映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< フラガール 〜楽園は人の心の中にある〜 | TOP | 「アラバマ物語」 >>

ゆれる

ゆれる (2006 日本)

公式サイトにリンク監督   西川美和      
脚本   西川美和    
撮影   高瀬比呂志      
音楽   カリフラワーズ
出演   オダギリジョー  香川照之 真木よう子

人間の記憶とは、そのときの感情の"揺れ"により簡単に塗り替えられる。

東京で写真家として活躍する弟・猛。
実家のガソリンスタンドを継いでいる兄・稔。
帰省した弟と幼なじみの智恵子と3人で近所の渓谷に出かける。
その吊り橋から智恵子が落下した。すぐ傍には稔がいた...
稔は智恵子を吊り橋から突き落とした容疑で逮捕される。
はたしてこれは事故なのか?それとも事件か?
裁判が進むうちに兄の別の一面を見た猛は法廷で思いもよらないことを証言する....

家業を継ぎ誠実な兄、東京でフリーランス業をしている弟。
ひとつの場所から逃げられない兄、ひとつの場所にはいられない弟。
地に足が着いているはずの兄が、この落下事故をきっかけに別人のように動揺し、今まで他人には見せなかったであろう素顔を曝け出しはじめる。状況を見極め、冷静な対応をする弟。精神的に"地に足が着いている"のはむしろ弟のほうだということがわかる。

この兄弟は合わせ鏡の関係にあり、お互いが自分に欠けているものをすべて備えた存在であることを知っている。

夜中、弟が帰ってきたとき、振り向きもせず夜中にひとり洗濯物をたたみつづける兄。
拘置所でつい立で区切られて会話する2人。
被告席の兄、傍聴席の弟。
どんどん2人のあいだの空気の密度が増していく。
ラスト、車が通り過ぎる道路ごしに一瞬目を合わせる2人。
常に犠牲者となる者は、犠牲になることで心の安らぎを覚える。
常に犠牲者にはなれない者は、犠牲者を哀れむことで赦しを得ようとする。

幼き頃に撮ったビデオを見た直後の感傷。「お前は何も信じない男だ」といわれた後での法廷での証言。
どちらが感情が"ゆれた"ための幻で、どちらが真実であったかは作品中、明確に表現されない。
「兄と僕とはどこかでつながっていると思っていました」
弟・猛は法廷でそう表現した。そのわずかな細い糸がどうなったのか?
この映画のラストの結末はわれわれの感情の"ゆれ"具合に委ねられている。
そのとき感情のコンパスが揺れた方向がその人にとっての真実なのだろう。
あまりに個人的な"真実"は誰をも幸福にしないこともあるのだ。

人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!


2006.10.03 Tuesday | 00:10 | 映画 | comments(11) | trackbacks(18) |

スポンサーサイト


2020.02.22 Saturday | 00:10 | - | - | - |

コメント

はじめまして。
主観的記憶の脆弱さを思い知らされる作品だったですね。弟が証言台に立った時はあれが彼にとっての真実だったのか。
<あまりに個人的な"真実"は誰をも幸福にしないこともある
仰る通りだと思います。兄弟であるが故に互いの本音には敢えて触れたくなかった、そんな禁忌的な部分が上手く描写されていたと思います。TBさせて頂きました。
2006/10/03 8:01 AM by lin
linさん、はじめまして。コメント&TBありがとうございました。
TBいただいた記事ももちろん読ませていただきましたが、非常に鋭く的確な指摘に感嘆しました!!!。
僕は吊橋が意味するものなど全く考えませんでしたので...(^^;

-----以下、120%ネタばれです---------

<弟が証言台に立った時はあれが彼にとっての真実だったのか。

そうだと思います。

弟・猛の証言が嘘であった、という前提で話をします。(僕は100%そうだとは言い切れないと思ってます)「同じ嘘をつくにしても、男はそれを嘘だと自覚して嘘をついている。女はそれを嘘だと思っていない」という言い回しをふと思い出しました。もちろん猛は男ですが、彼は、信じていた兄に裏切られた絶望感でいっぱいだった。その時点で記憶はゆれた。兄への不信感が増すにつれ、自分の無意識の中に閉じ込めていた疑惑がむくむくと膨れ上がり、ついにあの日にみたおぼろげな記憶は、あの証言内容に完全にすり替わってしまった。猛は証言時、嘘をついているという自覚などひとかけらもなかったと思いますよ。自分の心の中の真実を話しているのですから。そこがこの映画の一番怖いところです。

