映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 地獄の変異 | TOP | ゆれる >>

フラガール 〜楽園は人の心の中にある〜

フラガール (2006 日本)

公式サイトにリンク監督   李相日       
脚本   李相日 羽原大介   
撮影   山本英夫      
音楽   ジェイク・シマブクロ   
出演   松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 

昔ながらの、そして今もおそらく変わらないであろう娯楽映画の王道と言える快作だ!

この作品の舞台は昭和40年。石炭から石油へのエネルギー転換が急速に進み、本州最大の常盤炭鉱でも大幅な人員削減を強いられていた。そこで新しくレジャー施設"常盤ハワイアンセンター"(現スパリゾートハワイアン)を建設し町の危機を救おうとする。この施設の目玉は"フラダンスショー"。炭鉱娘たちにフラダンスを教えるため、東京から、かつてSKD(松竹歌劇団)に在籍していた元ダンサーを教師として呼び寄せるが.....。この教師役平山まどか(松雪泰子)のモデルは、現在の常盤音楽舞踊学院最高顧問のカレイナニ早川氏。実話をベースとした物語である。



参考 早川和子と小野恵美子

前半、TVドラマのような展開の早さにややイライラさせられる。
だが、主要登場人物の顔と名前、キャラクターが掴めてきた中盤ごろより徐々に映画的な、一場面をじっくり見せる演出に移行する。
この作品のターゲットは、フラダンスショーに喝采を送る客席と同じ人たちである。
観客が戸惑わないようにまず大半の人が見慣れているTVドラマ演出ではじめ、徐々に"映画"としての色を出していく。評論家よりもまず観客の視点に立った秀逸な演出。まさに娯楽映画に徹した作りなのだ!

この映画には誰もが願うとおりの結末が待っている。
それで安心する人もいる。予定調和物語を嘘っぽく感じる人もいる。
そこで誰もを満足させるためには、ある程度のリアリティが必要不可欠となってくる。
"定番ハッピーエンディング物語"に説得力を与えるのは監督の演出力でも脚本の出来でもない。キャスティングである。キャスティングさえうまくいけば映画は成功を約束されたも同然。ストーリーはみんなの望むとおりに展開するのだから。この作品はその点、ほぼ完璧である。
若手N0.1女優の呼び声高い蒼井優をはじめ、松雪泰子山崎静代(南海キャンディーズ、しずちゃん)、徳永えりは見事に役にはまっており、それぞれに見せ場が用意されている。観客がどの登場人物に感情移入しても満足できるはずだ。その映画出演歴の浅い若手俳優陣を、その道のベテラン、富司純子岸部一徳豊川悦司らが見事にサポートしている。

ラストのフラガールたちの華やかなダンスシーンは、炭鉱の町を一気にハワイの楽園にしてしまう。この時のフラガールたち、そして観客の笑顔。楽園とはどこか遠くの場所にあるのではなく、人の心の中にそれぞれ存在するものであることを教えてくれる。2007年米アカデミー賞外国語映画賞日本代表エントリー作品。必見です!
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!


2006.10.01 Sunday | 21:59 | 映画 | comments(12) | trackbacks(36) |

スポンサーサイト


2018.09.16 Sunday | 21:59 | - | - | - |

コメント

達也です。

『フラガール』観てきました。
「ダンス、教えてくんちぇ」の福島弁と、
粋な女達の熱い思いと生き様。
そしてラストに魅せるダンスシーンが、
胸と目頭を熱くする、いい映画でした。
蒼井 優の瑞々しい演技も、松雪さんの
カッチョいい演技も良かったですが、
これが実話だという一言で、
同じプロットの「スイングカールズ」を
超えている気がします。
GO!フラガール、世界へ。

P.Sトラバさせてくださいね。
2006/10/03 9:17 AM by TATSUYA
達也さん。コメント&TBありがとうございます!この作品が実話だということも驚きますが、僕はあんまりそのことが気にならなかったですね。それくらいパワーのある作品でした!

