映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ゼロ・ダーク・サーティ | TOP | ジャンゴ 繋がれざる者 >>

第85回アカデミー賞受賞結果!

第85回アカデミー賞受賞結果です。
まるで計算されたかのように各作品に賞が割り振ってあります。
主要6部門、全部作品が違う!

作品賞   「アルゴ」
監督賞   アン・リー 「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
主演男優賞   ダニエル・デイ=ルイス 「リンカーン」
主演女優賞   ジェニファー・ローレンス 「世界にひとつのプレイブック」
助演男優賞   クリストフ・ヴァルツ 「ジャンゴ 繋がれざる者」
助演女優賞   アン・ハサウェイ 「レ・ミゼラブル」
オリジナル脚本賞    「ジャンゴ 繋がれざる者」  
脚色賞   「アルゴ」
撮影賞   「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
美術賞   「リンカーン」
録音賞   「レ・ミゼラブル」
編集賞   「アルゴ」
作曲賞   「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
歌曲賞   「Skyfall」(007/スカイフォール)
衣装デザイン賞 「アンナ・カレーニナ」  
メイクアップ賞 「レ・ミゼラブル」 
視覚効果賞   「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
音響編集賞   「007/スカイフォール」「ゼロ・ダーク・サーティ」
短編アニメ賞  「紙ひこうき」
短編実写賞   「リッチーとの一日」
短編ドキュメンタリー賞  「Inocente」
長編ドキュメンタリー賞  「シュガーマン 奇跡に愛された男」
外国語映画賞   「愛、アムール」 (オーストリア)
アニメーション映画賞   「メリダとおそろしの森」


主な作品の受賞数(複数受賞作品のみ)
「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」 4部門
「アルゴ」「レ・ミゼラブル」 3部門
「リンカーン」「ジャンゴ 繋がれざる者」「007/スカイフォール」 2部門

 作品賞はやっぱ「アルゴ」でしたか...。監督賞落選の衝撃が作品賞レースではむしろ追い風になりましたね。監督賞にノミネートされていない作品が作品賞を受賞したのは第62回(1989年)の「ドライビング Miss デイジー」以来、23年ぶり4回目。戦後に限って言えば2回目です。映画ファンの大部分は喜んでいるのでしょうが、個人的にはうーむ...。「アルゴ」って5年後には忘れられるタイプの映画。まだ、観ていない作品も多々あるので何ともいえませんが、「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」や「ゼロ・ダーク・サーティ」、「レ・ミゼラブル」あたりが受賞したほうがずっとよかったなあ。



 監督賞は個人的予想どおりアン・リーに!サプライスと受け取る人もいるかもしれませんが、映画を観れば納得、極めて妥当な結果です。ベン・アフレック、キャスリン・ビグローがノミネートされていたとしてもアン・リーが受賞した可能性は高い。技術系会員の票はほぼ独占したのではないでしょうか?また、2強が落選しバッシングを受けたアカデミー、素晴らしい3D映像という、万人が納得する受賞理由がある人を選んだのは懸命な判断でしょう。アン・リー2度目の監督賞ですが、いずれも作品賞は取れず。作品賞と監督賞は一致することが普通のアカデミー賞において、2度の監督賞受賞者がいずれも作品賞を逃したのは珍しい。それにしても、目の上のたんこぶを2つ取り除いたにもかかわらず受賞できなかったスピルバーグって...もう彼がオスカーを獲ることはないでしょうね。

 演技賞はほぼ下馬評どおり。助演男優賞のクリストフ・ヴァルツは英国アカデミー賞受賞で予兆があったし...。「ジャンゴ 繋がれざる者」ではクエンティン・タランティーノも2度めの脚本賞受賞。最大のライバルが「ゼロ・ダーク・サーティ」だったため、ちょっと棚ボタっぽいですが。まあ、今年のような混戦の場合、タランティーノのような固定ファンをもつ人が強いんでしょうね。それにしてもクリストフ・ヴァルツはタランティーノ作品で連続受賞。タランティーノ+クリストフ・ヴァルツは映画史に残るコンビになってしまいました(笑)。また、ダニエル・デイ=ルイスはアカデミー賞史上初の3回目主演男優賞!3回受賞の男優は3人目(ウォルター・ブレナンは3度とも助演。ジャック・ニコルソンは主演2回、助演1回)

 音響編集賞で「007/スカイフォール」と「ゼロ・ダーク・サーティ」がW受賞。第41回(1968年)主演女優賞をキャサリン・ヘプバーンとバーブラ・ストライザンドがわけあって以来、44年ぶりの珍事!それにしても「アルゴ」と違って「ゼロ・ダーク・サーティ」は今回厳しかったですね。受賞確実だった脚本賞まで逃しちゃったし...。高度に政治的な題材はノミネート止まりというアカデミー賞の悪しき伝統は今回も守られました。ちなみに「アルゴ」は実話をネタにしただけで中身は娯楽映画ですから...。

 長編アニメ賞ではピクサー映画「メリダとおそろしの森」が受賞。昨年の雪辱をはらしました。
日本でピクサー映画とは思えないほど大コケしたのは内緒ねDocomo80

 歌曲賞は下馬評どおりアデルの"skyfall"。人気歌手が受賞するとアカデミー賞授賞式らしい華やかさがあってgood!


