映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< シルビアのいる街で | TOP | ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 >>

速報!第85回アカデミー賞全ノミネートリスト

第85回(2012年度)アカデミー賞ノミネートが発表されました!

監督賞に何が起こったんだ!

まずは大量ノミネート組のご紹介(5部門以上)

12部門  「リンカーン」
11部門  「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
8部門   「世界にひとつのプレイブック」、「レ・ミゼラブル」
7部門   「アルゴ」
5部門   「愛・アムール」、「ジャンゴ 繋がれざる者」、「ゼロ・ダーク・サーティ」、「007/スカイフォール」

 たいして需要もないアカデミー賞予想やらを長年やっております。かつアカデミー賞に関心をもってから20年近くたちますが、こんなことは初めて!監督賞で受賞を争うと言われていたベン・アフレックとキャスリン・ビグローがそろって落選...。今年はじめて実施された電子投票の成果!?システム・トラブル?ハッキング?...スピルバーグよ、早く自首しなさい!(爆)

今回の監督賞ノミネートがいかに異常事態かは
投票母体が重なる全米監督組合賞ノミネート顔触れをみればよくわかります。

全米監督組合賞ノミネート
ベン・アフレック 「アルゴ」
キャスリン・ビグロー「ゼロ・ダーク・サーティ」
トム・フーパー  「レ・ミゼラブル」
アン・リー 「トラと漂流した227日」
スティーヴン・スピルバーグ「リンカーン」

そう、スピルバーグとアン・リー、2人しかアカデミー賞ではノミネートされていないのです。
本命っぽくなってきたスピルバーグも(投票者は多少重なる?)英国アカデミー賞でノミネートもれ!

ちなみに
英国アカデミー賞監督賞ノミネート
ベン・アフレック 「アルゴ」
キャスリン・ビグロー 「ゼロ・ダーク・サーティ」
ミヒャエル・ハネケ 「愛、アムール」
アン・リー 「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
クエンティン・タランティーノ 「ジャンゴ 繋がれざる者」

ノミネート予想のときから今年の監督賞はよーわからんかったのですが
当確とみなされていた2人が落選という大波乱!発表されてますますわからなくなってきました!?
主要賞でとりこぼしがないのはアン・リーだけ。まさか...ね。
ゴールデン・グローヴ?そんな賞もありましたね...。

それにしても、ベン・アフレックとキャスリン・ビグローがそろってノミネート漏れなんて...
世界中のアカデミー賞マニアをかき集めても誰ひとり予想しなかったでしょう。

 昨年1月21日に亡くなった石岡瑛子さんが「白雪姫と鏡の女王」で衣装デザイン賞にノミネート!「ドラキュラ」(1992)に続いて2度めの受賞なるか!?石岡さんといえば、昨年のアカデミー賞授賞式『イン・メモリアル』トリビュート(ここ1年で亡くなった映画人への追悼コーナー)で取り上げられなかったことが日本人を落胆させました。アカデミーには2度めの受賞でお詫びしてもらいましょう!

やっぱり受賞経験者、ノミネート経験者は強かったのですが

演技賞+監督賞25名の内訳は
・受賞経験者11名
・ノミネート経験者8人
・新顔 6人

これでも十分強いのですが、下馬評にくらべるとずいぶん抑えられた感じ。
下馬評をみてコレはやばいと思った投票者がかなりいたんでしょうね。

助演女優賞ノミネートのジャッキー・ウィーバー
ハーヴェイ・ワインスタインの力でしょう(笑)
ノミネート発表の際、今年の授賞式司会者セス・マクファーレン(歌曲賞ノミネート)もそんなこと言ってましたよ!



助演男優賞ノミネートは下馬評どおり
全員が受賞経験者となりました。

受賞経験者のいない部門は
主演女優賞のみ

今、乗りに乗っているジェシカ・チャステインジェニファー・ローレンスの2強激突を
お久しぶりのナオミ・ワッツ
そして9歳のクヮヴェンジャネ・ウォレスちゃんと85歳のエマニュエル・リヴァという
バラエティ豊かなメンツが数を合わせます。

ちなみにワタクシめの主演女優賞ノミネート予想は完全的中!ハズシにいったのに....たぶんアカデミー賞会員とワタシの考えていることは主演女優賞に限って言えばいっしょだったと思われます。(爆)

 話題のホアキン・フェニックスは見事ノミネート!でも出演作「ザ・マスター」は演技賞以外完全無視...。ホアキン・ウイルスは作品評価に関係なかった!?今頃ポール・トーマス・アンダーソンはホアキンを呪っているでしょうけど(笑)。もうひとりの注目アン・ダウドは残念...。


