映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< アカデミー賞、作品賞ノミネート枠が5〜10本に変更! | TOP | 第83回(2010年)アカデミー賞 >>

2011年度アカデミー賞授賞式司会はエディ・マーフィーに決定!

何とまあ、早い。
2〜3日前、エディ・マーフィー有力と報道されたのは知っていましたが断る可能性が高いと思っていた。もう正式発表とは!2011年度アカデミー賞授賞式司会者はエディ・マーフィーで本決まりです。

少し前まではオプラ・ウィンフリーでガチと決めつけていた。ところが、オプラは今年のアカデミー賞でジーン・ハーショルト友愛賞を受賞することが早々に発表され、オプラの芽は消えた。じゃあ、お久しぶりのビリー・クリスタルかな?と思いきや、まさかのエディ・マーフィー!!!





エディとアカデミー賞といえば思いだすのが第79回(2006年)の授賞式。エディは『ドリームガールズ』の演技で助演男優賞にノミネートされ、受賞本命とされていた。だが、オスカーは『リトル・ミス・サンシャイン』のアラン・アーキンの手に渡った。エディはその発表の後、プッツンして?すぐ帰ってしまったという。(確かにエディが受賞すべきでした)

コメディアンにはよくあることなのだが、エディ本人はそれほど社交的な性格ではなく、ハリウッド的なお付き合いも嫌っていたといわれている。それが受賞を逃した原因と噂された。

今年の授賞式プロデューサーのブレット・ラトナーが監督を手掛ける最新作「Tower Heist」にエディが出演している縁で白羽の矢が立ったようだ。最近のエディは『ドリームガールズ』と『シュレック』の声くらいしか目立った活躍がなく、主演映画はコケ続け。アカデミー賞どころか、ラジー賞の常連と化している。エディとしてもここらへんで存在感をアピールしたかったのだろう。エディ・マーフィといえば、スパイク・リー監督が手掛ける予定のジュームズ・ブラウンの伝記映画の主演候補に名を連ねている。もし実現すれば当然オスカーを狙ってくるだろう。エディとしてもここらへんでアカデミー会員に好印象を与えておきたい!?

アカデミー賞の司会、今年のアン・ハサウェイとジェームズ・フランコが酷評されたこともあり、引き受け手がいないのではと思いきや、複数の大物から売り込みがあったという。にもかかわらず、プロデューサーのブレット・ラトナーはマーフィー以外眼中になかったらしいデス。ちなみに。「Tower Heist」は全米で11月に公開。ベン・ステイラーとの初共演が話題となっており、ケイシー・アフレック、「プレシャス」のガボレイ・シディベも出演。豪華なキャスティングです。エディ・マーフィー復活!と前評判も上々らしい。ということでブレット・ラトナーは職権濫用して自分の監督作PRのための話題作りをしたって訳です。これ以上の宣伝はないでしょうね。「Tower Heist」日本公開は未定ですがコレ観たい!!!



今年の授賞式はたぶん見れないので(WOWOWも解約、未だにテレビも地デジ化していないのです)どーでもいい気もするのですが、エディ・マーフィー司会なら観たいな。すっかり「過去の人」となってしまったエディですが、やはりコメディアンとしての才能は屈指のもの。ただ、オープニング「Party All The Time 」(ビルボードヒットチャート2位まで上昇した大ヒット曲)を歌いながら登場。プレゼンターも全部エディが変装して務めるなんてことはやめてね(爆)。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



2011.11.9追記
ブラッド・ラトナーがアカデミー賞のプロデューサーを辞任することが発表されました。ラトナーが新作「ペントハウス」のプロモーションでTV出演した際、撮影時、リハーサルをするのかという質問に対し、"Rehearsal is for fags"(「リハーサルなんてホモのやることだ」)と発言し、(fag=fagot 〈侮蔑的表現〉男性同性愛者 )女優と関係をもったこと(のちにラトナーはこれを否定)を赤裸々に語ったことなどで、バッシングを受けていた。ところでブラッド・ラトナーが辞任となると、ラトナーの肝入りで司会に選ばれたエディ・マーフィーはどうなる?マーフィーは司会を引き受けたことについて「新作の宣伝になると思ったから」と何とも素直な答え。「適任だと言ってくれる人もいるが、おそらく史上最悪の司会者になる。お漏らししちゃうかも」とコメントしているが...。ラトナー辞任騒動も「ペントハウス」宣伝の一環だったりして(爆)「ペントハウス」は全米興行成績2位に初登場。前述のとおり「エディ・マーフィー復活!」と評され、まずまずの評価をえています。

2011.11.11 追記
ブラッド・ラトナーの辞任にともなう後任プロデューサーにブライアン・グレイザーが決まりました。
そして...ラトナーの強力プッシュによって司会に抜擢されたエディ・マーフィーも予想通り降板後任にはお久しぶり9回目のビリー・クリスタルに決まりました。ビリー・クリスタルの司会って安定感は抜群で安心してみていられる半面、ワンパターンなんですよね...。個人的にはどんな司会をするか予想がつかないエディ・マーフィーが見たかった!残念。