松雪泰子はTVドラマ「白鳥麗子でございます」のタカピー女がハマリ役で、たぶんこの出演依頼もその流れできたのかと。ちと古すぎかな(^^; この役も小手先の技術ではなく、本人のもつ雰囲気でもってドーンと演じきったって感じです。スクリーン映えのする女優さん。もっと映画に出てほしいな。人づてに聞いたところによると、実際の松雪さんはとても感じのいい人らしいですよ!
2006/10/03 10:40 PM by moviepad
おはようございます!
なるほどな〜と関心しながら読ませて戴きました。見慣れたドラマ仕立てだったんですね〜
どうしても理屈で物事考えられないワタシにはとっても新鮮です。判りやすく読みやすい文章にも感激しました!
ゆれる・太陽・そして本作とTBを3つも入れさせて戴きました。
またレビュー読ませてください!
これからもよろしくお願いします♪
2006/10/09 8:53 AM by こべに
こべにさん。はじめまして!
TB&コメントありがとうございました。

<TBを3つも入れさせて戴きました。

こちらからもTBさせていただきました!
ははは、僕は無理矢理、理屈を当て込もうとする悪癖があります...我慢して読んでいただいてありがとうございます(笑)
こちらこそどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
2006/10/09 2:07 PM by moviepad
「コラムニスト宣言」のsyunpoです。拙文へのコメントありがとうございました。
たしかに近頃はキャスティングのいいかげんな作品が多いですから、本作のようにメインの役どころも脇も、見事にハマっているとストレスなく画面に没入できますね。
松雪泰子には、たいして関心はなかったのですが、いい女優さんだと思いました。
2006/10/15 11:44 PM by syunpo
syunpoさん!こちらにまでコメントいただいてありがとうございました。

この作品見る前は豊川悦司のキャスティングにとても不安があったのですが(彼が炭鉱夫にはまず見えないだろうと...)いやはやスレスレOKって感じでした(笑)演技力でちゃんとそれらしく見せてましたね。
2006/10/16 12:29 AM by moviepad
3週間ほど前に有楽町で見ました。私は59才ですので、元々常磐ハワイアンセンターの話しが好きで期待して映画を見ました。期待以上の出来で南海キャンデ゙ィーズも映画進行の邪魔にならず安心しました。ダンスも邦画としては珍しく時間をかけての訓練が偲ばれ、久々に邦画の良さを満喫しました。私にとっては「誰も知らない」「父と暮らせば」「かもめ食堂」に続く面白い邦画でした。
 良く練った脚本とこんな映画を作りたいという”志”があれば日本でもまだ心を打つ映画ができるんですね。本当に嬉しいです。いつも海外の作品を見て悔しがっています。誰に言ったらいいのか分かりませんが、頑張ってください!邦画の人たち!!日本の映画はアニメだけでは無いことを世界に、そして何よりも私たちに示してください。
2006/10/28 3:09 AM by k藤-19
K藤-19さん、はじめまして。コメントありがとうございます!!!

>ダンスも邦画としては珍しく時間をかけての訓練が偲ばれ

平山まどか役のモデルとなったカレイナニ早川さんが直々にダンス指導してますからね!

「フラガール」関係のキーワードで検索してここに遊びにきてくださる方が最近本当に多いんですよ!観た方に強い余韻を残している作品なんだな、とひたすら実感しております。
2006/10/28 3:58 AM by moviepad
TBありがとう。
そうですね。王道を追求していることのすがすがしさを感じますね。
いろんな、小手先での逃げ方あるんですけどね。
この映画は、正面から堂々と、物語化していますね。
2006/11/14 7:13 PM by kimion20002000
kimion20002000さん コメントありがとうございました。

この作品はまさに王道ですね。
最近こういうのって意外と少ないので、この作品見ていて気持ちよかったです。
2006/11/18 12:49 AM by moviepad
こんにちは!
邦画はあまり観ないのですが、評判がいいのでWOWOWで鑑賞しました。
なかなか感動的で何回もジーンとしました。
だけど、やっぱり邦画はイマイチかなぁ〜
気持ち的に『あ〜〜〜面白かった!!』って思えなくて・・・感性が変なのかしら?
2007/07/01 4:10 PM by 由香
由香さん、こんばんわ

