映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< スタートレック ファースト・コンタクト | TOP | ネメシス/S.T.X >>

スタートレック 叛乱

スタートレック 叛乱(1998 アメリカ)

スタートレック 叛乱原題   STAR TREK: INSURRECTION
監督   ジョナサン・フレイクス
原案   リック・バーマン マイケル・ピラー
脚本   マイケル・ピラー
撮影   マシュー・F・レオネッティ
音楽   ジェリー・ゴールドスミス
出演   パトリック・スチュワート ジョナサン・フレイクス ブレント・スピナー
      レヴァー・バートン マイケル・ドーン ゲイツ・マクファーデン
      マリナ・サーティス F・マーレイ・エイブラハム ドナ・マーフィ
      アンソニー・ザーブ グレッグ・ヘンリー ダニエル・ヒュー・ケリー
      マイケル・ウェルチ マイケル・ホートン

スター・トレック映画版において、一般的評価と個人的評価は多少の差はあれど、概ね一致している。それが一番違うのがこの『スタートレック 叛乱』。監督は前作『スタートレック ファースト・コンタクト』に引き続きライカー役のジョナサン・フレイクス。作品評価は賛否両論で、興行的にも前作はおろか、不評だった『スタートレック ジェネレーションズ』をも下回ってしまった。確かに映画としての完成度は今イチです。でも個人的には『〜ファースト・コンタクト』よりもこの作品が好き。その理由はかなり単純です。



物語
地球の中世時代のよう牧歌的な雰囲気をもつバクー人の惑星で調査活動を続けていたアンドロイドのデータ少佐(ブレント・スパイナー)に異変が起きた。実はバクー星は、基地も隊員もホログラム映像で偽装し、惑星連邦とソーナ人が共同で密かに観察していたのだ。誤作動が起こったデータはホログラムを解除、隊員達を人質にしてしまった。エンタープライズ号艦長ピカード(パトリック・スチュワート)はバクーに駆けつけ、ソーナ人のルアフォ総統(F・マーリー・エイブラハム)に破壊されようとしていたデータを何とか回収した。ピカードはデータ誤作動の原因を解明していくうちに、バクー人の惑星は不老不死をもたらす特殊な放射線に包まれており、ゾーナ人が連邦のダワティ提督(アンソニー・ザーブ)と共謀してバクー人を強制移住させ、永遠の若さの秘密を手に入れようと企んでいたことがわかった。この計画を阻止すべく、ピカードたちは連邦に逆らってでもこの惑星を守ることを決意、ゾーナの巨大戦艦2隻と戦いを繰り広げる

前作同様、今回も戦艦の見せ方がうまいんですよ。
戦艦というよりバックの宇宙の色使いがいい。
血のような深紅にそそられます。



バクー星 魚また、今回も台詞がいいんです、
データが「(バクー人が)拒んだ技術の塊が僕か」と嘆いたり。
あ、データって浮き袋の機能もあるんですね。

あと、ピカードとバクー星の女アニージ(ドナ・マーフィー)の会話がなかなか粋です。
アニージはワープ技術を否定。
「(ワープを試してみたことはあるけれど)どこにいってもむなしい旅でした」
ああ、こーいうのがトレッキーに嫌われたのね(爆)。

アニージ「(ここでも)速いペースの人生に憧れて、星を出る若者もいるわ」
ピカード「みんな魂を売ってでも長生きしたいのに
ああ、自分が長生きするために魂を売るばかりか、他人の寿命を縮めている輩もいるのに!
ブラック企業の経営者とかね。

アニージ「ここにいると全てが変わる。昨日のことを忘れ明日の計画を立てない
こんな生活ができたら最高ですね。
スター・トレックで描かれるユートピアは全然良いと思わないものばかりだったけど
このバグー星なら行ってみたい!

baku-village1

アニージ「完全な瞬間を経験したことはある?」
ピカード「完全な瞬間とは」
アニージ「時が止まりその中に生き続けるような
ぐお〜〜ん。

baku-village2

『スタートレック 叛乱』、確かに後半からのストーリー展開は"ああ、やっちまったな”って感じです。
敵のキャラが魅力に乏しい。どこがアンチエイジングしてるの?って風貌だし。

でもそんなことどーでもいいんです。バグー星の風景にいやされ、バグー星に憧れた。
あと、洞窟っぽい映像って個人的に好きなんですよね〜。船の映像もいい。
要はたとえストーリーが無茶苦茶だろうが、気に入った台詞や価値観、映像があればそれでよし。
”スター・トレック”シリーズは個人的にはそんな楽しみ方をしています。
だから『スタートレック 叛乱』はお気に入り。この映画の質感が好き。
少数派...じゃないよね、多分(笑)。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

Star Trek: Insurrection at Memory Alpha (a Star Trek wiki)
Star Trek: Insurrection at Rotten Tomatoes
Star Trek: Insurrection at Box Office Mojo


スポンサーサイト


2017.05.24 Wednesday | 00:51 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/570

トラックバック

▲top