映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< スター・トレックVI/未知の世界 | TOP | スタートレック ファースト・コンタクト >>

スタートレック ジェネレーションズ

スタートレック ジェネレーションズ(1994 アメリカ)

スタートレック ジェネレーションズ原題   STAR TREK: GENERATIONS
監督   デヴィッド・カーソン
原案   リック・バーマン ロナルド・D・ムーア ブラノン・ブラーガ
脚本   ロナルド・D・ムーア ブラノン・ブラーガ
撮影   ジョン・A・アロンゾ
特撮   ILM
音楽   デニス・マッカーシー
出演   パトリック・スチュワート ウィリアム・シャトナー ジョナサン・フレイクス ブレント・スピナー
      レヴァー・バートン マイケル・ドーン ゲイツ・マクファーデン マリナ・サーティス
      マルコム・マクダウェル ジェームズ・ドゥーアン ウォルター・コーニッグ アラン・ラック
      ジャクリーン・キム バーバラ・マーチ グウィニス・ウォルシュ ウーピー・ゴールドバーグ
       
スター・トレックの生みの親、ジーン・ロッデンベリーが亡くなってから初めての映画。製作チームはロッデンベリーがいたときにはさせてもらえなかった企画を実現した。そう、新旧シリーズのキャラクター共演である。新スタートレッククルー初の劇場版映画『スタートレック ジェネレーションズ』では宇宙大作戦のカーク艦長(ウィリアム・シャトナー)と新スター・トレックのピカード艦長(パトリック・スチュワート)が夢の共演をはたした。監督は新スター・トレックの人気エピソード『亡霊戦艦エンタープライズ"C"』(Yesterday's Enterprise)などを手掛けているデヴィッド・カーソン。だが、前シリーズの劇場版1作目同様、気負いだけが空回りし、新旧艦長共演しか見どころのない(これだってトレッキー以外はどーでもいいこと...)、興行的にはまずまずだったが、作品は不評。映画版新スター・トレックは苦い船出となった。

物語
2293年、地球の衛星軌道上で新型スター・シップ、USSエンタープライズBの進宙式が行われ、先代エンタープライズの元艦長ジェイムズ・T・カーク(ウィリアム・シャトナー)らが招待され、処女航海に同席していた。このとき、エルオーリン星の船から救難信号が入りエンタープライズBが救出に向かい、リボン状のエネルギーの渦に巻き込まれている難民輸送船から数十人の難民を助け出す。だが、エンタープライズBもエネルギーリボンに巻き込まれてしまい、第2船体が消滅。救出のため乗り込んでいたカークの死を誰もが確信した...。
それから78年後。ウォーフ(マイケル・ドーン)の昇進祝いの最中に、救難信号を受けたU.S.S.エンタープライズDが、攻撃を受けた観測基地へ向かう。艦長のピカード(パトリック・スチュワート)は転送による救出を図るが、救出されたのはエルオーリア星の男ソラン(マルコム・マクドウェル)一人。彼は78年前の事件の生存者であった。その後、クリンゴン帝国の宇宙船が、墓地内からソランとジョーディ(レヴァー・バートン)が連れ去る。やがて、ソランが合成物質トリリシウムを使った兵器を開発しようとしていたこと、そして、エネルギー・リボンの中にある桃源郷「ネクサス」での体験が忘れられず、そこに戻ろうとしていた。ネクサスへの扉がエネルギーリボンで、ソランは恒星を消滅させ、その扉を引き寄せようとしていた。ピカード艦長は、その恒星系の2億人の人命を救うため、ソランを追いかけるがそこでエネルギー・リボンに包み込まれ、伝説の人物に遭遇する。



