映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? | TOP | ディック&ジェーン 復讐は最高! >>

麦の穂をゆらす風 〜I’m not going to sell out〜

麦の穂をゆらす風 (2006 イギリス・アイルランド・ドイツ・イタリア・スペイン)

「麦の穂をゆらす風」原題   THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY     
監督   ケン・ローチ       
脚本   ポール・ラヴァーティ  
撮影   バリー・アクロイド     
音楽   ジョージ・フェントン    
出演   キリアン・マーフィ ポードリック・ディレーニー  
      リーアム・カニンガム
      弟59回カンヌ国際映画祭 パルム・ドール受賞作品

理想まであと一歩足りない。
そこでいったん妥協して、次の段階に進む機会をじっくり待つか?とにかく100%理想を追求するか?
不安定な状況に置かれると、ほんの小さな心の葛藤がその後を大きく左右する。

イギリスの巨匠ケン・ローチ監督の最新作である。1920年代のアイルランド独立戦争から内戦へいたるまでの市井の人々の戦いを描いた作品だ。

英国軍の残虐行為を徹底的に描写したことから、「反英国映画」「イギリス人をサディスト、アイルランド人を理想に燃える兵士として描いている」「ケン・ローチはなぜ自分の国を嫌うのか」と一部イギリスマスコミの批判をあびた。イギリスのみならず、アイルランド、オーストラリアでも賛否両論を巻き起こした話題作だ。

〜 ストーリー 〜
アイルランド独立のため戦うことを決意した若者たちがいた。
主人公のデミアンの兄テディ(ポードリック・ディレーニー)はその中心人物だ。
「英国軍相手に何ができるの?」
主人公のデミアン(キリアン・マーフィ)は医者になるためロンドンに発つ寸前だった。
英国軍から尋問された際、与えられた英語名ではなくアイルランド名を名乗ったため、友人が殺されるのを目の当たりにしても決意は変わらなかった。
ロンドンに出発するために向かった駅のホーム。
駅員、運転手、車掌らがイギリス軍から暴行を受けている。
どんなに殴られてもイギリス兵の乗車を拒否し続け、ついにあきらめさせたその姿を見て、ダミアンは医者の道を捨て、アイルランド独立運動に身を投じる決意をする。

アイルランドの人たちは激しいゲリラ戦は繰り広げたため、ついにイギリスは停戦を申し入れてきた。英国軍は撤退し、イギリスとアイルランドは講和条約を結んだ。
だが、この条約から生まれたのは、英連邦の自治領としてのアイルランド自由国であり、
 ・アイルランド自由国議会は英国国王への忠誠を誓わなければならない
 ・北アイルランド6州は、自由国に含まれずイギリス統治下に残される。
など完全独立からはほど遠い内容だった。
「最終的に自由ではないが、それを実現する可能性が与えられた」
「条約を認めてはイギリスからの独立は永久に訪れない」
条約容認派、反対派に国内は分裂し、とうとう内戦に突入。デミアンは反対派、兄のテディは容認派となり、兄弟の絆は引き裂かれることとなる…。

「今やろうとしていることは、それだけの価値があるのかな?」
裏切りの罪で、幼なじみを銃殺する前のデミアンのセリフだ。
敵の脅しに屈した弱き者にすぎなくても、裏切り者であることには変わりない。
行為を終えた後、デミアンはその幼なじみの遺書を彼の母に届けに行く。
母は叫ぶ。「2度と顔を見せないで」
同じやりとりは形を変えて、もう一度繰り返される。

戦争とは”妥協なきもの”同士の戦いである。
だが、少なくてもどちらかが妥協しなければ、戦争は終わらない。

ひたすら信念を貫くゆえの不幸と、妥協して得る平穏な日々 - いったいどちらを選ぶべきか?
「理想と現実」という言葉のもと妥協するかしないかという二者択一を迫られる場面は、我々の人生にも、そしてささやかな生活の一場面にでも頻繁に訪れる。
戦場とは、そんな二者択一を迫られる究極の場所かもしれない。
信念を貫き通すためなら自分の命すら投げ出さなければならないからだ。

