映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< バルカン超特急 | TOP | レベッカ >>

巌窟の野獣

巌窟の野獣(1939 イギリス)

巌窟の野獣原題   JAMAICA INN
監督   アルフレッド・ヒッチコック
原作   ダフネ・デュ・モーリア
脚色   シドニー・ギリアット ジョーン・ハリソン
      アルマ・レヴィル J・B・プリーストリー
撮影   ハリー・ストラドリング バーナード・ノールズ
音楽   エリック・フェンビー
出演   チャールズ・ロートン モーリン・オハラ レスリー・バンクス
       ロバート・ニュートン マリー・ネイ

バルカン超特急』の撮影中、当時のハリウッドの大物プロデューサー、デヴィッド・O・セルズニックからヒッチコックのもとに電報が届いた。"ハリウッドにきてタイタニック沈没の映画を1本撮らないか"という内容だ。そこでヒッチコックは『バルカン超特急』を撮り終えた後、ハリウッドにわたり契約を結んだ。(タイタニックの企画は後、『レベッカ』に変更されている) 1938年8月のことである。だが、セルズニックとの契約は1939年4月から。ハリウッドに渡るまでの空き時間にチャールズ・ロートンとドイツ人プロデューサー、エリッヒ・ポマーから依頼をうけて製作したのが『巌窟の野獣』。アルフレッド・ヒッチコック監督にとって英国時代、最後の作品である。

物語
18世紀末、身よりのないメアリー(モーリン・オハラ)は、伯母を訪ねてイギリス南西部のコーンウェルという街を訪れる。伯母ペイシャンス(マリー・ネイ)の夫ジョス(レスリー・バンクス)は、ジャマイカ亭という宿屋を経営していた。海辺にあるこの宿屋は船を難破させて、乗組員を皆殺しに金品を奪う悪行をくりかえしていた連中をかくまっている場所だった。だが、悪行はジョスが先導をきっていたわけではない。彼らを影で操っていたのは、町の名士である治安判事ペンガラン(チャールズ・ロートン)だったのだ。その実態を探るため、政府役人ジェム(ロバート・ニュートン)は身分を偽って彼らの集団にもぐりこむが...

う〜ん、何だかなあ。流れの悪いストーリーを追っているだけで終わった、いわば凡庸なTVドラマを観終わったような感触。その原因は、ヒッチコックがトリュフォーとの対談で語っているとおり。"黒幕"となる人物が主役となり、そこのアジトに出入りする場面が頻繁に出てきてサスペンスが盛り上がるわけがない。黒幕はちょっと登場する程度じゃないと黒幕には見えない!これじゃ、ただの悪役じゃん。ヒッチはチャールズ・ロートンに頼まれて引き受けた。当初ロートンはジュスの役だったのに自らペンガランに変更し、かつペンガランのキャラクターを肉付けするため脚本の改変を要求したそうです。ロートンは本作でプロデューサーを兼ねていますから、逆らえません。

巌窟の野獣 落下場面見どころがまったくないわけではありません。クラシックファンなら、音楽を作曲家フレデリック・ディーリアスの代筆者として知られるエリック・フェンビーが手掛けているのに着目するかもしれません。難破場面やラスト、飛び降りる時のアングル、そしてモーリン・オハラの美しさ...。でもストーリーがこれですから、ヒッチコックらしさを発揮する余地はありません。当然、ヒッチコックも出来に満足していないし、今ではヒッチコックの失敗作の一本という評価が定着しています。原作者のダフネ・デュ・モーリアはこの映画が気に入らず、次作『レベッカ』の映画化権を売るのを保留しようと考えていたとか。でも興行的には大成功だったんですね。なぜでしょう?前作『バルカン超特急』の余波?

ところで、モーリン・オハラといえば、ジョン・フォードの映画によく出ている女優です。ヒッチコックとジョン・フォードは女性の好みがまったく同じであるため、女優の奪い合いをしていた!ジョン・フォードがこの作品を観てモーリン・オハラをうばい、その仕返しにヒッチコックは『モガンボ』のあと、グレース・ケリーをフォードから奪った...。ヒッチコックとフォード両方に出演している女優は他にも何人かいて、ヒッチコックは「ジョン・フォードから奪ってやった」とよく言っていたとか。ヴェラ・マイルズはフォードからは「もごもごしたしゃべり方をした英国人と一緒にいたな」と言われ、ヒッチコックからは「アメリカ人と一緒に干し草に寝ころんでいただろ」と言われたそうです。いやはや。(「ヒッチコックに進路を取れ」参照)

『巌窟の野獣』を最後にヒッチコックは英国を離れ、ハリウッドへ進出します。ハリウッドに渡るまで8カ月も暇があったから引き受けた仕事なんでしょうけど、断っておけば『バルカン超特急』で英国時代、有終の美を飾れたのにねえ。もったいない。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

1000 Frames of Jamaica Inn (1939)

2014.07.23 Wednesday | 18:55 | A・ヒッチコック | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト


2017.11.24 Friday | 18:55 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/612

トラックバック

▲top