そもそも、猛は、兄を信じているつもりだった、または信じているふりをしていた、だけで本当は兄のことなど最初から信じていなかったー 稔の「お前は誰も信用していない」という分析のほうが正しい ー のかもしれない...。本当のこと言われたから腹が立った。でもそれは絶対に認めたくない....

この作品あんまり深読みしすぎるとメビウスの輪状態になって脱出できなくなります(笑)
記事同様、わかりにくいコメントですいません。
2006/10/03 10:20 PM by moviepad
こんにちは。人の記憶って、確かに非常に曖昧ですよね。「そのときは、それが真実だと思った」ということ・・・
深い。この映画、深いです・・・ホント、メビウスの輪状態ですね。
でも、人の解釈によってどうとでもなる作りっていうのも個人的には好きですし、すごいですね。ずべてのセリフやシーンが計算づくなのに、肝心なところは何もわからないなんて。

2006/10/04 10:09 PM by カオリ
カオリさん、コメントありがとうございました!

>人の解釈によってどうとでもなる作りっていうのも個人的には好きですし

僕も同じです。本当に肝心なところがわからない映画ですね。信じていた兄に裏切られた→だから嘘の証言をした という公式はどうも腑に落ちないんです...。
2006/10/04 10:28 PM by moviepad
>常に犠牲者となる者は、犠牲になることで心の安らぎを覚える。
常に犠牲者にはなれない者は、犠牲者を哀れむことで赦しを得ようとする

面白い解釈ですね。
大発見です。

TBに感謝!
2006/10/09 11:47 PM by マダム・クニコ
こんにちは。
昨日、遅ればせながら見たのですが、正直、よく「わからない」映画でした。(もちろん良い意味で)
この作品は、見る人によって「テーマ」が違って見えることでしょうね。そこが、興味深いところだとも思います。まさに「メビウスの輪」のような映画です。
>この映画のラストの結末はわれわれの感情の"ゆれ"具合に委ねられている。
……まさに、そのとおりだと思います。
私のレビューも「ゆれ」たままの生煮えの状態なのですが(苦笑)、とりあえず、TBしました。
2007/02/06 12:15 PM by syunpo
syunpoさん、こんばんわ!

この映画は謎だらけですね。
稔は本当に智恵子を突き落としたのか?
猛は真実を語っているつもりで証言したのか?
そしてラスト、稔はどこへ行くのか?

この映画は人それぞれ解釈が違うので他の方の記事を読むのがとても楽しかったです。

ラスト、女性はね、やっぱイケメンのオダジョーに感情移入してしまうのか(笑)、ラスト稔は家に帰り弟と和解することを願っていたようですが...。僕は後半からはずっと稔の目線でみていたので、それはありえないと思いましたね。

稔は"自分は人のために犠牲になる"いい人を演じることでアイデンティティを保ってたんだと思います。逮捕される、という究極の犠牲をへたことで、その精神的束縛みたいなものから解放されたんじゃないか、それがラストの微妙な笑顔につながっていると...。

稔は家には帰らず、弟とも縁を切り自分のための人生を歩み始めると思いますよ。自分が稔なら絶対にそうするでしょうから。
2007/02/06 7:11 PM by moviepad
こんばんは。
先日、触れておられたキネマ旬報の西川監督のインタビューを読みました。彼女は、発言もなかなか面白いし、しかもチャーミングですね。小宮悦子をふっくらさせた感じ(笑)。
「オリジナルで勝負したい」というところに、さらなる期待感をもちました。

香川照之のインタビュー記事で、撮影監督の高瀬比呂志氏が撮影後に亡くなったことが紹介されていますが、残念ですね。
2007/02/08 8:50 PM by syunpo
syunpoさん、こんばんわ!

