映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< ワールド・トレード・センター | TOP | 永遠に美しく・・・ >>

ウェディング・クラッシャーズ

ウェディング・クラッシャーズ(2005 アメリカ)

「ウェディング・クラッシャーズ」公式サイトにリンク原題   WEDDING CRASHERS    
監督   デヴィッド・ドブキン       
脚本   スティーヴ・フェイバー ボブ・フィッシャー    
撮影   ジュリオ・マカット      
音楽   ロルフ・ケント   
出演   オーウェン・ウィルソン ヴィンス・ヴォーン クリストファー・ウォーケン


あなたは私の親友であり船長です
私はあなたの錨と帆...


結婚式での誓いでこんなこと言われたら...。あなたなぁ〜らどうするぅー♪ 

ワタクシならその場で逃避行するか吹き出しますね。この映画のクレアのように

はい、これは今からご紹介する「ウェディング・クラッシャーズ」の一場面です。全米では2005年、あの「チャーリーとチョコレート工場」と同じ2005年7月15日に公開。公開3週目の7月末にして「チャーリー〜」から週間興行収入第1位を奪い取り、13週にわたって興収ランキングベスト10位内に留まった。(まして「チャーリー〜」は子供向けファミリー映画、「ウェディング〜」はR指定だった!)結果として全米興収は2億ドル突破、2005年年間ランキング6位の大ヒット。Source MTVムービーアワードでも作品賞を含む3部門を受賞!の話題作。Source (重い!)堂々たる実績を抱えてついに日本では.....

めでたく劇場未公開DVDスルーの運びとなりました(^^;

離婚調停人として働くジョン(オーウェン・ウィルソン)とジェレミー(ヴィンス・ボーン)。週末になると招待されてもいない結婚式に紛れ込み、大騒ぎをして女の子をナンパしお持ちかえりしてしまう"ウエディング・クラッシャーズ=結婚式荒らし" に早変わり。
ある日、財務長官ウィリアム・クリアリー(クリストファー・ウォーケン)の娘の結婚式に忍び込み、それぞれクレア(レイチェル・マクアダムス)とグロリア(アイラ・フィッシャー)という長官の娘たちに狙いを定めるが今度ばかりは勝手が違い...というストーリーです。

ハリウッドによく見られる典型的なバディ・ムービー。(buddy movie 相棒映画、男の友情をメインとした映画)自分に都合が悪くなると「お前は相棒を裏切った!」と相方を罵りはじめるし(笑)

オーウェン・ウィルソンとヴィンス・ボーンの息もぴったり。
だが身長180cmあり、決して小男ではないオーウェンが小さく見える...。何せヴィンスがでかすぎるのだ。身長196cm!!!とか。トム・クルーズとは一生共演できないでしょうね(笑)アメリカではこの2人、※ゴシップ欄でも時の人となっています。ハリウッド通を気取りたいならこの2人の名前は覚えておいたほうがいいでしょう。Ranking

※ ヴィンス・ボーンはいわずとしれた"ブラピ元妻"ジェニファー・アニストンの交際相手(破局説がしょっちゅう出てますが)オーウェン・ウィルソンは「You, Me and Dupree」で共演したケイト・ハドソンの離婚?の原因と言われています。ちなみにオーウェンはそれを否定。メディアを片っ端から訴えると意気込んでいたがその後もランチをいっしょにとっている写真がパパラッチされている...)

この作品で一番楽しいのはこの2人が騒いでいる場面。結婚式荒らし、といっても実態はパーティ盛り上げ係のようなもので結婚式そのものをぶち壊しているわけではありません。ここはちょっと期待はずれ(笑)立食パーティ形式で行われることの多いアメリカでは見知らぬ人の結婚式に紛れ込むこともできてしまうんでしょうね。日本人にはピンとこない感覚です。彼女探しに結婚式直後は狙い目だ、女性は自分も結婚したくなってるから、とは日本男子もよく言ってますけどね(爆)

セリフの核を成すのが「結婚式荒らしのルール」
ジェレミーいわく、12年前に師のチャズに伝授された宝だとか(笑)
だが実際はそのときに思いついた事をルールにして適当に番号をつけてセリフにしているようです。

RULE#40 招待状をもらったら負けだ(Invites are for losers)とか
RULE#9 偽名を使え (Never use your real name)
RULE#32 生存確実な名前を出せ(Never commit to a relative unless you're positive they have a pulse.)

