映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 速報!第83回アカデミー賞 | TOP | 2011年度アカデミー賞授賞式司会はエディ・マーフィーに決定! >>

アカデミー賞、作品賞ノミネート枠が5〜10本に変更!

やっぱりというか...でも2年ほど前に、こういう記事書いたばっかりなんですけどね。→アカデミー賞、作品賞ノミネート枠が10本に拡大!アカデミー作品賞10枠復活は結局2年しかもちませんでした。

過去2年間ではアカデミー会員が作品に順位をつけて投票し、その結果10作品が選ばれるシステムでした。新システムでは作品賞ノミネート数は固定されず、投票者全体の5%以上が1位に投票した作品のみノミネート資格を獲得。最終的なノミネート作品数がいくつになるかはノミネート発表時にはじめてわかります。大体、5作〜10作の間になるだろうということです。

過去の投票において、1位獲得が最も多かった作品の投票率は全体の20.5%。そして過去のデータを分析して全体の5%以上の1位票を獲得する作品は大体5作品から10作品の間で落ち着くだろうとの結果をえたとか。作品賞が5枠であった2001年から2008年のデータを分析しても5〜9の間になるそうです。

主なソース Oscars to Allow Five to Ten Best Picture Nominees


受賞作品についてはこれまで通り全体の過半数が支持した作品が選ばれます。
結構めんどくさいやり方なので興味のある方はこの記事の下のほうをみてください。

アカデミー賞作品賞枠が従来の5作品から10作品に拡大されたとき、映画会社は"チャンスが増える!"と歓迎の意向を示していた。だが、同時に「10枠にひろげると実際には受賞の可能性が全くないと思われる作品もノミネートされてしまう」という懸念の声もあがっていた。要は"数合わせ候補が出てしまう"ということですね。(「しあわせの隠れ場所」とか... ) 実際そのとおりになってしまい、過去2年をさかのぼってみて、受賞可能性があったのは2009年は5作、2010年は2作!(多く見積もっても4作)...。

作品賞の枠を10本に拡大した時は大豊作といわれた第12回(1939年)を引き合いに出すという、強引すぎる論法でしたが、ハリウッド黄金期であった当時と今とでは状況が全然違う!まあ、そう遠くないうちに5作に戻るだろうと10枠拡大の発表時点で思っていたのですが...。2年か。早い、早い!まあ、5作固定に戻さなかったところに意地を感じますが。一昨年の巻き返しはあくまで「アバター」効果であり、今年の惨状が実態だということをアカデミー協会がちゃんと認識していた!問題点は早急に改善するというアカデミーの姿勢は十分評価に値すると思います。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!


2011/7/14追記 来年のアカデミー賞司会をオプラ・ウィンフリーが務めるのでは?という報道がなされた。アカデミー賞当局は「単なる憶測」と回答しているが、これは十分ありうる話。オプラはTV司会者として有名だが、女優としてアカデミー賞ノミネート経験もあり(第58回(1985年)「カラーパープル」で助演女優賞候補)、ここ2年連続してプレゼンター登場するなど、授賞式にはよく出席している。オプラは最近、長年続いていた人気トークショーを終了したばかり。そのタイミングを計るようにアカデミーがアプローチをかけたとしても不思議ではない。大多数の人が彼女なら安心と考えるだろう。極めて実現性の高い"憶測"である。まあ、かつて「拘束時間が長くギャラは安い」と不満をこぼしていたビリー・クリスタルも司会復帰も悪くない、という反応に変わってきているとか。来年の司会はオプラorビリー?オプラのほうが話題性があるでしょうね。


  2011/7/17 追記 今年のアカデミー賞は電子投票になる可能性が高まったという。今までは高齢の会員に配慮し見送られてきたが、アカデミー事務局が会員にメールアドレスの告知を求めたところ、83%の回答を得たことからイケルと踏んだようだ。このこと自体、大したことでは...あったりする。まずメールアドレスも持っていないような老人の投票をカットできる(爆) もっと重要なのは電子投票が実現すれば、授賞式日程が前倒しになる可能性が高いこと。1月下旬から2月初旬を目指しているという。これは結果に影響しまっせ!来年のオスカー候補についてはまだ突出した作品がないようにも思える。まず、天下無敵ピクサーの最新作「カーズ2」が不評という大波乱!作品賞はおろか長編アニメ賞すら厳しいという。その一方、これまで作品賞に全く縁のなかった「ハリー・ポッター」シリーズラスト『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』が大絶賛されている。「ロード・オブ・ザ・リング」のように最終章で...昨年までの10作品ならノミネート確実だが、今年の投票形態ではどうだろうか?「ハリー〜」がノミネートされればかなり面白くなる!今年のアカデミー賞があまりにもつまらなかったこともあり大いに期待したいところです。

スポンサーサイト


2017.05.24 Wednesday | 20:26 | - | - | - |

コメント

こんにちは。
アカデミー賞、またも、変更なんですね。
Moviepadさんが、不安視されてたとおりになったわけですね。
さすがです。
でも、ご指摘の通り、その柔軟さは素晴らしいことなのではないかと思います。
2011/06/18 7:17 AM by
まあ、これは予想通りですね。
でも5作固定に戻さなかったところに往生際の悪さを感じます(爆)。むしろ5作以下にしたほうが緊張感が出ていいような気もしますが...でもそれじゃ視聴率に貢献しそうなヒット作は絶対ノミネートされなくなるので都合が悪いんでしょー。
2011/06/22 12:11 AM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/483

トラックバック

▲top