第85回(2012年)アカデミー賞ノミネート一覧

作品賞
   「愛、アムール」
   「アルゴ」
   「ハッシュパピー バスタブ島の少女」
   「ジャンゴ 繋がれざる者」
   「レ・ミゼラブル」
   「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
   「リンカーン」
   「世界にひとつのプレイブック」
   「ゼロ・ダーク・サーティ」

主演男優賞
   ブラッドリー・クーパー 「世界にひとつのプレイブック」
   ダニエル・デイ=ルイス 「リンカーン」
   ヒュー・ジャックマン 「レ・ミゼラブル」
   ホアキン・フェニックス 「ザ・マスター」
   デンゼル・ワシントン 「フライト」   

主演女優賞
   ジェシカ・チャステイン 「ゼロ・ダーク・サーティ」
   ジェニファー・ローレンス 「世界にひとつのプレイブック」
   エマニュエル・リヴァ 「愛、アムール」
   クヮヴェンジャネ・ウォレス 「ハッシュパピー バスタブ島の少女」
   ナオミ・ワッツ 「インポッシブル」   

助演男優賞
   アラン・アーキン 「アルゴ」
   ロバート・デ・ニーロ 「世界にひとつのプレイブック」
   フィリップ・シーモア・ホフマン 「ザ・マスター」
   トミー・リー・ジョーンズ 「リンカーン」
   クリストフ・ヴァルツ 「ジャンゴ 繋がれざる者」   

助演女優賞
   エイミー・アダムス 「ザ・マスター」
   サリー・フィールド 「リンカーン」
   アン・ハサウェイ 「レ・ミゼラブル」
   ヘレン・ハント 「The Sessions」
   ジャッキー・ウィーヴァー 「世界にひとつのプレイブック」   

監督賞
   アン・リー 「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
   デヴィッド・O・ラッセル 「世界にひとつのプレイブック」
   スティーヴン・スピルバーグ 「リンカーン」
   ミヒャエル・ハネケ 「愛、アムール」
   ベン・ザイトリン 「ハッシュパピー バスタブ島の少女」  

オリジナル脚本賞
   「愛、アムール」
   「ジャンゴ 繋がれざる者」
   「フライト」
   「ムーンライズ・キングダム」
   「ゼロ・ダーク・サーティ」   

脚色賞
   「アルゴ」
   「ハッシュパピー バスタブ島の少女」
   「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
   「リンカーン」
   「世界にひとつのプレイブック」    

撮影賞
   「アンナ・カレーニナ」
   「ジャンゴ 繋がれざる者」
   「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
   「リンカーン」
   「007/スカイフォール」   

美術賞
   「アンナ・カレーニナ」
   「ホビット 思いがけない冒険」
   「レ・ミゼラブル」
   「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
   「リンカーン」   

音響賞(録音賞)
   「アルゴ」
   「レ・ミゼラブル」
   「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
   「リンカーン」
   「007/スカイフォール」   

編集賞
   「アルゴ」
   「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
   「リンカーン」
   「世界にひとつのプレイブック」
   「ゼロ・ダーク・サーティ」   

作曲賞
   「アンナ・カレーニナ」
   「アルゴ」
   「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
   「リンカーン」
   「007/スカイフォール」

歌曲賞
   「Before My Time」(Chasing Ice)
   「Everybody Needs a Best Friend」(テッド)
   「Pi's Lullaby」(ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日)
   「Skyfall」(007/スカイフォール)
   「Suddenly」(レ・ミゼラブル)   

衣装デザイン賞
   「アンナ・カレーニナ」
   「レ・ミゼラブル」
   「リンカーン」
   「白雪姫と鏡の女王」故石岡瑛子さんがノミネート!
   「スノーホワイト」   

メイクアップ賞
   「ヒッチコック」
   「ホビット 思いがけない冒険」
   「レ・ミゼラブル」   

視覚効果賞
   「ホビット 思いがけない冒険」
   「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
   「アベンジャーズ」
   「プロメテウス」
   「スノーホワイト」   

音響編集賞
   「アルゴ」
   「ジャンゴ 繋がれざる者」
   「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
   「007/スカイフォール」
   「ゼロ・ダーク・サーティ」

短編賞
<アニメ>
   「Adam and Dog」
   「Fresh Guacamole」
   「Head over Heels」
   「Maggie Simpson in "The Longest Daycare"」
   「Paperman」     