みたいな感じですね。

ヴィンス・ボーンのマシンガン・トークも楽しいが、やはり作品を支えているのはコメディ&バディ・ムービーはお手の物の、オーウェン・ウィルソンの演技。バーブラ・ストライザントと双璧の独特の鼻を携え、実に楽しそうに演じています。童顔だから泣きそうな顔もよく似合う。ひとりで"荒らし"する場面では哀愁がにじみ出ていました。当分、コメディ作品ではオーウェンはひっぱりだこ状態が続くでしょう。

いつみても妖気だたようクリストファー・ウォーケンや、現在売り出し中のレイチェル・マクアダムス、MTVムービー・アワード ブレイクスルー演技賞を受賞したアイラ・フィッシャーのぶっ飛び娘ぶりもいいがわずかな出番で見せ場をさらうのがウィル・フェレル。ジェレミーが聖人と崇めるチャズを演じています。(何とノン・クレジット!)この男、荒らしは荒らしでも...。こりゃ一枚上手だわ(笑)ここまで書くと勘のいい人はわかっちゃうかな。

とにかく楽しい作品です。後半はちょっとロマンスの要素が強くなりだれますが大丈夫、ウィル・フェレルがちゃんと笑わせてくれます。肩のこらないDVD映画を探している人にはお勧め!2006年アメリカでの映画レンタルランキング第1位作品。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!




-------- 参考------------------
DVD特典映像 未公開映像集では下の2エピソードがお勧め

・クレアリー長官の憂鬱
長官の息子役のトッド(キーア・オドネル)が叫ぶ
「死よ お前は僕の恋人だ」...怖っ!

・99 レッドバルーン
ネーナの1984年のヒット曲「ロックバルーンは99」をオーウェンとヴィンズが歌い踊るのだが...。はっきりいって2人とも歌下手...。オーウェンは"ロボットダンス"をするのだが、ロボットには全く見えません(笑)カットされたのがもったいないくらい楽しい場面でした
2006.11.08 Wednesday | 19:59 | 映画 | comments(8) | trackbacks(19) |

スポンサーサイト


2020.09.28 Monday | 19:59 | - | - | - |

コメント

初めまして。こんばんは。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからも、コメントとトラックバックのお返しを失礼致します。

この作品は、個性的な役柄をそれぞれの出演者の皆さんが楽しんで演じている事が窺える一本でしたね。

また遊びに来させて頂きます。
今度共、よろしくお願い致します。
ではまた。
2006/11/08 10:36 PM by たろ
たろさん、コメントありがとうございました!

ずっと日本公開を楽しみにしていた作品だったのですが,劇場未公開はちと残念でした。
でも作品は面白かったから満足です!

こちらこそよろしくお願いいたします
2006/11/08 10:51 PM by moviepad
こんにちは!
TBどうもありがとうございました。

日本ではDVDスルーになってしまったけど、
なかなか面白かったです。
オーウェン・ウィルソンは今までなんとも感じなかった俳優さんでしたけど^^;
今回はとても魅力的でした。
ヴィンス・ボーンとの息もぴったり。
ルールが笑えましたね♪



2006/11/11 11:41 AM by アイマック
アイマックさん、コメントありがとうございます!

この作品のオーウェンは可愛いですよね。
あれならモテるだろうな。うらやましい(笑)
2006/11/11 8:17 PM by moviepad
大変遅くなりましたが、TBありがとうございました!
オーウェンLOVEな私にはたまらん映画でした!!
ヴィンス・ヴォーンももうシリアス路線には戻らないんだろうか(笑)
そして、ウィル・フェレル、最高です。
でも、DVDスルーだったのもわかる気がします。
2006/11/29 10:43 PM by kino
kinoさん コメントありがとうございます!

