映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/死霊創世紀 | TOP | キャプテン・スーパーマーケット >>

ブレインデッド

ブレインデッド(1992 ニュージーランド)

ブレインデッド原題   BRAINDEAD
      DEAD-ALIVE (米)
監督   ピーター・ジャクソン
原案   スティーヴン・シンクレア
脚本   ピーター・ジャクソン スティーヴン・シンクレア フランシス・ウォルシュ
撮影   マレイ・ミルン
音楽   ピーター・ダゼント
出演   ティモシー・バルム ダイアナ・ペニャルヴァー
      エリザベス・ムーディ ブレンダ・ケンドール
      スチュアート・デヴァニー ジェド・ブロフィー


"ロード・オブ・ザ・リング"3部作は1作としてハズレなし、映画史上最高のシリーズ物でしょう。"ロード〜"を大成功に導き、アカデミー賞も獲得、今や押しも押されぬ大監督となったピーター・ジャクソンが"1992年に撮ったゾンビホラー・コメディが『ブレインデッド』です。謎の動物"ラット・モンキー"に噛まれたことにより人々が次々とゾンビになっていく物語。公開当初、ジョナサン・デミが「エネルギッシュかつ高度なストーリーテリング、さらには常軌を逸したユーモアのセンスに心躍らされた」が大絶賛、よーわからん映画賞もいっぱいとった。母国ニュージーランドでは大ヒットしましたが、アメリカでは興行的にふるわず。しかし、"ロード〜"の成功により、この映画も見直され、今やカルト名作の地位を確立している作品です。



物語
1957年、スマトラ群島のスカル島で密漁者が捕獲したネズミと猿の混合種“ラットモンキー”が、ニュージーランドのウェリントン動物園で飼育されていた。その動物園で雑貨屋のスペイン娘パキータ(ダイアナ・ベニャルヴァール)は祖母のタロット占いが導いた"運命の恋人"ライオネル(ティモシー・バルム)とデート中、2人の後をつけていたライオネルの母ラベラ(エリザベス・ムーディ)が“ラットモンキー”に噛まれてしまう。それをきっかけに母親の体調はどんどん悪化し、全身が腐りついに死んだかにみえた。だが、彼女はゾンビとなって甦り、看護婦マクタヴィッシュ(ブレンダ・ケンドール)を噛み殺す。困り果てたライオネルは2人のゾンビを地下室にとじこめた後、母の葬式もおえたが、ベラは墓場でまたしても甦り、不良少年やマクラダー神父(スチュアート・デヴァニー)もかみ殺し、彼等も地下室の住民となる。看護婦と神父のあいだにゾンビ・ベビー“セルウィン”まで生まれてしまう始末だった。そんな最中、ライオネルの叔父レス(イアン・ワトキンス)が母親の遺産と屋敷をライオネルから奪い取ってしまう。叔父は盛大なパーティをひらくが、地下室に閉じ込められていたゾンビが登場。招待客はつぎつぎと餌食となり、パーティーは血まみれの大混乱に陥ってしまう。

気弱な青年が愛する人を守るため、戦うパターンはコメディの定石。
湿っぽい描写も一切なく、テンポよくばんばん進みます。
あまりのグロさに最初は顔をしかめてもそのうち、笑うしかなくなってきます。
ホラーが苦手な人でも、我慢して見続けていればそのうち楽しめてくる映画です。

まず、川口浩探検隊みたいな格好した2人(たぶん「インディ・ジョーンズ」って言うべきなんでしょうね)がラットモンキーを運び去る場面ではじまり、その後クレジットに乗せて飛行機が空を飛ぶ場面が妙にチープ!?。笑った。これが「ロード・オブ・ザ・リング」の監督がとった映像か!?

見どころは盛りだくさん!
まず、ライオネルの母親がラットモンキーにかまれる場面。
ギャー!と叫んだ後、檻のなかにいるラットモンキーの頭を思いっきり踏んづけます。
あわてる動物園の人をよそめに、ドヤ顔のオバハン。はてしなくB級っぽいノリがたまりません。

ブレインデッド かまれる母ブレインデッド ふまれるラットモンキー

案の定、母親はゾンビとなり、彼女の元にかけつけた看護婦(ちなみに、↑の映画チラシのようなセクシー看護婦ではありません。ただのオバハンです)に噛みつき、彼女もめでたくゾンビに!ライオネルは2人にはさまれながら、主役ですから噛まれずにすりぬけます。

ライオネルは研究者のところをたずね、ゾンビを鎮めるためのtranquilizer(精神安定剤、鎮静剤)をもらいます。
これを注射器で鼻の穴にさす!ゾンビ退治こんなもんでいいの?