>小宮悦子をふっくらさせた感じ(笑)

最近、あんまりTV見ないんですが、小宮さんってそんなに痩せたんですか(爆)...おっとやば、やば。

監督のオリジナリティへの強いこだわりが感じられるインタビューでしたね。

香川照之のインタビューも面白かったです。
共感がもたれにくいと思われる稔のキャラクターが多くの観客に理解されたことは、まさに役者冥利につきるでしょうね。

高瀬比呂志氏へのくだりは、俳優の演技をよく見せるも悪く見せるも最終的には撮影で決まることを知り抜いたゆえでのコメントですね。このインタビューを読んで、改めて香川照之はいい役者だな、と思いました。

この映画、見終わってからしばらく余韻が残りまくりました。
syunpoさん、今かなりキてるでしょう?(笑)
2007/02/08 10:04 PM by moviepad
管理人様、はじめまして。
ぽすれんのTBから辿り着きました。
TB、誠にOTHERS(アザース)!

オダギリジョーの出演作品を、もっと観たくなりました(^^;
2007/05/13 1:39 AM by AT吉GUY
AT吉Guyさん。おはようございます。
ぽすれんから来ていただいたんですか!
TBはしてみるものです(笑)

この記事、わかりにくかったでしょう?
自分で読み返してみて意味がよくわからない箇所があります(笑)<おいおい

人によって解釈がかなり違う作品なので、他の方の記事もいろいろ読んでみると面白いと思いますよ!
2007/05/13 9:17 AM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