オーウェンLOVEな方には最高の映画でしょうね。僕は「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」のオーウェンの演技がとても好きです。

ヴィンスはシビア路線のほうがいいと思うんですけどね。ウィル・フェレルはもうけ役でしたね(笑)

こういうタイプの作品は日本ではヒットしないのでDVDスルーも仕方ないでしょうね。
2006/11/30 2:19 AM by moviepad
こんにちは!
この話題の作品やっと観ました。
オーウェンの大ファンなのでそれなりには
楽しめたんだけど少し物足りなかったです。
もっと面白くもいい作品にもなったように
感じるんだけどなぁ・・・
いろんな意味でゴシップ誌を賑わしてる
お二人さんですが結婚の方はどうなるのか?
ウェディング・クラッシャーズしている場合
ではないですよね。(笑)
2007/01/09 2:38 PM by ALICE
Aliceさん、こんばんわ

この映画はオーウェン主演じゃなかったらちと苦しかったかもしれませんね。

ところでオーウェン、ケイト・ハドソンと別れたという噂ですよ。

http://ncr2.net/2007012206.php

ファンの方にとっては朗報?
個人的には結構お似合いだと思ったんですが...。
ケイトママ、ゴールディ・ホーンがうざかったのかもしれませんね(爆)
2007/01/09 8:17 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

