映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ZOMBIO(ゾンバイオ)/死霊のしたたり | TOP | ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/死霊創世紀 >>

死霊のはらわた II

死霊のはらわた II(1987 アメリカ)

死霊のはらわた II原題   EVIL DEAD 2-DEAD BY DAWN
監督   サム・ライミ
脚本   サム・ライミ スコット・スピーゲル
撮影   ピーター・デミング
編集   ケイ・デイヴィス
音楽   ジョセフ・ロドゥカ
出演   ブルース・キャンベル サラ・ベリー
      ダン・ヒックス キャシー・ウェズリー
      セオドア・ライミ デニス・ビクスラー
      リチャード・ドメイアー

はじまって5分もしないうちにリンダが...
そりゃ、まどろっこしいドラマをうだうだ見せられるよりいいけど
5分でパーティが始まってしまうのはちょっと早すぎない?
死霊のはらわた」はそんな戸惑いを感じさせながらスタートします。



この映画は続編というより、実質的にはリメイクだと言われます。
確かにストーリー・ラインは似ています。
アッシュの彼女の名前もリンダですし、
死霊にとりつかれ、けたたましい笑い声をあげるのも一緒です。
死霊にとりつかれた人を地下室に閉じ込めたり、たたきのめしたり
とりつかれた手を切り取ったり

死霊のはらわた II  手
良い子は真似しないように!

前作と同じパターンも多数存在します。

でも...最初の約7分間は前作のおさらいなのです。

昨今のTVドラマとかのようにいちいち説明してくれないし
リンダ役の女優も違うし、他の3人はいなかったことになっているのでわかりにくいだけ。
「死霊のはらわた供廚亙兇譴發覆続編なのです。

ただ...ブルース・キャンベル演じるアッシュ君が少し気が弱そうな青年の面影はなくなり
あーあー叫ぶだけの絶叫王子(っていうほどの顔じゃないけど)に変わってしまっています。
アッシュの"キャラ変”も続編とみなしにくい原因ですね。

全体的には前作よりぐっとコメディ色が強まっている。
死霊たちの笑いに包まれているうち、アッシュも頭がイカれてきて

死霊のはらわた II アッシュ1

いっしょに笑いだします。
死霊のはらわた II アッシュ2

この瞬間、観客は一体、悪夢にトリップさせられたような気分になります。
部屋が少し傾いているのがポイント。さりげなくうまい!
(画質荒くてすまぬ)

前作からの反省点も観られます。
相変わらず、バカ女が森に飛び出し、木にからまれます。
ただ、今回はレイプまではいたらず。巻きつかれて引きづられるだけにとどまります。
前回、レイプ場面が女嫌いの象徴と批判されたことを考慮しているのかな?

また、今回は男女均等に?グロくなります。
アッシュの彼女リンダ(デニス・ビクスラー)がこんな姿になったと思えば

死霊のはらわた II リンダ


ブロンドのすかした男エド(リチャード・ドメイヤー)もこんな姿になって

死霊のはらわた II エド1

野獣丸出しとなります。
死霊のはらわた II エド2

そしてついにアッシュも
死霊のはらわた II アッシュ3
シュワちゃんみたい...。

ちなみに、映画の中でキャシー・ウェズリーが演じたボビー・ジョーはホリー・ハンターをイメージして造られたキャラだそうです。
80年代、サム・ライミがジョエル・コーエンやフランシス・マクドーマンドとともにルームシェアしていたんですね。
ホリーはオーディションを受け、サム・ライミも彼女を推薦したのですが
スタジオの「もっとイケてるスケにしな」の一言でおじゃん。
この時の屈辱をばねに彼女は「ピアノ・レッスン」でアカデミー賞主演女優賞を獲得した後、デヴィッド・クローネンバーグ監督「クラッシュ」(1996)で変態女を演じてウサをはらしました。<本当か(爆)

この映画、前作を観た後だと、免疫がついているのであんまり怖くない。
この作品ではっきりしたこと
サム・ライミは、怖さよりもグロを追求しつくしたゆえに醸しだされるユーモアを重視している。
ただ、サム・ライミにユーモアセンスがあるかどうかは...???

サム・ライミは最初に物語ありきの映画作家ではなく
撮りたい場面を想定して、それにそうように物語をつくるタイプらしいですが
この映画はまさにそんなつくりですね。
人を変えただけで、前作とシチュエーションは一緒。
でも見せ方をちょっと変えましょう、みたいな。

ホラー映画ファンには2パターンあります。
コメディ色を好む人と好まない人。(筆者は前者)
ホラー・コメディが苦手な人はこの映画にがっかりしたかもしれません。

「死霊のはらわた供廚任呂呂犬泙辰藤瓜間ちょっとで
Groovy(いかすぜ)の台詞のもと
アッシュはへたれヒーローに変身してしまいます。
ああ、嘆かわしい。ホラー映画にヒーローは不要。
ホラー映画にとってヒーローはゾンビ吸血鬼フランケンシュタイン...
人間がヒーローになってはいけない!

ホラーコメディが好きな自分ですが、「死霊のはらわた供廚和臻足かというと微妙なところ。
問題はラストにあります。「ああ、つまらない世界にいっちゃったな」という余韻を残したので。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

<関連作>
死霊のはらわた(1981)
キャプテン・スーパーマーケット
死霊のはらわた(2013)

2013.05.30 Thursday | 00:09 | ゾンビ映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト


2017.05.25 Thursday | 00:09 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/545

トラックバック

▲top