映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 泥棒成金 | TOP | 知りすぎていた男 >>

ハリーの災難

ハリーの災難(1955 アメリカ)

ハリーの災難原題   THE TROUBLE WITH HARRY
監督   アルフレッド・ヒッチコック
原作   ジャック・トレヴァー・ストーリー
脚本   ジョン・マイケル・ヘイズ
撮影   ロバート・バークス
衣装   イーディス・ヘッド
編集   アルマ・マクロリー
音楽   バーナード・ハーマン
出演   エドマンド・グウェン ジョン・フォーサイス
      シャーリー・マクレーン ミルドレッド・ナトウィック
      ローヤル・ダーノ ジェリー・メイザース ミルドレッド・ダンノック

アルフレッド・ヒッチコック監督本人がお気に入りの作品としてよくあげるのが『ハリーの災難』。ヒッチコック独特の、すっとぼけたようなブラック・ユーモア感覚がぞんぶんに盛り込まれた"死体コメディ"。映画会社はどう宣伝していいかわからず途方にくれていたため、この作品を何としてもヒットさせたかったヒッチコックは自ら積極的にプロモーションに動いたが(日本にも来日)、アメリカでは批評、興行ともに惨敗。イギリス、イタリア、フランスではロングランを記録した。シャーリー・マクレーンの映画デビュー作であり、かつバーナード・ハーマン初のヒッチコック作品としても知られています。

物語
バーモンド州の小さな村でハリーという男(フィリップ・トルエクス)の死体が見つかった。自分が殺したのでは?と思い込んでいる人物が次々と現れる。まず、自称"船長"のアルバート(エドモンド・グエン)は兎狩りの際、自分が誤って彼を撃ってしまったのではと恐れた。また、ミス・グレヴリー(ミルドレッド・ナットウィック)は森の中でハリーに襲われたとき、ハイ・ヒールのかかとで頭をなぐりつけたことがあった。また死体を見つけたアーニー少年(ジェリー・マシューズ)の母親で、ハリーの妻であったジェニファー(シャーリー・マクレーン)もアーニーの父親である最初の夫ロバートが死んだ時、ロバートの兄のハリーが無理矢理ジェニファーと結婚したが、ハリーに愛情がないことがわかったため、この村に逃げ込んでいたが死体発見の朝、ハリーが突然訪れてきたので、牛乳のビンでなぐりつけた。画家のサム(ジョン・フォーサイス)はジェニファーに恋していたため、疑われる理由があった。だが、ハリーが死んだことが明らかにならなければ彼女と結婚できない。4人それぞれの思惑がからみあい、ハリーの死体を埋めたり、掘りおこしたりしているうちに村の保安官カルヴィン(ロイヤル・ダノ)が動き出し...




この映画の魅力は冒頭部につきます。
死体が転がっているのをみつけても、誰も警察に通報しようとせずひょうひょうとしているのです。
まず、おもちゃの銃をもったアーニー坊やが死体を見つけて逃走。
そしてエドモンド・グエン演じるアルバート。兎狩りのとき、自分が間違って彼を撃ってしまったのではないかとおびえ、右往左往します。
このあたりまではよくあるパターン。
続いて登場するミス・グレヴリーがおかしい。
「私が思うに前から死んでたのよ」
死体を前にして食事をする約束をするアルバートとミス・グレブリー。
アーニーのママ、ジェニファー登場。
「ハリーが死んでくれた。治らないことを祈るわ」
死体をどうするかなど全く気にせず退散。
本を読みながら歩いているオッサン、死体につまずいて転ぶが気にせずそのまま歩く。
そして、浮浪者登場!死体を足でけり、死んでいることを確認すると
死体から靴を奪い取っただけでしらっと去る。
誰ひとり死体を敬わず、死人を悲しみません。

バーナード・ハーマンの音楽が何ともいえずいいんです!
軽やかでユーモラスな感じをうまく醸しだしている。この音楽がなければ面白さは半減していたでしょう。
バーナード・ハーマンはこの作品以降、『マーニー』まで8作連続でヒッチコック映画の音楽を担当。
もっとも有名なのは『サイコ』の"悲鳴を上げるバイオリン"で、ホラー映画によく転用されています。ヒッチコックの全盛期を彩った作曲家ですね。ハーマンはこの『ハリーの災難』のテーマ曲を"A Portrait of Hitch"というタイトルで再レコーディングしています。



