映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ON AIR オンエア 脳・内・感・染 | TOP | サバイバル・オブ・ザ・デッド >>

ゾンビランド

ゾンビランド(2009 アメリカ)

ゾンビランド原題   ZOMBIELAND
監督   ルーベン・フライシャー
脚本   レット・リース ポール・ワーニック
撮影   マイケル・ボンヴィレイン
編集   アラン・ボームガーテン
音楽   デヴィッド・サーディ
出演   ウディ・ハレルソン ジェシー・アイゼンバーグ
      アビゲイル・ブレスリン エマ・ストーン
      アンバー・ハード ビル・マーレイ

2009年10月2日に全米で公開されるや興行収入1位を獲得、全米で7500万ドル、世界興収1億ドルを超え、ゾンビ映画としては異例の大ヒットを記録したのがルーベン・フライシャー監督の「ゾンビランド」です。実質的には笑えないコメディであり、ゾンビは全然怖くない。ホラー映画が苦手な人のほうが、より楽しめそうな作品です。

物語
謎の新型ウイルス感染により、世界中がゾンビであふれかえった。大学生のコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)は“生き残るための32のルール”を自分に課したため、何とか生き残っていた。彼は両親の住むコロンバス州オハイオに向かう途中、抜群の射撃テクニックをもち、ゾンビ退治に執念を燃やすタラハシー(ウディ・ハレルソン)やウィチタ(エマ・ストーン)とリトルロック(アビゲイル・ブレスリン)という詐欺師姉妹と出会い、"ゾンビとは無縁の天国"と噂されているロサンゼルス郊外の遊園地"パシフィックランド"を目指すが...




ウディ・ハレルソンジェシー・アイゼンバーグアビゲイル・ブレスリン、そしてビル・マーレイ...アカデミー賞ノミネート経験のある俳優が4人も出演しているゾンビ映画なんて他にあるでしょうか?でも演技合戦の火花は散りません。主役はゾンビ...でもなさそうです。この映画の売りはこれ、ジェシー・アイゼンバーグ演じるコロンバスが考え出した、ゾンビが蔓延する社会において“生き残るための32のルール”です。(映画本編内で紹介されるのは、この中の一部のみ。が紹介されたルールです。)

ルール1."Cardio" (有酸素運動)
ルール2."Double tap" (二度撃ちして止めを刺せ)
ルール3."Beware of bathrooms" (トイレに用心)
ルール4."Wear Seat Belts" (シートベルトをしろ)
ルール5."No Attachments" (ゾンビを発見したらまず逃げろ)
ルール6."Cast iron skillet" (フライパンでぶっ叩け)
ルール7."Travel light" (旅行は身軽であれ)
ルール8."Get a kickass partner" (クソったれな相棒を見つけろ)
ルール9."With your Bare Hands" (家族・友人でも容赦しない)
ルール10."Don’t Swing Low" (素早く振り向け)
ルール11."Use Your Foot" (静かに行動すべし)
ルール12."Bounty paper towels" (バウンティ・ペーパータオルは必需品)
ルール13."Shake it Off" (異性の誘惑には注意)
ルール14."Always carry a change of underwear" (下着の替えは常に用意しろ)
ルール15."Bowling Ball" (ボウリングの球をぶん投げろ)
ルール16."Opportunity Knocks" (人の集まる場所は避けろ)
ルール17."Don't be a hero."( 英雄になるな)
ルール18."Limber up" (準備体操を怠るな)
ルール19."Break it Up" (葬儀・埋葬の必要はない)
ルール20."It's a marathon, not a sprint, unless it’s a sprint, then sprint" (人を見たらゾンビと思え)
ルール21."Avoid strip clubs" (ストリップクラブは避けろ)
ルール22."When in doubt, know your way out" (逃げ道を確保しろ)
ルール23."Zipplock" (金品よりも食料確保)
ルール24."Use your thumbs" (生き残るためには犯罪も)
ルール25."Shoot First" (火の用心)
ルール26."A little sun screen never hurt anybody" (肌の露出は最小限に)
ルール27."Incoming!" (就寝前には安全確認)
ルール28."Double-Knot your Shoes"( 食事と風呂は短時間で)
ルール29."The buddy system" (二人組で行動しろ)
ルール30."Pack your stain stick" (予備の武器を持て)
ルール31."Check the back seat" (後部座席を確認しろ)
ルール32."Enjoy the little things" (小さいことを楽しめ)