ブレインデッド 鼻の穴に注射器

形式上、母親は死んだことになっているのですが、その葬式でもライオネルは泣くどころか母親の正体がばれないようにするのに必死。式がなんとか終わり、母親の墓を掘り起こしているライオネルにチンピラがからんできます。墓あさりをしている変態屍姦ヤローだからいじめたれ!ってことですね。

そ・こ・で!正義の味方、神父様が登場!
I kick ass for the Lord!
彼は高らかにさけぶと、仮面ライダーばりのカッコいい蹴りを連発します。

ブレインデッド 神父キック

でも、強盗も神父様も母親にかまれてしまい、ゾンビ化。
ライオネルは仕方なく彼等も自分の部屋にかくまいます。

そこで、神父様ゾンビと看護婦ゾンビがいかがわしい行為に及び...
全然かわいくない赤ちゃんゾンビまで誕生してしまうのです。
ライオネルが部屋で赤ちゃんゾンビを見つけたときの、看護婦と神父の隠微な表情!

ブレインデッド 看護婦ブレインデッド  神父

ライオネルは仕方なく、赤ちゃんゾンビを公園デビューさせます。
当然、赤ちゃんゾンビは大人しくなんかしていません。

ここで優雅なピアノの調べのBGMとは裏腹に、すさまじい幼児虐待がなされます。

シーソーを動かして赤ちゃんを弾き飛ばしたり
暴れる赤ちゃんに顔面パンチしたり
ブランコの手すりに赤ちゃんをたたきつけたり
ブランコを動かして赤ちゃんの体にぶつけたり
赤ちゃんを地面にたたきつけて、踏みつけたり
そのあげく、赤ちゃんを袋詰めにして持ち帰るのです。

映画史上最悪の児童虐待!

ライオネルはその後、叔父から母親の遺産と家を奪われてしまい、
叔父は家でパーティを開くのですが
ふとしたことから地下室にいたゾンビが解き放たれてしまい...
あとはひたすらゾンビ祭り。
ゾンビを地下室に閉じ込めてはいけないのです!
来客は次々ゾンビに噛まれ、ゾンビが繁殖し続けます。

ブレインデッド 手

ライオネルの恋人パキータも赤ちゃんゾンビと対決します。
赤ちゃんゾンビの顔をいすで殴り、蹴りを入れます。
フライパンで殴った後、ジューサーにかけようとして一瞬ためらいます。
ゾンビに情けは一切不要なのに!
ためらう彼女の顔に、赤ちゃんゾンビは黄緑のゲロをかけます。
(返り血だったらもろアウトだけど、ゲロはいいのか!?思いっきり顔をふいているけど 目に入っているだろ)
怒りにふるえた彼女はついにジューサーのスイッチをONにします。

ブレインデッド 赤ちゃんジューサー

赤ちゃんゾンビはジューサーにかからず、天井に飛びます。

カップルそろってひどい幼児虐待です。(笑)
ライオネルとパキータがもし結婚して、子供が産まれたら...。

彼女はその後、顔だけになった眼鏡おとこゾンビをジューサーにかけて、血みどろにしてうさをはらし?ます。

ライオネルが芝刈り機をもって

Party's over!

ブレインデッド partys over

とカッコよく宣言するも、うだうだは続き...

結局、ラストはハッピーエンドです。よかった、メデタシと思うのは一般人。
あんなに返り血を浴びといて、ゾンビにならないはずがない!ケケケ...

ラストは「キング・コング」だし、「死霊のはらわた II」「死霊のしたたり」などいろんな映画を下敷きにしていそうな作品ですが、一番はやっぱりヒッチコックの「サイコ」(1960)でしょう。母と子の関係はもろにそれだし。地下室にゾンビが潜んでいたり、彼らが住む家もどことなくベイツ家っぽい。ライオネル役を演じたティモシー・バルムはどことなくアンソニー・パーキンスに似ているし。「サイコ」の母親がゾンビだったら?という着想から物語をつくったんじゃないかと思えるほどです。上映時間も「サイコ」と同じ104分!

あのピーター・ジャクソンが撮ったとはとても思えない映画。でも、彼にとってホラー映画とは出世のための布石にすぎなかった?
「ラブリーボーン」(2009)なんてつまんねー映画作るくらいなら、また、こういうの撮って欲しいけど...無理だろうな、えらくなりすぎちゃったから。まあ、この一本でゾンビ映画はやりつくしたのかも。あまりにも容赦ない描写のため、「ブレインデッド」がゾンビ映画をいったん終わらせてしまったと評する人すらいます。もし、ピーター・ジャクソンがまたゾンビ映画をてがけるとしても、「第9地区」のように製作にまわるというパターンでしょうね。

「ブレインデッド」はむしゃくしゃしているときに観るとスカっとする映画です。
何度でも観たくなります。ヤバイカシラ...鼻の穴に精神安定剤を注入したほうがいい?
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

2013.06.01 Saturday | 00:21 | ゾンビ映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト


2017.04.17 Monday | 00:21 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/528

トラックバック

▲top