映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ヤング≒アダルト | TOP | プルーフ・オブ・マイ・ライフ >>

容疑者、ホアキン・フェニックス

容疑者、ホアキン・フェニックス(2010 アメリカ)

容疑者、ホアキン・フェニックス<原題   I'M STILL HERE
監督   ケイシー・アフレック
撮影   ケイシー・アフレック マグダレーナ・ゴルカ
音楽   ケイシー・アフレック ドディ・ドーン
出演   ホアキン・フェニックス アントニー・ラングドン
      キャリー・パーロフ ラリー・マクヘイル
      ケイシー・アフレック ジャック・ニコルソン
      ブルース・ウィリス ダニー・デヴィート
      ベン・スティラー ショーン・コムズ
      ジェイミー・フォックス ビリー・クリスタル
      ダニー・グローヴァー




故リヴァー・フェニックスの実弟で2度のオスカー候補経験(撮影当時)をもつホアキン・フェニックスが2008年末、突然"俳優引退ラッパー転向"宣言をし、全米を騒然とさせた。それからの2年間をドキュメンタリータッチで描いた。ホアキンはでっぷりと太り、下品かつ挙動不審。結局、これは単なる"ヤラセ"だったことが判明し大顰蹙。笑えないお遊びって誰得?こんなバカバカしいことを2年間も続けた精神力には感心するが、皮肉にも今の炎上マーケティング感覚をむなしく象徴する作品になってしまった。「スポットライトは内なる光を見えなくする」というエドワード・ジェームズ・オルモスの言葉が出てくるが、これがテーマじゃないよね?
☆☆★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!


スポンサーサイト


2017.10.23 Monday | 00:45 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/693

トラックバック

▲top