こんな画像も見つけましたんで、一応張っておきますね。クリックすると拡大します!
ゾンビランド ルール

ちなみに日本語のページをみると、ルール14はショッピングモールは補給基地と訳されているのですが、何で"Always carry a change of underwearがそうなるの?ということで、ここだけは筆者が訳し直しています。ロメロの「ゾンビ」(1978)ファンを惹きつけるための、確信犯的誤訳でしょう。

それにしても、この映画、いわゆる"釣り"が上手い映画ですね。
最初、この怪しげなルールで釣っておいて「あ、この映画面白そう」と観客を引き込みます。
でも、それだけで引っ張るのも限界が...コロンバスとタラハシーが詐欺師姉妹に出会うあたりから急につまらなくなる。
前半の見所といえば、406号室の女、アンバー・ハードがゾンビに変身する場面くらい。



こーいうのがバンバン出てきてこそゾンビ映画なんですが、怖いゾンビはほとんどこれだけです。
ただ....ゾンビはこういう動きしないと思うんですが...。
結局、「ゾンビランド」はホラー映画、ゾンビ映画が苦手な人用につくられた、ゾンビが出てくるだけの、凡庸なコメディ映画なんです。
ネットを徘徊すると、「今までで最高のゾンビ映画」という目を疑うようなコメントが散乱していますが、まあ、その人はこれが人生初のゾンビ映画だったんでしょう。そりゃ最高でしょうよ(笑)。

最後に、一応見せどころを用意しています。
その見せどころまではひたすらつまらんエピソードで話をつないでいます。
ビル・マーレイも出てきますが、はっきりいって彼の無駄遣いです。

その見せどころとは遊園地にあふれかえったゾンビ...。

ただし、目をひくのはピエロゾンビくらい。これは他で観たことない!
でも...笑顔のゾンビなんてあり!?
ゾンビランド ピエロ

射撃の名手タラハシーの神業によって事態はあっさり収束。
こんなんでゾンビがあっさり片付くんなら、ゾンビ映画はホラーとして成り立たなくなります。
もしかしたら、ここは笑うところなのかもしれませんが、はっきり言ってゾンビ映画への冒涜そのものであります。

うーん、はっきりいって「ゾンビランド」からはゾンビやゾンビ映画への愛が全く感じられないんです。
そもそも、上記の32のルールからして20〜30分でテキトーに考えたって感じ。
ゾンビ映画を研究して生み出したとはとても思えぬ内容です。

この映画のネタ元はおそらく「ショーン・オブ・ザ・デッド」(2004)でしょう。「ショーン〜」もはっきり言うと過大評価されすぎの映画ですが、「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」(1968)や「ゾンビ」 (1978) など、製作者の"ゾンビ映画愛"にあふれていた!一方「ゾンビランド」にはそれがない。ゾンビ愛もリスペクトもnothing。ハリウッドが人気スター"ゾンビ"で金儲けしよう!それ以上のものを何も醸しだしていない。

「ゾンビランド」のヒットを受け、製作サイドは当初3Dでの続編製作を企画したが立ち消えとなった。製作サイドは次に「ゾンビランド」を30分のTVシリーズにすることを目論み、2013年4月中旬からアマゾン・インスタント・ビデオでハイロット(試作)版を配信した。だが、視聴者に不評なため、TVシリーズ化も実現しそうにないという。「ゾンビランド」の脚本家レット・リースは「映画『ゾンビランド』のファンがなぜこのパイロット版を嫌うのか理解できない」と語っている。...愛のない金儲け企画に何度も"釣られる"ほどファンもバカじゃないよ。

この映画を面白いと思う人も多いみたいです。
でも、それはネタの面白さであって、映画作品としての面白さではない。
もともとTVドラマを想定して書かれた脚本だったというのも納得。
キャラとかネタとかそんなものばかりで勝負してますから。

よって、ちょっといいにくいんですが...。
映画「ゾンビランド」は、コメディとしては退屈、凡庸。
そしてゾンビ映画としてはまごうことなき糞映画です。ああ、ついに言ってしもうた....。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

2013.06.13 Thursday | 00:10 | ゾンビ映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト


2017.05.24 Wednesday | 00:10 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/557

トラックバック

▲top