映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ふしだらな女 | TOP | 農夫の妻 >>

リング (1927)

リング(1927 イギリス)

リング(1927)原題   THE RING
監督   アルフレッド・ヒッチコック
脚色   アルフレッド・ヒッチコック
撮影   ジョン・J・コックス
出演   カール・ブリッソン リリアン・ホール=デイヴィス
      イアン・ハンター フォレスター・ハーヴェイ
      ハリー・テリー ゴードン・ハーカー

(日本劇場未公開)

アルフレッド・ヒッチコック監督『リング』は、三角関係を描いた古典的なメロドラマ。ヒッチコック本人が脚本を手掛けた最初で最後の作品である。クレジットはヒッチコックひとりだが、実際は数人が手伝っているようだ。ヒッチコックの"手柄を独り占めしたがる傾向"は若き頃から既にあったんですね。『ダウンヒル』、『ふしだらな女』と戯曲の映画化を2つやった後でヒッチはストレスがたまっていたという。それにしてもヒッチ本人が書いた脚本がサスペンスではなく、メロドラマであることに驚き。この頃はまだ、自分の適性がサスペンスにあることを認識していなかったのだろうか?また、ヒッチコックとボクシングなんてイメージが全く結びつかないのだが、ヒッチコックはよくロンドンのボクシングマッチを観に行っており、1ラウンド終わるごとにボクサーにシャンパンがかけられることも知っていた。ちなみにタイトルのリングはボクシング上のリングと結婚指輪の意味を兼ねてつけられている。

物語
ジャック(カール・ブリッソン)は"ワン・ラウンド・ジャック"と異名をとる見世物小屋のボクサー。ジャックにはネル(リリアン・ホール=デイヴィス)という婚約者がいて、彼女はボクシング試合の切符売りをしていた。オールトリアのチャンピオン、ボブ・コービー(イアン・ハンター)はネルに恋をして、素性を隠してジャックに挑み勝利をおさめる。ボブはネルに近づくため、ジャックを自分のトレーニング・パートナーに採用。生活苦から脱したジャックはネルと結婚。だが、ネルはボブの誘惑に負けて浮気を重ねる。ジャックはボブに復讐するため、ボクサーとしての格をあげ、ついにボブとの直接対決に挑むのであった

ヒッチコックは例のトリュフォーとの対談集で次のように語っている。

「わたしにとってもおもしろい映画だった。『下宿人』につぐ、真のヒッチコック映画と言っていいくらいだ。あの映画では、ありとあらゆる斬新な手を使ってみた。モンタージュにも凝った。映画のプレミアのときには拍手が出たよ。あんなことははじめてだった」



実際、『リング』は批評家からは好評だった。だが、興行成績はふるわなかった。
ヒッチコックはトリュフォー相手に、いかに"字幕で説明せずに"映像でストーリーを語っていったかをえんえんと語る。これはヒッチコック一番のこだわりだろう。タイトルマッチの表で、ジャックの位置がだんだん上がっていく映像はうまいと思いました。
でも今みるどそれほど斬新にはみえないが他の映画作家がヒッチコックを真似たからだろうか?ヒッチコックが熱心に語るのは、ジャックが自分の周囲の人にシャンパンをつぐ場面。「もう少しで妻が帰ってくるよ」というが、一向に帰らず。それを暗示するかのようにシャンパンの泡が消えていく。これ、実際、映像で観るとそれほど物語進行において、効果をあげていると思えない。「もうあんなことはしないだろうけど」と前置きして話したのはヒッチコック本人もそう感じたからだろう。

リング シャンパン1リング シャンパン2シャンパン3

そして、物語の重要な小道具である蛇型のブレスレット。妻の浮気を示すものとしていくつかの場面で使われるのだが少しわざとらしいし、浮気相手の肖像画を目の前にピアノをひくなんてありえる!?まあ、ヒッチコックの映画にその手のリアリティを要求するのは間違ってますが

リアリティといえば、ビル役のイアン・ハンター。どうみてもチャンピオンボクサーの体じゃねえよな。ぶよぶよじゃん。また、昨今の映画監督なら"ボクシング場面をリアルに撮りたい!"と意気込むところだろうが、映像を観る限りヒッチコックにその手のこだわりがあるように思えず。そういえば、『ダウンヒル』での男どおしの喧嘩場面もなんかじゃれあっているみたいだったし。ヒッチはその手のアクション描写にはあまり興味ないんでしょうね。そして、この女!"男は金よ"といわんばかりに、結婚直後から浮気するような糞ビッチが、ラストで突然いい人に...。人間描写にもリアリティがありません(笑)。

『リング』は今観ると映像効果を意識しすぎて少し上滑りしている印象。物語上、ここまでやる必然性ないんじゃないの?と思う箇所も多々あり。ただ、サイレント映画という制約のなか、自分の脚本を映画に出来るというチャンスをフルに活かそうとしたヒッチコックの熱意は十分に感じ取れる作品です。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

1000 Frames of The Ring (1927)


スポンサーサイト


2017.04.26 Wednesday | 19:17 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/595

トラックバック

▲top