試写会鑑賞 原宿クエストホールにて 〜 デヴィッド・ドブキン 「 ウエディング・クラッシャーズ 」
こんにちは。 晴れのち曇りの金曜日です。 今日は、水曜日 一足先に 原宿クエストホールにて行なわれた、DVD発売を記念した試写会で観させて頂いた、デヴィッド・ドブキン氏の映画について。 『 ウエディング・クラッシャーズ ( WEDDING CRASHERS
(** Paradise Garage ** 2006/11/08 10:33 PM)
ウェディング・クラッシャーズ/WEDDING CRASHERS
かなり前から観たくてしょうがなかったこの映画、 や〜っと日本上陸〜{/ee_2/} 予想通りやっぱりDVDスルー{/namida/}{/namida/}{/namida/} 『結婚式荒し』とか『結婚式をぶっこわせ!』 とかしょうもない邦題つかずにそのままでヨカッタ {/face_nika/} 2005年全米公
(我想一個人映画美的女人blog 2006/11/08 11:06 PM)
ウエディング・クラッシャーズ (Wedding Crashers)
監督 デヴィッド・ドブキン 主演 オーウェン・ウィルソン 2005年 アメリカ映画 119分 コメディ 採点★★★★ ボク、ナンパなんてしたことないですよ。本当ですってば。 【ストーリー】 離婚仲裁人として働くジョンとジェレミーは親友同士。休日となれば二人で他人の
(Subterranean サブタレイニアン 2006/11/09 12:33 AM)
ウェディング・クラッシャーズ Wedding Crashers
オーエン・ウィルソン、ヴィンス・ヴォーン レイチェル・マクアダムス、アイラ・フィッシャー主演 ・・・・・・(ウィル・フェレル)少しだけ ジョンとジェレミーは離婚仲裁人をして暮らしています そして大の親友で 二人はウェディング・クラッシャーをしているの
(travelyuu とらべるゆう MOVIE 2006/11/09 10:55 PM)
ウエディング・クラッシャーズ
Wedding Crashers (2005/アメリカ) 【DVD】 なるほど、アメリカで大ヒットしたのが理解できる。 2006年のMTVムービー・アワードで作品賞を含む3部門受賞。 日本では劇場未公開。やや奔放過ぎな印象^^; でも私は面白かったな。 “結婚式荒らし”をする男たちのラ
(小部屋日記 2006/11/11 11:32 AM)
ウエディング・クラッシャーズ
「ウエディング・クラッシャーズ」 原題 : WEDDING CRASHERS (2005年 米 119分) 監督 : デビッド・ドブキン 出演 : オーウェン・ウィルソン、ビンス・ボーン、レイチェル・マクアダムス 鑑
(M's daily life 2006/11/12 10:04 PM)
【洋画】ウェディング・クラッシャーズ
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  A- (演技3/演出4/脚本3/撮影4/音響3/音楽4/美術3/衣装3/配役4/魅力4/テンポ3/合計38) 『評論』 アメ
(ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! 2006/11/13 3:01 PM)
【映画】ウェディング・クラッシャーズ(日本:DVDのみ)
先日、記事で書いた『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』のDVDを購入するついでに『ウェディング・クラッシャーズ(原題:Wedding Crashers)』もいっしょにゲット! やっと観ることができたので紹介。 2005年度のアメリカの興行収入で『チャーリーとチョコ
(Glows in the Dark 2006/11/14 1:22 PM)
ウェディング・クラッシャーズ
 文字通り訳すと、結婚式荒らし。離婚仲裁人として共に働くジョン(オーウェン・ウィルソン)とジェレミー(ヴィンス・ボーン)が好きなシーズンはウェディングシーズン。  何故ならば、身分を偽って結婚式に紛れ込み、参加している女性達を口説き落とし
(とにかく、映画好きなもので。 2006/11/19 12:00 PM)
「ウェディング・クラッシャーズ」 母ちゃん!ミートローフ!
日本では劇場未公開になってしまった マイ・ダーリンのオーウェン・ウィルソン主演のコメディ。 アメリカではかなりヒットしたのになー。 でも観たら、さもありなん、でした(笑) 「ウェディング・クラッシャーズ」 (Wedding Crashers・2005年・アメリカ) 離婚調
(目の中のリンゴ 2006/11/29 10:43 PM)
ウェディング・クラッシャーズ(DVD)
全米で2億ドルを超えるメガヒットを記録した日本劇場未公開の痛快ラブコメディ。主演は「シャンハイ・ナイト」のオーウェン・ウィルソンと「ドッジボール」のヴィンス・ヴォーン。共演に「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムスとクリストファー・ウォーケン
(パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ 2006/12/01 11:40 PM)
ウエディング・クラッシャーズ
ウエディング・クラッシャーズ デラックス版Wedding Crashers2005年 アメリカこ
(cinema note+ 2006/12/22 12:57 AM)
ウェディング・クラッシャーズ
   『ウェディング・クラッシャーズ』        2005年/アメリカ/(119分)        −WEDDING CRASHERS − 監督:デヴィッド・ドブキン 出演:オーウェン・ウィルソン    (ジョン)     ヴィンス・ヴォーン       (ジ
(Alice in Wonderland 2007/01/09 2:40 PM)
「ウエディング・クラッシャーズ」
オーウェン・ウィルソンとヴィンス・ヴォーンの共演。 この2人ってことは、間違いなく、おバカコメディ。
(ひらりん的映画ブログ 2007/02/05 12:32 AM)
ウェディング・クラッシャーズ(DVD)
?2005? ?? ?ġ??å??? б???????????????? ?119? [] Υ?????????ä???????? ä????ä??????å?? ????ä?????ä?????ä??ä? ??? ????Υ???ä?? ä??ä????Ф ???ä?????? [?] ??б?????å ???б?Mr.Mrs.? ? **********************************
(ひるめし。 2007/03/24 5:14 PM)
『ウェディング・クラッシャーズ』
ウエディング・クラッシャーズ デラックス版 CAST:オーウェン・ウィルソン、ヴィンス・ヴォーン、クリストファー・ウォーケン 他 STORY:様々な結婚式に潜り込み女性をナンパしていたジョン(オーウェン・ウィルソン)とジェレミー(ヴィンス・ヴォーン)は
(Sweet* Days 2007/04/12 2:07 PM)
映画『ウエディング・クラッシャーズ』
原題:Wedding Crashers 政略結婚の匂いも漂わせつつマリッジブルーな彼女と、他人の結婚式荒らしが趣味な披露宴でナンパを繰り返す男がめぐり合うロマンチック・コメディ・・・ いつものようにジョン(オーウェン・ウィルソン)とジェレミー(ヴィンス・ヴォ
(茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 2007/07/25 1:24 AM)
『ウエディング・クラッシャーズ』を観たぞ〜!
『ウエディング・クラッシャーズ』を観ましたオーウェン・ウィルソンとヴィンス・ヴォーンのコンビが送る全米で2億ドルを超えるメガヒットを記録した日本劇場未公開の作品。他人の結婚式に忍び込んでは女の子をナンパするのが趣味のお調子者コンビが巻き起こす騒動を描
(おきらく楽天 映画生活 2007/09/01 10:22 PM)
『ウエディング・クラッシャーズ』'05・米
あらすじ離婚仲裁人として働くジョンとジェレミーは無二の親友。彼らの趣味は“結婚式荒らし”。身分を偽り他人の結婚式に紛れ込んでは、言葉巧みに女性たちを口説き、“お持ち帰り”してしまうのだった。そんなある日、2人は財務長官の娘の結婚式に忍び込む・・・。感
(虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ 2008/02/27 9:28 PM)

▲top