうございました。m(_ _)m

またノミネート発表後の感想・外れた場合の言い訳(笑)等については、新たな記事として更新せずこの記事に追記するという形で対応する予定です。興味のある方はこの記事を再チェックしてください。

-----1/23 23:20 追記-----

はい、発表になりましたね。詳細はこちら
http://oscar.com/nominees/?pn=list

いや〜、やっぱりイーストウッドは強かった。
作品、監督賞ともに入りましたよ。もちろん「硫黄島からの手紙」のほうで。
あの組合賞ノミネート漏れは一体何だったのでしょうか?

ちなみに私メの予想、主演男優賞、主演女優賞、助演女優賞は完璧でした。
といってもこれは組合賞ノミネートを完璧にスライドさせただけなのですが。
でもディカプリオが「ディパーテッド」ではなく「ブラッド・ダイヤモンド」のほうでノミネートされると
予想していたのは結構少数派ですよ(でも組合賞の引き写し(^^;)

ますは懺悔を。

監督賞、アルトマンはほとんど希望を書いてみただけなのですが。
当初予想に入れていたイーストウッド、訂正するんじゃなかった。
僕に石を投げた人はまさかいないでしょうね(笑)
マスコミはスコセッシVSイーストウッド再びと書きたてるでしょう

個人的に一押しで、全米製作者組合賞をサプライズ受賞したことから、もしかしたら作品賞もイケるのでは?と期待を抱かせた「リトル・ミス・サンシャイン」は順当に監督賞ノミネート漏れ。新人だから無理もないんですが、去年の「カポーティ」でノミネートされたベネット・ミラーの例もあるしね。
ちなみに僕の大嫌いな「ユナイテッド93」のポール・グリーングラスが監督賞にノミネート。まあ予想の範囲内でしたが(^^;

一時期は本命とまでいわれていた「ドリームガールズ」作品賞、監督賞ともに漏れたのは驚き。また外国語映画賞では受賞の最有力候補と思われていた「ボルベール<帰郷>」が漏れるというサプライズも。確かにペトロ・アルモドバル監督はもはや常連で新鮮味には欠けるが...。

それと助演男優賞のマーク・ウォルバーグには驚き。ジャック・ニコルソンをも押しのけ、「ディパーテッド」唯一の演技賞ノミネートとなりました。あの演技で.....???


人気blogランキングこの記事が気に入りましたら左のバナーにクリックお願いします!

スポンサーサイト


2019.09.05 Thursday | 00:04 | - | - | - |

コメント

こんにちは!
記事を読ませて頂きました。

毎年WOWOWでの、アカデミー賞授賞式の生中継を楽しみにしています。
今回はどういう展開になるでしょうね・・・
個人的には、まだ映画は観ていませんが、ディカプリオに主演男優賞、スコセッシに監督賞を獲ってほしいなぁ〜と思っています。
だって、毎年二人の引き攣った表情を見るのが辛くて辛くて。。。(笑)

2007/01/20 10:41 AM by 由香
ディカプリオ&スコセッシ、プロモーションで来日したようですね。

「アビエイター」のときはオスカー発表直後だったので来日ドタキャンしやがった。
「ディパーテッド」をオスカーノミネート発表直前に公開するのはその辺の事情を考えてのことなのでしょうか(笑)

受賞予想はまた別の形で記事にする予定です。
2007/01/21 6:37 AM by moviepad
コメントありがとうございました。
「大胆な予想」とご丁寧なコメントを頂きまして、恐縮しています。
大胆というよりは、全く自分の好みだけで選んだ予想です。
何しろ、下馬評をあまり見ていませんし、観ていない作品の人も、予想に入れているくらいですから。
いくつ当たるか、楽しみです。
2007/01/25 10:12 AM by かめ
かめさん、こんばんわ。

失礼なコメントで怒るんじゃないかと内心ヒヤヒヤものでした(笑)

僕も自分の好みだけで予想すると、毎年ほぼ全敗の憂き目に会うんですよ。

ちなみに自分の希望は −予想ではありません(笑)

作品賞 「リトル・ミス・サンシャイン」
監督賞  マーティン・スコセッシ
主演男優賞 フォレスト・ウィテカー
主演女優賞 メリル・ストリープ
助演男優賞 ジャイモン・ハンスゥ
助演女優賞 アビゲイル・ブレスリン

2個くらい当たっちゃいそうですね(笑)

「硫黄島〜」&菊地凛子さんを挙げないなんて非国民!!!という罵倒は謹んでご遠慮いただくようお願い申し上げます。単に「リトル・ミス〜」びいきなだけですので(笑)
2007/01/25 8:18 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/71

トラックバック

第79回アカデミー賞ノミネーション予想
明日はいよいよアカデミー賞のノミネート発表ということで、主要部門のノミネーション予想でも。 【作品賞 -Best Picture-】 ディパーテッド The Departed ドリームガールズ Dreamgirls バベル Babel クィーン The Queen リトル・ミス・サンシャイン Litt
(atom×atom 2007/01/22 8:20 PM)
アカデミー賞ノミネート予想
アカデミー賞ノミネート予想です。 <作品賞> ディパーテッド バベル クィーン ドリームガールズ リトル・ミス・サンシャイン
(スメブログ 2007/01/23 8:13 PM)
79回 アカデミー賞 予想
アメリカ時間の昨夜、1月23日にアカデミー賞のノミネート作品が発表されました。主だった賞の、下記のように予想をしてみました。管理人の偏見と希望的観測に基づいた大胆予想です。 (自己満足なので、無視して下さい。)
(アリゾナ映画ログ − 砂漠から... 2007/01/24 5:52 AM)
アカデミー賞(+ラジー賞)ノミネートの発表
アカデミー賞のノミネーションが発表されましたので紹介しておきます。自分が見た作品
(Wilderlandwandar 2007/01/28 4:49 PM)

▲top