<実写>
   「Asad」
   「Buzkashi Boys」
   「Curfew」
   「Death of a Shadow」
   「Henry」   

ドキュメンタリー映画賞
<短編>
   「Inocente」
   「Kings Point」
   「Mondays at Racine」
   「Open Heart」
   「Redemption」   

<長編>
   「5 Broken Cameras」
   「The Gatekeepers」
   「How to Survive a Plague」
   「The Invisible War」
   「シュガーマン 奇跡に愛された男」

外国語映画賞
   「愛、アムール」 (オーストリア)
   「魔女と呼ばれた少女」 (カナダ)
   「NO」 (チリ)
   「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」 (デンマーク)
   「Kon-Tiki」 (ノルウェー)  
   
長編アニメ賞
   「メリダとおそろしの森」
   「フランケンウィニー」
   「パラノーマン ブライス・ホローの謎」
   「The Pirates! Band of Misfits」
   「シュガー・ラッシュ」    


ソースはこちら→http://oscar.go.com/nominations

人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

スポンサーサイト


2017.08.15 Tuesday | 22:37 | - | - | - |

コメント

こんにちは^^
昨日、YOUTUBEで発表を見ておりました。
私も、監督賞のノミネートのところで、ええー!
ベン・アフレックがいない・・とショックでした。
受賞は無くともノミネートはあるかと・・
アルゴは他でノミネートされていますが・・・
この際、作品賞狙いでいきます(笑)
2013/01/11 5:46 PM by zukka
zukkaさん、こんばんわ

自分もアカデミー賞公式サイトのストリーミングを見てました。
速報記事を書くためにメモをとっていたのですが、
監督賞のところで手がとまってしまった...

えっ、DIRECTINGって監督賞のことだったよな
見間違いか、聞き間違いか...
大誤報をしてしまうのではないかと恐怖の念にかられました。

有力候補がひとり落ちるというのはそー珍しくもないのですが
作品・監督賞を争うとみられていた2作品の監督がともにノミネート漏れなんて...
スピルバーグがアカデミー賞のシステムに入り込んで遠隔操作したのでは?
と真面目に思った(爆)

「アルゴ」に関しては
すいません、受賞は厳しい?と密かに感じていたのですが
さすがにノミネート漏れはありえない!
まあ、このあたりのことは受賞予想記事に書きます。

「アルゴ」そして「ゼロ・ダーク・サーティ」の作品賞受賞可能性は十分に残っている!
今年の受賞予想、本当に難しい....。
2013/01/11 11:06 PM by moviepad
こんばんわ。いつも記事を読まさせていただいてます。

ベン・アフレックが落選するなんて思いもしませんでした。まさかいまだに「ジーリ」「デアデビル」といった2000年初頭の失敗作のイメージが彼につきまとっているのでしょうか?

自分はノミネート発表後にイギリスやアメリカ、オーストラリア、そして日本のツイッターやネット掲示板を覗いて見ましたが、特に助演女優賞発表に関して紛糾していました。

イギリスではジュディ・デンチの落選が嘆かれ、オーストラリアではジャッキー・ウィーヴァーのノミネートが賞賛されていました。
(あまりの強烈なアカデミーへの批判とノミネート者への賞賛の嵐で見ていて怖くなったほどです。)

今回ほど、ノミネート結果に異論が噴出した年もないのではないかと思います。

受賞者予測の記事も楽しみにしています。

2013/01/12 8:10 PM by 1192
1192さん、こんばんわ

今、リアルな生の反応を観るのはtwitterが一番ですね。

個人的にはベン・アフレックよりもキャスリン・ビグローの落選のほうが
はるかにイヤ〜な印象を覚えました。

こればっかりは対象作を全部観ないと何とも言えないのですが...。

自分がアカデミー賞を面白いと思うのは
結果ではなく、(あまり信用していません)
その周辺のゴシップっぽい要素なんですが
こーいうサプライズは楽しめないなあ。
「愛、アムール」や「ハッシュパピー バスタブ島の少女」が
予想以上に健闘したのはうれしかったけど。


後からみるとアカデミーは正しかった!と思うこともたま〜にあります。
逆パターンのほうがはるかに多いのは否めませんが。

受賞予想は「ゼロ・ダーク・サーティ」を観終わってから書く予定でしが
こんな状況では時間をかけて考えてもしょーがないので早めに出すかもしれません。
作品賞以外はもう決めましたので(爆)
2013/01/12 10:45 PM by moviepad

コメントする









▲top