僕も邦画はあまり見ないのですが、あまりに評判がいいので、この映画は見に行きました。

うーむ、やっぱり映画には気分転換というかどこか非現実的な要素を求めている部分がありますからね。邦画は、よほど興味をそそられる題材でない限りチケット買う気にはなれないですね。僕も。
2007/07/01 10:14 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/47

トラックバック

「フラガール」レビュー
「フラガール」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、高橋克実、岸部一徳、富司純子 *監督:李相日 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログか
(映画レビュー トラックバックセンター 2006/10/02 6:16 PM)
蒼井 優の『フラガール』を観てきた。
人生には、降りられない舞台がある。 フラガール (出演 松雪泰子、豊川悦司) / いやー、えがったんでないの。皆も見てくんちゃい! と、思わず福島 弁が出ちゃうくらいノリノリの映画『フラガール』を観て来た。
(TATSUYAのシネマコンプレックス 2006/10/03 9:17 AM)
フラガール
フラダンス ダンスが済んでも 踊ろうよ   もちろん、常磐ハワイアンセンターの成立物語は凄い重要だと思います。これまでの、日本が推し進めてきた産業、資源である黒いダイヤモンドなる石炭に関わる仕事にいらっしゃる人にとって、リストラあり、新たな事業の
(空想俳人日記 2006/10/03 12:29 PM)
フラガール
フラガール (出演 松雪泰子、豊川悦司) 2006年9月23日 劇場初公開 公式サイト: http://www.hula-girl.jp/index2.html シネ・リーブル池袋1 2006年9月26日(火)20時25分の回 ゴウ先生総合ランキング: A-   画質(ビスタ): A-   音質(SRD?)
(映画と本と音楽にあふれた英語塾 2006/10/03 8:15 PM)
愛と勇気と感動のエンターテイメント・・・【フラガール】(2006年13本目)
うっ! キ・・キタ━━━━(T∀T)━━━━!! な・・涙が止まらないよ〜 でも・・・オレだけじゃないよ。 場内の暗闇のあちこちから聞こえる。 グスグスと鼻をならす音 どんなに辛く悲しくても    「おどっぺ」と未来に向う彼女らに もう館内総泣き・・・でもいい
(ON THE ROAD 2006/10/03 11:41 PM)
フラガール
フラガール(ふらがーる)はシネカノン制作・配給の、2006年9月23日全国公開した日本映画です。
(気ニナルコトバ 2006/10/04 11:23 PM)
フラガール
公開一週間でとても評判がいいようなので、「フラガール」を観に行ってきました。 評判どおり、とてもいい映画で、見終わったあとの満足感もあり、あたたかい気持ちになれて、泣けて笑えて大満足でした。 出演者の啖呵のかっこいいこと。平山まどか(松雪泰子)のぶ
(まぁず、なにやってんだか 2006/10/04 11:34 PM)
女優しずちゃん、アカデミー賞その気
大ヒット映画「フラガール」(李相日監督)に出演した南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代(27)が4日、大阪市内で舞台あいさつを行った。炭鉱閉鎖に沈む町を救うため、盆踊りしか知らない選炭娘たちがフラガールになって活躍する人情喜劇。主演の蒼井優(2
(芸能ニュース 2006/10/06 1:39 AM)
フラガール
感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い!
(Akira's VOICE 2006/10/07 10:38 AM)
フラガール
監督:李相日  音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子、寺島進 炭鉱の町福島県のいわき市。そこで東北に南国の楽園を!という働きかけは 閉山により町が衰退していくのを
(BLACK&WHITE 2006/10/08 11:27 PM)
フラガール 
フラガール @ユナイテッドシネマとしまえん 9・30(土) ? 監督:李相日 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代  岸部一徳 富司純子 公式サイトはコチラ 北国に常夏の楽園「常磐ハワイアンセンター」が
(シュフのきまぐれシネマ 2006/10/09 8:39 AM)