受賞予想記事にも書いたのですが、今年の作品賞ノミネートは充実した顔ぶれ。興行的にもオスカーノミネート効果が吹き荒れ、全9作品中、既に6作品が全米興行収入1億ドルを超え、「ゼロ・ダーク・サーティ」も9000万ドル突破!"誰も観てない映画ばかりがノミネートされる"という批判は今年に限って言えばあてはまりません。残り2つもカンヌ国際映画祭パルムドール「愛・アムール」とサンダンス映画祭グランプリ「ハッシュパピー バスタブ島の少女」と実にバランスがとれている。ジャンル的にも実話物、3D,ミュージカル、西部劇、コメディ、ドラマなど多彩(アニメがなかったのが残念)。作品賞ノミネートが5作固定でなくなってからもっとも充実したラインナップだったのではないでしょうか?受賞結果もまるで談合でもしたかのように(笑)見事に配分されています。

たいして需要もない"アカデミー賞の軌跡"カテゴリーのまとめ記事は今年もやります。
ただし、記事アップロードは作品賞候補作品をすべて観終わる4月下旬を予定。
期待しないで、気長にお待ちください!
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

スポンサーサイト


2017.06.24 Saturday | 17:17 | - | - | - |

コメント

こんにちは^^
素晴らしい〜 moviepadさんのほぼ当たりでしたね。
私は「アルゴ」が作品賞でビックリ、嬉しいですわ。
前の記事で、なぜべん・アフレックは監督賞にノミネートされなかったのかの部分を楽しく読ませて頂きました。
なるほど〜でした。今回の受賞スピーチではそんな事の反省もチラット入っているような・・。

先日夕張で「紙ひこうき」を観ました「シュガーラッシュ」の前に上映されたのですが、これが抜群!!感動物で・・・今回短編アニメ賞受賞で、やっぱり〜と嬉しい気分でおります。
2013/02/25 7:29 PM by zukka
zukkaさん、こんばんわ

>素晴らしい〜 moviepadさんのほぼ当たりでしたね。

...
半分しか当たってないんですけど。
「アルゴ」の受賞はないと言いきってしまったし(^^;
アン・リーの監督賞を当てたことだけがちょっと自慢。

ベンアフの監督賞もれについて。
監督賞ノミネートまでは監督カテゴリーに属している会員だけが投票して決まるので
"自分のキャリアを立て直すために監督業に進出するんじゃねえよ!"
という他の監督たちのやっかみが原因でしょうね。

>先日夕張で「紙ひこうき」を観ました。

おお、何とタイムリーな!
個人的には
今回の受賞作の中では
「愛、アムール」と「シュガーマン 奇跡に愛された男」を楽しみにしています。
2013/02/25 8:00 PM by moviepad
こんばんは。

私もアン・リー監督の受賞は至極妥当なことでしたね。これでようやく3D映画もアカデミーから芸術として認められたと思います。


どうせ44年ぶりの同時受賞が起こるなら主演女優賞で起こってほしかったですね。「86歳の大ベテランエマニュエル・リヴァが20代のジェニファー・ローレンスに負けることは日本ならあり得なかっただろうに。」と、どうしても思ってしまいます。

そういえば、ジョージ・クルーニーは来年も「gravity」での助演男優賞候補入りと、舞台劇の映画化作品「8月:オーセージ郡」のプロデューサーとしての作品賞候補入りが噂されていますね。来年は嫉妬の影響を食らうかも?
2013/02/27 9:34 PM by 1192
1192さん、こんばんわ。

アカデミー賞は時折、他の賞以上にまっとうな結果を出すことがあって
アン・リーの受賞はまさにそれ!
サプライズでも何でもない。当然だと思います。

>「86歳の大ベテランエマニュエル・リヴァが20代のジェニファー・ローレンスに負けることは日本ならあり得なかっただろうに。」

全くその通りですね。ジェニファー・ローレンスはこれから何度でもチャンスがあるだろうに...
ハリウッドが"若いスター女優"をいかに欲しがっているか、がよくわかりました。

>ジョージ・クルーニーは来年も「gravity」での助演男優賞候補入り...

すごいチョイ役と聞きましたけど。しかも主演はサンドラ・ブロック。オスカーにからむとは思えませんが(爆)。

来年のことはまだほとんど何も知りませんが
ダイアナ妃を演じるナオミ・ワッツとエイズ患者を演じるマシュー・マコノヒーあたりがくるかもしれませんね。
「スタートレック」の新作が今度こそ作品賞ノミネートされるか...も興味があるところです。
2013/02/27 11:27 PM by moviepad
2度の監督賞受賞者がいずれも作品賞を逃したのは史上初ではないですよ。ジョージ・スティーブンス監督は2度受賞しましたが「陽のあたる場所」「ジャイアンツ」どちらも作品賞はのがしております。。。
2013/03/25 9:40 PM by アン・アン・リー
ご指摘ありがとうございます。
記事は訂正しておきます。

2度以上受賞している監督はチェックして書いたつもりだったんですが、ジョージ・スティーブンスは完全に見落としてました(^^;いやはや、お恥ずかし。
2013/03/25 11:17 PM by moviepad

コメントする









▲top