宇宙大作戦からはカークのほか、スコット(ジェームズ・ドゥーアン)、チェコフ(ウォルター・コーニッグ)が出演しているが。本来はスポック(レナード・ニモイ)、ドクター・マッコイ(デフォレスト・ケリー)の予定だった。ケリーは出演予定だったが、体調悪化により降板。彼の台詞はチェコフに引き継がれた。またレナード・ニモイは当初、出演だけでなく監督も依頼されていたが、脚本を読んで自分の台詞が"スポックである必然性がない"と感じ、辞退。彼の役はスコットに変わった。また、スールー(ジョージ・タケイ)にはエンタープライズBの艦長役で出演依頼したが(最初のヘタレ艦長?)、タケイはスールーの格が下がると判断し拒否、スールーの娘を乗船させる案に変わっている。

まずカークさんは冒頭17分強登場。英雄扱いされて戸惑う演技は珍しくよかった。でも、エンタープライズNCC-1701-Bの艦長ハリマン(アラン・ラック)の無能ぶりをみて顔をしかめるカークはいつもの大根シャトナー。やっぱ、カークはこうじゃなくっちゃ(爆)。

データ(ブレント・スピナー)はアンドロイドなのに、TVシリーズのころより老けて見えます。
そのデータに感情チップをうめこむという設定はいただけない。
高笑いするデータなんて見たい?その後の劇場版にも引き継がれる設定で、TVシリーズのままだと一般の観客が戸惑うと思ったのかもしれませんが、キャラの魅力を逆に殺している。

当作の目玉はカークの死。シャトナーは前作『スター・トレックVI/未知の世界』でカークを死なせることを熱望していたが、ニコラス・メイヤー監督にあっさり却下された経緯もあることから、やっと念願がかないました。この作品でカークが死ぬらしいという噂が流れるや、ファンが大反発。"カークを殺すことができるのはジーン・ロッデンベリーだけ"とマスコミや映画会社に抗議が殺到した。だが、ロッデンベリーはこの世にいないため、映画会社やりたい放題。当初の脚本ではカークはソラン博士に後ろから撃たれてあっけなく死んでおり、撮影も行われていたのですが、試写会での評判があまりにも悪いため、急遽変更、追加撮影を行ったそうです。

さて、内容に入りますが、はっきりいってつまらない。
最初観たとき、途中で寝ちゃいました。
わかりにくい物語はいつものことですが、後半からはだるいドラマとアクションのオンパレード、
ソランとピカードが最初に対決する場面あたりから瞼が重くなり、ネクサスに飛ばされたピカードが家族と遭遇する...そしてなぜかガイナン(ウーピー・ゴールドバーグ)が登場し、「私は影なの」と訳のわからんことをのたまいます。ガイナンのキャラクターには物語に柔軟に対応するため、あえて詳細な設定を設けられていないのですが、こんな使い方はどうかと?

時がないため、どんな時代にも舞い戻ることができるネクサス。
一緒に戻ってソランの横暴をとめろというが
「私は影だから無理ね。でもぴったりな人がいるわ」
といってネクサスの新入り"カーク"を紹介。
そしてピカードはカークに会いに行く。
熱心なトレッキーはこれだけで胸熱なのかもしれませんが,,,.。
会話がつまらないし、制服きてないカークなんてただのおっさんですわ。
その後のアクション場面もどっちらけ。
あの死に方、背中からあっさり撃たれるのと大して変わんないような,,,。
カークには戦艦内で死んで欲しかったと思う人も多いのでは?

『スタートレック ジェネレーションズ』は脚本にも映像にも冴えが全く見られない作品、
データが猫のスポットと再会し、黄色い涙をながす場面すら白けました。スポットちゃん嫌がっているし(笑)。
ラストの台詞も臭い。誰だ、こんな脚本書いたのは!あまりにTVチック。映画の終わり方じゃないよ。

というわけで『スタートレック ジェネレーションズ』はカークとピカードの共演が見たい人専用、つまり熱烈トレッキー専科映画、
まあ、データに感情チップが入ったことだけ知っていれば(その後の映画版でも出てくるので)パスしてもさしつかえない作品です、はい。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

Star Trek Generations at Memory Alpha (a Star Trek wiki)
Star Trek Generations at Rotten Tomatoes
"Star Trek Generations". Box Office Mojo.

スポンサーサイト


2017.06.24 Saturday | 00:41 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/568

トラックバック

▲top