戦争時の、ありとあらゆる心の動きを見事に描ききった作品である。
また、自然の光が効果的に使われている映像はとても美しい。部屋に差し込む日差しはその影をいっそう引き立たせる。人々の心模様をそのまま彩ったような美しくも悲しい白黒のコンストラストだ。

この作品は第59回カンヌ国際映画祭(ウォン・カーウァイ審査委員長)にて、下馬評の高かった『VOLVER』(ペドロ・アルモドヴァル監督)や『BABEL』(アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督)らを差し置き、満場一致でパルムドール(最高賞)に選ばれた。その栄誉にふさわしい大傑作。個人的にも2006年ぶっち切りのNo.1作品。必見です!
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。この記事が何らかの参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



2006.11.26 Sunday | 00:55 | 映画 | comments(6) | trackbacks(37) |

スポンサーサイト


2017.05.27 Saturday | 00:55 | - | - | - |

コメント

お久しぶりです。
大阪での上映最終日にみてきました。
たしかに、映像の美しさは、絶品でしたね。そよふく風の様子も、良い感じで撮られていたと思いました。
英国人の監督が、英国の暗部をも描く、こうした作品をつくることじたいが凄いことだと思います。
2006/12/15 10:15 PM by syunpo
syunpoさん、お久しぶりです!

英国を批判するというよりは、当時の英国軍を今のアメリカになぞって見てほしかったのではないか、と個人的には思います。

映像は本当にきれいだったですね。
それゆえ残虐さがより一層引き立つという恐ろしい映画です(笑)
2006/12/15 11:29 PM by moviepad
こんばんは。やっとこの作品を見ることができました。
妥協と理念のぶつかり合い。それが兄弟を永遠に分かつ・・・
でも、あの停戦時、疲労した人々が心から欲していたのは、不平等な条約でもいいから「平和」ではなかったか・・・などと考えました。
TBさせていただきました〜
2007/01/16 1:17 AM by カオリ
カオリさん、こんばんわ。
今年もよろしくお願いします!

<不平等な条約でもいいから「平和」ではなかったか・・・などと考えました。

「マイケル・コリンズ」という映画に(ここで条約を締結せず)「あと70年待てというのか」というせりふがありました。不平等であっても前進には変わりない、たぶんこれは大多数の大人の考えでしょう。ただその年月の分、いろいろな思いが積み重なってきているため簡単に妥協するわけにはいかないと考える人がいるのも当然だと思います。

どちらかが正しい!と自信をもっていえる人は誰もいないでしょう。究極の選択ともいえる状況を見事に描ききってますね。一度見たら絶対に忘れられない。近年まれにみる名作だと思います!
2007/01/16 2:09 AM by moviepad
こんにちは!
以前から観たかったのですが、やっと鑑賞出来ました〜wowowで。
いや〜〜〜重い映画でした。
呆然としてしまって涙も出ませんでした。
劇中で起きている事がとても虚しくて、観ていて辛かったです。
『戦争時の、ありとあらゆる心の動きを見事に描ききった作品』―そうでしたね〜
どうしてこんな事に!!(内戦など特に)と思いましたが、『戦争時』だったのですよね。
悩む事も戻る事もできす、ただ信じた道を進むしかなかった人たちの生き様に胸が締めつけられました。
2007/10/10 2:53 PM by 由香
由香さん、こんばんわ!

戦争中の残虐行為を描いた作品は多々あれど
戦争という状況の中での心理状態をここまで描いた作品はそうそうないでしょうね。
『ボルベール』や『バベル』を押しのけてのカンヌパルムドール受賞は大納得です。
でも、とても厳しい作品なので、もう一度観るのはつらいかな(^^;
2007/10/10 7:41 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/60

