映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< 麦の穂をゆらす風 〜I’m not going to sell out〜 | TOP | イカとクジラ >>

ディック&ジェーン 復讐は最高!

ディック&ジェーン 復讐は最高! (2005 アメリカ)

公式サイトにリンク原題   FUN WITH DICK AND JANE        
監督   ディーン・パリソット        
脚本   ジャド・アパトー ニコラス・ストーラー
      ピーター・トラン      
撮影   ジャージー・ジーリンスキー             
音楽   セオドア・シャピロ       
出演   ジム・キャリー ティア・レオーニ
      アレック・ボールドウィン

1977年の「おかしな泥棒ディック&ジェーン」のリメイク。
オリジナルにほぼ忠実らしいです。

〜 物語 〜
主人公のディック・ハーパー(ジム・キャリー)は部長に昇進し、マイホームも手にいれ、妻ジェーン(ティア・レオーニ)と子供ともども順風満帆な生活を送っていた。
ところが突然会社が倒産。失業した主人公は夫婦で強盗をはじめる。
やがて自分ひとりだけ巨額の富を手にした元社長マカリスター(アレック・ボールドウィン)に対し復讐計画を立てる...。

コメディは面白い部分が中盤に集中するのが常。ラストは定番ハッピーエンドだし。
この作品も例外ではありません。中盤、主人公が失業してから強盗するまでの場面が一番面白い。
最初の何回かは怖気づいて失敗したり、妻と2人で変装して次から次へと強盗したり...。ジム・キャリーは「シェールみたいな格好をしたときはさすがに恥ずかしかった」と語ってます。関係ないけどシェールって色んなところでキワモノの代名詞に使われてますね。はい、僕もここで使っています。

それにしてもジム・キャリー老けたな。一瞬、井上順に見えました。

収穫はティア・レオーニ
この人こんなにコメディがうまい女優だったんだ。
ジム・キャリーとの相性もばっちり。
演技はとても自然で、無理なく作品に溶け込んでいます。
フィットネス・クラブでの妙なパフォーマンスは爆笑。

コメディを嫌味なく演じられる美人女優はけっこう希少価値です。
メグ・ライアンラッセル・クロウと不倫のうえ、離婚。その上お直しにも失敗し最近どうしてるのかな?)、ジュリア・ロバーツサンドラ・ブロックらのいわゆるロマコメ女王たちはどこかわざとらしい。かといって『シリアル・ママ』(個人的にお気に入りの作品。何とDVD化されていない!)のキャスリーン・ターナーのように二の腕たくましく、4文字言葉をまくしたて、包丁片手に走り回る殺人鬼オバサンとなって女を美人女優の地位を捨ててしまうのもどうかとは思いますが(笑)

いわゆるロマンティック・コメディをのぞくと、男女もののコメディ作品って意外と少ないんじゃないかな。「マンハッタン殺人ミステリー」なんて作品をふと思い浮かべましたが、あれはダイアン・キートンひとりがひたすら暴走してましたし。久しぶりのウディ・アレン作品だったせいか、とても楽しそうに演じていたので個人的には好きな作品なんですけど。

作品のお話に戻ります。
この映画はあまり気持ちよく笑えないんです。
原因はただひとつ。
あまりにも現実の影が濃厚に横たわりすぎている。

突然会社が倒産。社員は皆失業。CEOひとりだけが自社株を売り払い大儲け...。
はい勘のいい方はもうお分かりですね。
そう その現実の影とはまさにこれ。


エンロン


ジム・キャリーは「リメイクには興味なかったけど、エンロンみたいなテーマは今取り上げるべきだと思った」と語っています。ラストには「倒産企業の役員の皆さん」と題し、エンロンやワールドコムらの役員の名が実名でクレジットされています。ジムは製作にも名を連ねていますので、彼の意向がかなり反映されているのでしょう。

映画自体は浮世離れの極みのようなハッピー・エンド。究極の理想ってヤツですか?
現実にはこんなことはありえないから、鑑賞後に出るのはため息ばかりデス。
この実在の役員のご歴々はたとえ185年の懲役刑を受けてもあんなこと絶対しないでしょう(笑)

この作品は2005年12月に全米公開。オープニング3日間の興行収入は1,500万ドル弱とジム・キャリー主演作品としてはかなりヤバイ数字。作品も好評とはいえず、「ジム・キャリー人気もこれまでか...」という声もちらほら聞かれました。にもかかわらず最終的には全米興行収入1億1000万ドルに達し、結果としてアメリカにおけるジム・キャリーパワー健在を示しました。エンロンの話題性、この作品のヒットに一役買ったのかな?

エンロンやワールドコムの元従業員が、この作品に影響されて強盗稼業にいそしまないことを心からお祈り申し上げます。
人気blogランキングこの記事を楽しんでいただけましたら左のバナーにクリックお願いします!


参考「エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?」(とても長いので、お時間のある方はどうぞ)


2006.11.29 Wednesday | 21:56 | 映画 | comments(2) | trackbacks(4) |

スポンサーサイト


2020.09.28 Monday | 21:56 | - | - | - |

コメント

「エンロン」はよく行く劇場で宣伝チラシをゲットしてて、観に行こうか迷ってる作品です。
そういえば、この「ディック〜」は、安泰企業?に務めてたのに、もしやの倒産・・・
どうしよう・・・って話でした。
主役がジム・キャリーなので、面白おかしく犯罪に??走って、ハッピーエンドでしたが。
そういえば、妻役のティア・レオーニ・・・
アダム・サンドラーと共演してた「スパングリッシュ」でも、
ハチャメチャ奥さん役で、笑わせてくれてました。
なかなか見ごたえのある役でした。
2006/12/06 2:12 AM by ひらりん
ひらりんさん、コメントありがとうございます。

「エンロン」は劇場が小さいし、体調のいい時じゃないときついですよ。疲れているときはやめたほうがいいです(笑)

「スパングリッシュ」は見てないですね。
今度見てみます!
2006/12/06 9:00 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

★「ディック&ジェーン 復讐は最高!」
顔芸が出来る!!!ジム・キャリー主演のコメディ。
(ひらりん的映画ブログ 2006/12/06 2:06 AM)
『ディック&ジェーン』
『ディック&ジェーン』 YU『ツタヤでパッケージ見て面白そうで借りたんだよね』 MI『そうそう。ジム・キャリーだから面白そうかなとも思ったしね』 YU『だよね。明るい話ってイメージだからね&#63899;』 MI『まぁ、面白かったね。でも人生ってあんな簡単に天国
(子供のツタヤレンタル映画DVD鑑賞 2007/01/22 4:36 PM)
映画『ディック&ジェーン 復讐は最高!』
原題:Fun with Dick and Jane 不正経理・不正取引がばれて破綻したエンロン、史上最大の経営破綻で有名なワールドコム・・この映画では、不幸の影で儲けて笑う悪者を凝らしめ復讐する 現在の日本では、ホリエモンことライブドアの堀江貴文前社長が証券取引法
(茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 2007/03/19 2:17 AM)
ディック&ジェーン 復讐は最高!
2005年製作のアメリカ映画 全米初登場3位、興行成績0,332,737の大ヒット。 77年の『おかしな泥棒ディック&ジェーン』をリメイクした、ジム・キャリーとティア・レオーニ共演による痛快コメディ。勤務先の会社が倒産し生活に困ったディックは、妻と共に強盗稼業に
(シネマ通知表 2007/03/24 8:24 PM)

▲top