シネカノンの挑戦!『フラガール』
後半1/3は泣きっぱだった。 (/_<。)ビェェンどーしょーもない『涙そうそう』(レビュー)の翌日に観たから、その分泣けたのかも(爆)『涙そうそう』の舞台挨拶チケ取りの為に、この舞台挨拶を回避したのが悔やまれる。キャストと一緒に泣きたかったわぁ。・°°・
(|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο 2006/10/09 8:02 PM)
フラガール
これは書いておかなければ。先日、映画「フラガール」を観ました。深夜番組「虎ノ門」で辛口の井筒監督が満点3ツ星をつけた映画だったので観たくなったので観にいったんです。池袋のメトロポリタンにある映画館に行ったら大人気で一番前のど真ん中の席しか空いていなく
(Beauty 2006/10/12 10:42 AM)
映画『フラガール』
 これは、まさに「躍る=踊る」フィルムだ。  歴史的役割を終えつつある炭坑に見切りをつけ、女たちが躍り出る。男を支える、という役回りからも舞い降りる。教師のダンスを初めて間近に見た女たちの胸は躍り、フラダンスに自分たちの夢を託す。女たちは、愛を囁くよ
(コラムニスト宣言 2006/10/15 10:34 PM)
『フラガール』
「いくぞ! フラガール!」 ハワイアンのメロディと、情熱的なフラダンスに、魅了されっ放しの約2時間。 身も心もすっかりハワイの気分です。(笑) 東北発の炭鉱娘のハワイ行き物語は、実に面白くて、嬉し泣き・悔し泣き…、涙、涙のサクセスストーリーで、私たち観客
(Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐ 2006/10/16 10:13 PM)
フラガール〜静ちゃん、最高!
この映画を見た人から殆ど、「良いよ」、や「泣いた」とか 聞いていたので、見たくて仕方なかったのです。 ようやく見て来ました。 いや〜、めちゃめちゃ泣いてしまいましたね。 実話を元にした、映画「フラガール」 昭和40年代、福島県いわき市の炭鉱町。
(Osaka-cinema-cafe 2006/10/17 2:14 AM)
映画「フラガール」
泣けるよ、泣けるよ、と最初からそう思いながら観た、・・そう思いつつも思いの片隅に、わざとらしく感動を押し付けられるのではとの疑念もあったのだが・・ 時は昭和も40年、時代の波に押され風前の灯の常磐炭鉱、大量解雇の嵐が吹き荒れるなか、閉山の穴埋
(茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 2006/10/22 2:00 PM)
フラガール 06年205本目
フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、 今年
(猫姫じゃ 2006/10/25 2:07 PM)
「フラガール」 人を育てるということ
先頃までフジテレビ系列で放送していた「ダンドリ。」はチアダンス。 チアダンスに一
(はらやんの映画徒然草 2006/10/26 9:44 PM)
フラガール
2006年 日本 2006年9月公開 監督:李相日 評価:★★★★☆ 製作:李鳳
(銀の森のゴブリン 2006/11/03 7:22 PM)
映画「フラガール」を観てきた
昨日,久しぶりに映画館に行ってきました。 観てきたのは「フラガール」。 今から40年前,石炭から石油へのエネルギーシフトが急激に進展し,炭鉱の斜陽化が進んでいく中で,炭鉱の閉山という危機的状況を乗り切るために,炭鉱会社は坑道から湧出する温泉を利用したレ
(何でも見てやろう 2006/11/04 1:20 PM)
フラでウエストが細くなる
ウエストが細くなる…。そんな女性の願いを背景に、空前のブームとなっているフラダンス。横浜でも、このフラダンスをはじめ、ハワイの魅力を紹介するイベント「Hawaiian Summer in クイーンズスクエア横浜」が12日、はじまった。 会場となったクイ
(フラフラフラダンス 2006/11/05 8:43 PM)
NO.177「フラガール」(日本/李相日監督)
?Υ?????κ??? ?????????Ф ??????Ρ?????Υ?? ??1960???1989???ΥΩ夲????????襦??????90????????ä?Ф???Τ????å???α????塼?ä?? ?Υ?Į??Ĥη?Ĥ??ë????Ÿ?? ????ä??????å????γ???顢???Ĺ??α??褦??? ?μ??å?????ξΩ????Ū???????Υ?Τ????
(サーカスな日々 2006/11/08 3:48 PM)
『フラガール』