トラックバック

麦の穂をゆらす風@シネ・アミューズ
サッカー・ワールドカップの年に、あるミュージシャンのインタビューを見た。それが4年前か8年前か、そのミュージシャンの出身地ががスコットランドだったかアイルランドだったかは忘れたが、インタビューアーの「あなたの国は出場していませんが、応援している国はあ
(ソウウツおかげでFLASHBACK現象 2006/11/26 1:45 AM)
『麦の穂をゆらす風』
「なんの為に戦うのか」「こんなことの為に戦ったんじゃない」という言葉が何度も頭を過ぎります。 医師を志した青年デミアンが、銃を手に取らずにはいられなかった背景。 自ら仲間を殺さなければならなかった理由。 家族や兄弟が、敵味方に分かれ傷つけ合うことになる
(試写会帰りに 2006/11/26 3:15 AM)
真・映画日記『麦の穂をゆらす風』
11月18日(土) 午前8時前に居酒屋「村さ来」を出る。 「ロンドン・タイムス」打ち上げメンバーはまだ残っていたが、 映画館にならぶので先に出た。 池袋駅に着き、満員の山手線で渋谷へ。 8時半、シネ・アミューズ・イースト・ウエストに到着。 一番乗り
(CHEAP THRILL 2006/11/26 4:43 AM)
『麦の穂をゆらす風』
この映画はカンヌ映画祭でパルムドールを受賞した作品ですが、そんな肩書き以上に、歴史的に興味のあるアイルランド独立戦争を描いた作品なので観たかったわけです。
(映像と音は言葉にできないけれど 2006/11/26 8:04 AM)
麦の穂をゆらす風
北アイルランド紛争に関連した数々のテロ事件。その中心的な存在だったのが、本作でも取り上げられているIRAです。そして、IRAが段階的な武装解除を表明したのが、2000年5月で、武装闘争の終結が宣言されたのは、2005年7月28日。1年と少し前のことでしかないのです。私
(日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 2006/11/26 8:20 AM)
『麦の穂をゆらす風』〜いつか北国の春〜
『麦の穂をゆらす風』公式サイト 監督:ケン・ローチ出演:キリアン・マーフィ ポーリック・デラニー リーアム・カニンガムほか 【あらすじ】(goo映画より)1920年のアイルランド南部の町・コーク。医者を志す青年デミアンはロンドンでの勤務がきまり、アイルラン
(Swing des Spoutniks 2006/11/26 8:35 AM)
*麦の穂をゆらす風*
{{{  ***STORY***  2006年 イギリス=アイルランド=ドイツ=イタリア=スペイン 1920年のアイルランド南部の町・コーク。医者を志す青年デミアンはロンドンでの勤務がきまり、アイルランドを離れようとしていた。そんな時、仲間がイギリスから送り込
(Cartouche 2006/11/26 12:50 PM)
麦の穂をゆらす風
 英&愛&独&伊&西  ドラマ&戦争  監督:ケン・ローチ  出演:キリアン・マーフィ      ポードリック・ディレーニー      リーアム・カニンガム      オーラ・フィッツジェラルド 1920年。長きにわたりイギリスの支配を受けてきたアイ
(江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 2006/11/26 1:30 PM)
麦の穂をゆらす風
若者がハーリングを楽しむごくありふれた情景。 一転して女性が涙を流すやりきれない事件から始まるこの映画は 同じ女性の涙でエンディングを迎えます。 どの時代の争いも、泣かなければいけないのは 自分の家で家族と平和に暮らしたいとただ望む人たち。 「
(It's a Wonderful Life 2006/11/26 6:08 PM)
「麦の穂をゆらす風」(イギリス/アイルランド/フランス 2006年)
1920年、アイルランド南部の町・コーク。 イギリスからの独立を求めて若者たちは銃を取る。 2006年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞「麦の穂をゆらす風」。
(三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 2006/11/26 9:53 PM)
『麦の穂をゆらす風』
今年のカンヌ映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞したケン・ローチ監督の新作。独立を求め、イギリスと長きにわたる対立の歴史を刻んできたアイルランドをテーマにした本作は、上映後に10分以上ものスタンディングオベーション、審査員は全員一致で選んだという。
(моя комната 〜まやこむなた〜 2006/11/28 3:22 AM)
「 麦の穂をゆらす風/THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY(2006) 」