スポンサーサイト


2017.11.21 Tuesday | 17:51 | - | - | - |

コメント

moviepad様
お久しぶりです。
3.11以来、ちょっと遠出してまで映画を観る気持ちになれず、近くのシネコンの上映作品は…なので、また、楽しい記事を読むことができてとてもうれしいです。
アカデミー賞と聞いて、わくわくします。映画館に行こう!と思います。

>…プレゼンターも全部エディが変装して務めるなんてことはやめてね

全くないとは言えない気がします(笑)。

(ところで、 >テレビが地デジ化していない のは、テレビ視聴をやめていらっしゃるのでしょうか?それとも被災地にお住まいなのでしょうか?などと余計なことを考えてしまいました。私はその3県に住んでいるので。)
2011/09/09 5:08 PM by パール
パールさん、お久しぶりです。

僕は被災地から遥か遠くに住んでいるので大丈夫です。
パールさんこそ,おすまいが"その3県"ということで地震大丈夫だったんですか...?

3.11以降、当方もほとんど映画を観ていません。
ブログの半休止は当初の予定通りで、震災とは無関係なのですが
映画そのものを観る気になれず、ましてや記事を書くエネルギーがわかない。
実は原発がらみの記事を2つ準備していたのですが
(「東京原発」と「10万年後の安全」)書きあげる気力がわかず
結局、お蔵入りとなりました(^^;。

このブログ、一応5年もやっているおかげで?
更新しなくてもアクセス数はそれほど減っていません。
ありがたいことです。だから慢心しているんですが...(^^;

そろそろ再始動と思ってはいるのですが方向性に迷っています。
劇場公開中の映画や、社会派映画みたいなものはとてもやる気になれないので
気軽にかけるミュージカル映画とかを特集っぽくやろーかな、と...。
まだ決めてませんけどね。

ちなみに、地デジ化していない、というのは自室専用テレビのことで
自宅には地デジ化しているTVはあります(笑)

もともとテレビ、ほとんど見ないので大した影響ないんですよ。
ニュースはネットでチェックしてますし。
昔のテレビはDVD再生専用機として残してあります。

ただ、唯一の心残りはアカデミー賞授賞式。
WOWOWもそれだけのために契約していたよーなものですし。

エディ・マーフィーの司会なら観たいな。
いわゆる映画ファンの方にはエディ・マーフィーと聞いただけで
眉をひそめる人もいるでしょうが、僕はわりと好きです。

エディは1987年のアカデミー賞授賞式で作品賞のプレゼンターとして登場。
「アカデミー賞60年の歴史のなかで黒人の演技賞受賞は3人だけ。
となると次の受賞は2004年だね」という強烈なコメントを残したことで知られています。

それにしてもエディ、一人○役、絶対やりそーですよね。
プレゼンターはいらない、俺が全部やる!とか。
誰か止めてね(爆)

2011/09/10 2:28 AM by moviepad
moviepad様

ご心配いただきありがとうございます。
3.11も 4.7も揺れました!家具はダンスして倒れました。幸い家族は無事でした。
日本のどこにお住まいでも、ぜひ備えをなさっていてください。

あの日の前のような気持ちで映画を観ることができなくなりました。
でも、moviepad様の記事で、アカデミー賞という文字を見つけ、わくわくしました。昔、エディ・マーフィーの映画を観たときの楽しい気持ちを思い出しました。

>エディ、一人○役、絶対やりそーですよね

ぜったいにやると思います!(笑)
2011/09/10 9:57 PM by パール
こんにちは。
お久しぶりです。
こちらの更新を楽しみにまってました。

エディ・マーフィの司会、楽しみですね。
果たして、どのような演出になるのか・・・
期待してます。

自分もいろいろあって、最近は、映画を観る機会が減りました。
また、3.11以降、考え方がガラッと変わりましたよ。

改めて、これからもよろしくお願いします。
2011/09/11 7:00 AM by
パールさん、ご家族ともども無事で何よりです。

>あの日の前のような気持ちで映画を観ることができなくなりました。

無理もないと思います。
でもアカデミー賞という文字にそんな気持ちを少しでもやわらげる力があるんですね。
日本にもそんなエンタメ系のイベントがあるといいんですけど。

紅白歌合戦、日本レコード大賞、日本アカデミー賞....。
だめだこりゃ。見ないほうがまし(爆)。
2011/09/13 9:54 PM by moviepad
亮さん、お久しぶりです。

>自分もいろいろあって、最近は、映画を観る機会が減りました。
また、3.11以降、考え方がガラッと変わりましたよ。

やっぱりそうですか。

自分も3.11以降、DVDも含めて数えられるくらいしか映画を観ていません。
このブログもどうなるかわかりせんが
(辞めるつもりはありません)
時々はのぞいてやってください!
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
2011/09/13 10:11 PM by moviepad

コメントする









▲top