人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。   ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、富司純子、岸部一徳、高
(京の昼寝〜♪ 2006/11/14 10:41 PM)
「フラガール」
間もなく公開される「フラガール」の試写。すばらしい感動作。昭和40年、エネルギー革命により炭坑閉鎖の危機が迫る福島県いわき市。そこでは、北国をハワイに変えようというプロジェクトが持ち上がっていた。その目玉となるフラダンスショーに出演するダンサーを育てる
(やまたくの音吐朗々Diary 2006/11/23 11:30 PM)
フラガール 2006-64
「フラガール」を観てきました〜♪ 昭和40年、炭鉱の町磐城では、炭鉱閉鎖による大幅な人員削減が行われており、街全体が沈んでいた。そんな中、炭鉱から湧き出す温泉を利用するハワイアンセンターの建築というプロジェクトが計画される。センターの目玉は、本格的
(観たよ〜ん〜 2006/11/25 7:38 AM)
あおいゆうちゃん可愛い〜
蒼井優ちゃんおめでとう!出演した「フラガール」という映画での演技で「新人賞」を受賞。お見事です。蒼井優ちゃんの演技、一際目立っていましたよね。目立っていたというか存在感がありました。若干21歳の蒼井優ちゃん。それでももう...
(独り言日記 2006/12/05 3:52 PM)
フラガール
ちょっと前の話になるのですがね。 えぇえぇ、世間はお休みなのに働いていたある祝日の話です。 私が今、一番注目している女優 蒼井優 主演の「フラガール」を観てきました[:ぴかぴか:] 上映日残りわずかで、正直あきらめていました。 だけど、その日たまたま見
(とにかく1年! 2006/12/07 9:07 PM)
フラガール
全国一斉ロードショーより2週間送れて 先週の土曜より公開されているフラガール を
(いろいろと 2006/12/14 7:51 PM)
フラガール = 日本
   未来をあきらめない 北国を常夏の楽園へ。40年の時を越え語られる奇蹟の実話。 カッコイイ!! 今年の映画の中でも、特にいい!!
(a day on the planet 2006/12/28 11:55 AM)
フラガール−(映画:2007年25本目)−
監督:李相日 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子 評価:96点 公式サイト 先日、第30回日本アカデミー賞を受賞。 蒼井優は助演女優賞を受賞。 評判どおりの素晴らしい映画だった。 しかし、しずちゃんの汚い泣き顔にもらい
(デコ親父はいつも減量中 2007/02/24 10:56 PM)
フラガール
   映画『フラガール』を観る時、『Always 三丁目の夕日』 を思い出す。同じ昭和30年代を描いた作品。 『Always 三丁目の夕日』は昔はよかった的な団塊の 世代辺りの人々がノスタルジーに陥りたいが為の 映画のようにも思え
(悩み事解決コラム 2007/03/21 5:36 PM)
フラガール
★★★★☆  常磐ハワイアンセンターが出来た当時のことを覚えている。なぜ福島で常磐ハワイなのか、なぜ日本人がフラダンスを踊るのか。ダサイとしか考えられない年頃であった。 この映画の予告編を観たときも、やはりダサイ映画という印象が先行してしまった。とこ
(ケントのたそがれ劇場 2007/04/07 9:33 PM)
フラガール (2006年)
【コメント】★★★★★★★★★☆ 常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワ...
(シネマテーク 2007/05/26 10:25 PM)
フラガール <ネタバレあり>
昭和40年の福井県いわき市でのお話。炭鉱の町で昔から 大人になったらみんな炭鉱で働く  みたいな考え。時代の流れと共に 炭鉱がどんどん閉鎖されていき、ここも例外やなくて解雇される従業員が山盛り。んでもって、レジャーセンターを作る計画が出るんやけど何で
(HAPPYMANIA 2007/06/15 5:36 AM)
フラガール
WOWOWで鑑賞―【story】昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフトし、相次いで炭鉱が閉山に追い込まれていた。そこで福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設『常磐ハワイアンセンター』の計画を進めていた。目玉なるのはフラダンスの
(★YUKAの気ままな有閑日記★ 2007/07/01 4:05 PM)

▲top