映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 見知らぬ乗客 | TOP | ダイヤルMを廻せ! >>

私は告白する

私は告白する(1953 アメリカ)

私は告白する原題   I CONFESS
監督   アルフレッド・ヒッチコック
原作   ポール・アンセルメ
脚色   ウィリアム・アーチボルド ジョージ・タボリ
撮影   ロバート・バークス
音楽   ディミトリ・ティオムキン レイ・ハインドーフ
出演   モンゴメリー・クリフト アン・バクスター
      カール・マルデン O・E・ハッセ ドリー・ハス
      ブライアン・エイハーン チャールズ・アンドレ

アルフレッド・ヒッチコック監督の『私は告白する』は究極のシチュエーションドラマである。ます、カトリックの神父が「私は殺人を犯しました」という懺悔を聞く。カトリックの神父は懺悔内容を他人に話してはいけないという戒律があるため神父自身が犯人と疑われた。死刑になる可能性もある。それでも神父は戒律を守るのか....ドラマの主題を重く受け止める人、バカバカしいと一笑にふす人の両極端にわかれそうな物語である。





物語
カナダ・ケベックの教会で働くオットー・ケラー(O・E・ハッセ)は神父マイケル・ローガン(モンゴメリー・クリフト)に、弁護士ヴィレットを殺害したことを告白する。捜査により犯人が僧衣をまとっていたことが判明したため、マイケルに疑いがかかる。だが、懺悔中の告白は他人に漏らしてはいけない、というカトリックの戒律により、マイケルは真犯人の名を明かすことが出来なかった。かつ、犯行が行われた夜、マイケルは国会議員の妻ルース(アン・バクスター)と密会していたことがわかり、マイケルはますます追い込まれていく。

主演のマイケル神父役にヒッチコックは当初、ケイリー・グラント、ジュームス・スチュワート、ローレンス・オリヴィエなどを希望していたという。でもこれはモンゴメリー・クリフトでよかったんじゃないかな。どこか暗い雰囲気のするクリフトは役柄のイメージにぴったり。クリフトは撮影中ずっと酔っ払っている状態だったらしい。あれは演技じゃなく単に朦朧としていたのか。回想シーンでフェリーに乗っている、そう楽しそうにしていなければいけない場面まで目をとろんとさせていた。俳優との対立を好まないヒッチコックは、助監督やカール・マルデンにその旨を話注意させた、という。

 以下の記事はネタバレしています。未見の方はご注意ください。

このドラマにおけるヒッチコック映像マジックは冒頭が大部分。

犯人です。
私は告白する1

逃げます。影大きすぎ。
私は告白する2

こっちのほうが犯人みたい。
私は告白する3

僕の暗さはヒッチコックシャドウでさらに引き立つ♪(実はただ酔っ払っていただけ
私は告白する4

ヒッチコックはトリュフォーとの対談で、"『私は告白する』は重すぎた。"シビアな話にこそユーモアが必要なんだが..."。と告白。自転車をしょっちょうこかす神父だけじゃねえ。神父が警察に出頭、その後裁判シーンにうつる。誰が裁かれているのかなかなかわからない...気が付いたら神父だったというのはどっちらけ。ついに告っちゃったのか!(言葉の使い方違う?)と思いましたからね。ヒッチコックいわく「カトリック信者なら絶対に告白するわけないとわかるけれど、それ以外の人には、こんな馬鹿げた話はないとそっぽを向かれてしまった。観客に期待をさせてしまうような脚本がまずかった。この映画はつくるべきではなかった」と述懐しています。うーん、インディペント系とかアート映画でじっくりやるなら面白い題材だと思いますが、作品ヒットが大前提であるヒッチコック劇場のネタとしてはちょっとまずかったかな。原作は1902年"Nos deux consciences"というフランスの戯曲。あまり有名な作品ではないようです。原作では神父はそのまま首つりになる...。さすがにここは変えざるをえない。でもそれゆえ、ラストのドタバタは予想通りすぎて陳腐。犯人のオットーが卑劣なだけの人間として描かれているので、物語に深みが出てこない。

ヒッチコック カメオ出演場面「私は告白する」でのヒッチコック・カメオ出演場面!
私は告白する  ヒッチコック カメオ

0:01 階段から続く道を横切るおっさん。出るの早すぎ(笑)

ヒッチコックはシビアな題材もしっかり撮れることは英国時代の作品群が証明しています。でも、周りは彼にそういうものを期待していないし、ヒッチコック本人もシビア志向とは思えない。重すぎる題材を選んでしまい、かつヒッチコックタッチを何とか残そうとするとこうなってしまう。『私は告白する』はそういう見本のような映画でした。決して出来は悪くないのですが、娯楽映画としても芸術映画としても中途半端な仕上がりです。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

1000 Frames of I Confess (1953)



2014.08.07 Thursday | 00:56 | A・ヒッチコック | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト


2017.05.25 Thursday | 00:56 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/628

トラックバック

▲top