『ハリーの災難』は予備知識なくても、舞台の映画化だなとわかるつくり。映像もきわめて普通で、ヒッチコックは"死体コメディ"として、自分のユーモア感覚を注ぎ込むことに専念。その結果、死体が転がっているのに全然怖くないという奇妙な持ち味の映画となりました。そもそもあのオチではミステリーと呼べない。主役はまさに死体!ヒッチコックは死体役にプロの役者を起用することを主張し、フィリップ・トルエクスがその名誉?にあずかりました。こんな場面で終わる映画なんてある?ちゃんと処理されたのだろうか?それとも放置プレイのまま?変な余韻が残してくれます。ところでハリーという名前や墓場を掘りおこすという設定...何かを思い出しませんか?そう、キャロル・リード監督の名作『第三の男』(1949)です。原作は1950年に出版されたものだから時期的に近い。ヒッチコックがというより、原作者のジャック・トレヴァー・ストーリーが『第三の男』のファンだったのかな、と密かに思ったりします。

ハリーの災難 死体
『ハリーの災難』の主演俳優は"死体"でした、はい。

ヒッチコック カメオ出演場面「ハリーの災難」でのヒッチコック・カメオ出演場面!

ハリーの災難 ヒッチコック カメオ

0:22 絵画を眺めている老人のリムジンのわきを通り過ぎる。後ろにいるオッサン

『ハリーの災難』はヒッチコック独特の、ひょうひょうとしたブラック・ユーモアにあふれている。サスペンスを期待すると肩透かしをくらいますが、別の意味で、実にヒッチコックらしい作品。"死体"が主役の変な映画。ほのぼの不謹慎でも言いましょうか?個人的には結構好きです。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

1000 Frames of The Trouble with Harry (1955)

スポンサーサイト


2017.03.29 Wednesday | 00:45 | - | - | - |

コメント

好きです。この作品。イギリスっぽい(行ったことないですが)感じがします。

moviepad様に
>パールさんは『裏窓』派でしょう?
と言われましたが、二択なら、『サイコ』派です(キッパリ!)…何の自慢でしょうか(笑)…

コーネル・ウールリッチ(ウィリアム・アイリッシュ)の小説は好きでほとんど読んでいますが、映像化された場合は話が別です。

ふるさんのヒッチコックの特集(!)で、記憶をよみがえらせています。楽しい毎日を過ごしております。ありがとうございます。

観ていない作品もあるし、ふるさんの記事を読んでもう一回観たい作品もあるので、最寄りのレンタルショップに何度か立ち寄りました。
三十九夜は取扱いなしなのは仕方がないとして、ふるさんが取り上げた作品が、なんだか順番に借りられているような気が…レンタル期間は1週間だと思うのですが…
ふるさんの記事のファンが近くに住んでいる?
2014/08/11 8:46 PM by パール
>二択なら、『サイコ』派です(キッパリ!)
よかったです(笑)

ウールリッチの小説は遠い昔『幻の女』を読んだだけですが、面白かったなあ。映画化されているようですが、アレを映画で観たいとはあんまり思わない。

『三十九夜』を置いてないなんて何て品ぞろえの悪い店でしょう。サスペンスではなくクラシックの棚にあるかも?まあ、『三十九夜』はパブリックドメインなので安い500円のDVDが本屋とかに売ってますよ。ブッ××フの中古なら250円(笑)

>ふるさんの記事のファンが近くに住んでいる?
このサイトはそんなにメジャーじゃないので偶然でしょう。ところでふるさんって誰ですか?(笑)
2014/08/11 9:12 PM by moviepad
大変申し訳ありません。
ふるさん→ヒッチコックの間違いです。
他の作業しながら、コピペしてました。
確認不十分で送信しました。
本当にごめんなさい。
2014/08/21 9:26 PM by パール

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/632

トラックバック

▲top