監督 : ケン・ローチ 出演 : キリアン・マーフィ /ポードリック・ディレーニー
(MoonDreamWorks★Fc2 2006/11/30 11:50 PM)
麦の穂をゆらす風
愛するものを奪われる悲劇を、なぜ人は繰り返すのだろう。【ストーリー】チラシ「麦の穂をゆらす風」から引用。1920年 アイルランド。激動の歴史と運命に翻弄され愛する人々との絆が引き裂かれる悲劇を名匠ケン・ローチが圧巻のスケールで描く。英国に支配されたア
(シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー 2006/12/01 7:32 PM)
麦の穂をゆらす風
静かな風が峡谷をわたり黄金色の麦の穂をゆらしていた
(悠雅的生活 2006/12/01 7:56 PM)
麦の穂をゆらす風
期待値:89%  2006年 第59回 カンヌ国際映画祭 パルム・ドール受賞作品。 イギリス映画界の
(週末映画! 2006/12/03 12:32 AM)
麦の穂をゆらす風
イギリスのケン・ローチによる、カンヌ国際映画祭パルムドールに輝いた人間ドラマ。 20世紀初頭のアイルランド独立戦争とその後の内戦で、引き裂かれる兄弟と周囲の人々の姿を描く。 主演は『バットマンビギンズ』『プルー
(ショウビズ インフォメーション 2006/12/04 1:59 PM)
★「麦の穂をゆらす風」
2006?Υ???????Υ????? ?????ä?????? ä?Ť??? ?????ä?ä
(ひらりん的映画ブログ 2006/12/05 2:55 PM)
麦の穂を揺らす風
 1921年、アイルランド共和国はイギリスからの独立を勝ち取った。だがアイルランド島の北部地方は独立が認められず、一定限度の自治権を与えられたのみだった。それまで一緒になって戦っていた独立派は、徹底抗戦派と自
(大洋ボート 2006/12/06 10:12 PM)
「麦の穂をゆらす風」を観た!
2006年もあと僅か、どの新聞も今年を振り返り、様々な分野の「回顧」記事が紙面を飾り始めています。たまたま今日12月7日、朝日新聞の夕刊では「映画」が取り上げられていて、今年を振り返っています。その中で7人の映画評論家が「私の3点」として、それぞれ推薦する映
(とんとん・にっき 2006/12/08 6:06 AM)
麦の穂をゆらす風
麦の穂をゆらす風公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆☆総合評価  ☆
(シネマ de ぽん! 2006/12/13 6:42 PM)
映画『麦の穂をゆらす風』
 1920年代、英国の支配下で辛酸を舐めていたアイルランドの若者たちが蜂起する。前半は英国軍との苦闘、後半は中途半端な停戦協定に意見を二分させた自治領での絶望的な内戦を描く。  タイトル『麦の穂をゆらす風(The wind that shakes the barley)』は、ア
(コラムニスト宣言 2006/12/15 10:03 PM)
麦の穂をゆらす風
原題: The Wind that Shakes the Barley (2006) 2006年11月18日 日本初公開 公式サイト: http://www.muginoho.jp/ アミューズCQN シアター1 G-15 2006年12月20日(水)10時45分の回 ゴウ先生総合評価: B+   画質(ビスタ): A-   音質(SR
(映画と本と音楽にあふれた英語塾 2006/12/22 6:09 PM)
リール&ジグ:麦の穂を揺らす風(2006)
英国の社会派監督ケン・ローチによる、アイルランド独立戦争とその後の内戦をテーマにしたドラマ。2006年カンヌ最高賞受賞作で、しかも私の専門(なんの?)アイルランド物、その上マイお気に入り登録済みのキリアン・マーフィー主演ですから。そして映画館が満員で3度
(ORGANIC STONE 2007/01/07 7:59 PM)
麦の穂をゆらす風(06・アイルランド・英・独・伊・西)
山形にもやってまいりました1週間上映!初日一番の回はパイプ椅子が出るほど満席でしたー。 しかし映画途中でところどころからイビキが・・・3人は確実にいましたね。喝!!!!! この映画のどこに居眠りしたくなるシーンがあるのか不思議。しかも初日から失礼千万
(no movie no life 2007/01/16 1:26 AM)
「麦の穂をゆらす風」映画感想
以前予告編を見て雰囲気とテーマに惹かれる物があった、「麦の穂をゆらす風」を見てき
(Wilderlandwandar 2007/01/17 3:35 PM)
麦の穂をゆらす風
 硬派な作品ですが、第1次大戦後のアイルランド独立戦争とその後の分裂が実にわかりやすく描かれています。  とはいうものの、今となって80年前
(シネクリシェ 2007/01/18 3:19 AM)