「ゆれる」
 ゆれる オリジナルサウンドトラック 「ゆれる」 ★★★★ (2006年日本) 監督:西川美和 企画:是枝裕和、安田匡裕 原案:西川美和 脚本:西川美和 キャスト:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井
(NUMB 2006/10/03 7:50 AM)
ゆれる(06・日)
「どうして、俺とお前はこんなに違うの?」 兄と弟。 どこまでも、この映画は兄弟をアシンメトリーに映し続ける。 刑務所の面接室の中、同じ床、同じ設備、しかしその間にはどうしようもないガラスの壁。 山梨で父とともにガソリンスタンドを経営する実直な兄、稔
(no movie no life 2006/10/04 10:02 PM)
ゆれる
恥かしながら...オダギリジョーの演技、初めて観た、、、、{/hiyo_s/}{/kaminari/} あまり関心なくって、ドラマも観てないし、、、、でもびっくり☆ 自然で素晴らしい役者さんなんだ。(今頃 {/dogeza/}{/ase/} やっと観てきましたー。 どうしても公開中に観たかった
(我想一個人映画美的女人blog 2006/10/06 10:56 AM)
「ゆれる」は生々しくて痛くて複雑な映画。
 東京でカメラマンとして成功し、自由に生きる弟・猛オダギリジョー。 母の一周忌に久々に帰郷した彼。 父の事業ガソリンスタンドを手伝う兄・稔香川照之は、 いやなお客からのクレームにも誠実に対応し、 炊事洗濯などの家事もこなしながら、父親と暮らしている
(don't worry!な毎日 2006/10/07 5:06 PM)
ゆれる  @渋谷アミューズCQN
ゆれる  @渋谷アミューズCQN  7月13日 企画:是枝裕和 原案・脚本・監督:西川美和 出演:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、木村祐一、ピエール瀧、田口トモロヲ、蟹江敬三 公式サイトはコチラ 【ストーリー】山梨
(シュフのきまぐれシネマ 2006/10/09 8:41 AM)
ゆれる/神の試練
 父と息子、それぞれの兄弟の確執の物語。人間の根源に関わる゛他者との関わり”を深く掘り下げた必見の名作である。 goo映画   言うまでもなく、人類最初の殺人事件は、旧約聖書の「アダムとイブ」の息子たち「カインとアベル」によって引き起こされた。  父の仕
(マダム・クニコの映画解体新書 2006/10/09 11:48 PM)
ゆれる
てくてくと歩いて帰る足取りも軽くなったが、キム検事のしてやったり顔を思い出して目の前が揺れていた。
(ネタバレ映画館 2006/10/15 2:19 AM)
ゆれる〜今もゆれている
映画を見ていくとどんどん気持ちが贅沢になっていく。 最初の頃は何でも面白くて楽しんでいるが、 段々と多少のものでは満足出来なくなってしまう。 映画を見る度にあら探しをしてしまっていたりする。 でも、質の高い、良い映画に出会えた時の感動は、 人一倍に感
(Osaka-cinema-cafe 2006/10/21 11:51 PM)
ゆれる(映画館)
あの橋を渡るまでは、兄弟でした。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:西川美和 出演者:オダギリジョー/香川照之/真木よう子 時 間:119分 [感想] これす〜〜んごく観たかった映画!! チネチッタもダイスの上映してくれないからDVD待ちだと思ったら、新
(ひるめし。 2006/11/12 3:11 PM)
『ゆれる』
あの橋を渡るまで、兄弟でした。     ■監督・原案・脚本 西川美和■キャスト オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、蟹江敬三、 木村祐一、田口トモロヲ、ピエール瀧 □オフィシャルサイト  『ゆれる』 母親の一周忌で久々に
(京の昼寝〜♪ 2006/11/14 9:58 PM)
ゆれる
出演 オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀 ほか 監督 西川美和 母の一周期で帰省
(いろいろと 2006/12/14 7:40 PM)
奪うもの、奪われるもの。~「ゆれる」~
いやもう、どんだけ待ち焦がれたかって。(笑) これだけはスクリーンで絶対見ようと思っててやっと行ってきました。 ゆれるオダギリジョー 西川美和 香川照之 バンダイビジュアル 2007-02-23売り上げランキング : 83Amazonで詳しく見るby G-Tools あのですね・
(ペパーミントの魔術師 2007/01/25 11:36 PM)
映画『ゆれる』
 迂闊にも封切公開時に見逃してしまった西川美和監督の『ゆれる』を遅ればせながら観る。年度末の各媒体のベストテンでいずれも上位に名乗りをあげているのを見て、「2007朝日ベストテン映画祭」(中之島・リサイタルホール)の初日、夕方の上映にもぐり込んだ。
(コラムニスト宣言 2007/02/06 12:02 PM)
ゆれる
ゆれる 出演:オダギリジョー 監督:西川美和 時間:137分 公式HPstory東京で写真家として成功し、久しぶりに帰郷した猛は、実家に残って家業を継ぐ兄の稔、幼馴染の智恵子と近くの渓谷へと出かける。そこで智恵子が吊り橋から落下するという出来事が起こる。その時
(playtcafe*cinema*art* 2007/03/18 11:32 AM)
か細い橋は朽ちていなかった●ゆれる
「兄を取り戻す」 取り戻したのは、兄が弟を取り戻していた。 主人公のカメラマンである、弟の早川 猛(たけし)役には、 『激辛カレーを食べて、あなたは「辛い!」と怒ります?●SHINOBI』や、 『ラストま
(Prism Viewpoints 2007/04/21 12:09 AM)
ゆれる
さて、日曜は、コブクロの蕾を聴きに八戸フォーラムへ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」を観に行って、
(欧風 2007/04/21 6:23 PM)
東京タワーを観る前に
ゆれる監督:西川美和出演:オダギリ ジョー , 香川照之 , 真木よう子 , 蟹江敬三収録時間:119分レンタル開始日:2007-02-23Story『蛇イチゴ』の西川美和が原案・監督・脚本を手掛け、オダギリ ジョーと香川照之の共演で贈るサスペンス
(OTHERS! 2007/05/12 1:57 AM)
『ゆれる』’06・日
あらすじ東京でカメラマンとして成功している猛(オダギリジョー)は母の一周忌で帰省する。彼は実家のガソリンスタンドを継いだ独身の兄の稔(香川照之)や、そこで働く幼なじみの智恵子(真木よう子)と再会し、3人で近くの渓谷に行く。猛が単独行動している間に、稔
(虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ 2007/06/09 4:44 PM)

▲top