麦の穂をゆらす風
この映画の他のイギリス周囲の民族紛争映画徹底的に違うところは、「物語的」ではなく、史実としてマジマジと「民族紛争」の怖さと「人間のおろかさ」を描いている点です。 歴史の中に隠された悲しいストーリーを感傷的に観ようとすると、この映画は結構きついものがあ
(八ちゃんの日常空間 2007/01/24 6:05 AM)
映画レビュー#43「麦の穂をゆらす風」
基本情報 「麦の穂をゆらす風」(2006、イギリス、アイルランド) 監督:ケン・ローチ(ケス、リフ・ラフ、マイ・ネーム・イズ・ジョー) 脚本:ポール・ラヴァティ(カルラの歌、マイ・ネーム・イズ・ジョー、スウィート・シックスティーン) 製作:レベッカ・オブラ
(Production Rif-Raf 2007/03/10 10:07 AM)
麦の穂をゆらす風 〜新作DVD〜
昨年冬の公開作品であったが、DVDを観なおしてレビューを書きたかった。そのタイミングとして「クィーン」の直後というのも、筆者としては色々な意味で英国に向いていたので効果的ただったと思う。ヨーロッパの歴史、取分けイギリスの歴史は大変分りにくい。特に、日
(利用価値のない日々の雑学 2007/04/28 10:25 AM)
麦の穂をゆらす風
2006年 アイルランド・イギリス・他 2006年11月公開 評価:★★★★★
(銀の森のゴブリン 2007/05/26 10:40 PM)
『麦の穂を揺らす風』
麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディションキリアン・マーフィー、ポードリック・ディレーニー 他 (2007/04/25)ジェネオン エンタテインメント この商品の詳細を見る監督:ケン・ローチ CAST:キリアン・マーフィー 
(Sweet* Days** 2007/08/02 11:16 AM)
麦の穂をゆらす風
こういう、史実をもとにした映画はある程度バックグラウンドが わからないと楽しめないかもしれない。 「レッズ」、「ドクトル・ジバコ」、「アラビアのロレンス」 どれでもそうだ。「ゴッド・ファーザー」だって例えばパート2
(悲しみにせよ、喜びにせよ 2007/08/31 1:03 PM)
映画『麦の穂をゆらす風』
原題:The Wind that Shakes the Barley 第1次世界大戦後のアイルランド独立戦争、英愛条約の締結後のアイルランド内戦と美しい自然を背景に、義勇兵としてIRAに参加した悲しい男の物語・・ 麦の穂をゆらす風というロマンチックな題名から受ける印象、そ
(茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 2007/10/07 12:56 PM)
麦の穂をゆらす風
WOWOWで鑑賞―【story】1920年アイルランド。英国による圧政からの独立を求める若者たちが義勇軍を結成する。医師を志すデミアン(キリアン・マーフィー)も将来の夢を捨て、過酷な戦いに身を投じていく。激しいゲリラ戦は英国軍を苦しめ停戦、講和条約にこぎつけるもの
(★YUKAの気ままな有閑日記★ 2007/10/10 2:42 PM)
≪麦の穂を揺らす風≫
麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション ¥3,826 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/10/22) 原題 THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY 製作年度 2006年 製作国 イギリス/アイルランド/ドイツ/イタリア/スペイン 上映時間 126分 監督 ケン・ローチ
(ミーガと映画と… -Have a good movie- 2007/10/27 6:47 PM)
『麦の穂をゆらす風』を観たぞ〜!
『麦の穂をゆらす風』を観ました社会派ケン・ローチ監督が、激動の歴史に翻弄される2人の兄弟を軸に、独立戦争から内戦へといたる1920年代のアイルランド近代史を描いた悲劇の物語です>>『麦の穂をゆらす風』関連原題:THEWINDTHATSHAKESTHEBARLEYジャンル:ドラマ/戦
(おきらく楽天 映画生活 2008/07/24 10:57 PM)
『麦の穂をゆらす風』
イギリスの鬼才、ケン・ローチの描くアイルランド独立戦争下の、独立運動に身を投じる兄弟の確執を描いた重いドラマ。 カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した話題作です。 英国の執拗なまでの圧政により、独立運動の機運が高まるアイルランドの当時の史実に基づく作
(cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー 2008/07/25 12:11 AM)

▲top